文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

タグ:萩

長く降り続いた雨が上がり、やっと晴れ間が見えた9月最後の日曜日。富士山麓に用事がある友人のお供をして、秋のドライブに出かけた。海と山の行楽に繰り出した人たちで、逗子からの行きも帰りも大渋滞。眠気と戦うドライバーには申し訳ないけれど、のんびりと景色を眺める助手席のメリットを堪能させて頂いた。

富士・箱根方面で、私が最も好きな季節はちょうど今ごろ。銀色になったススキの穂が「面」となって風に波打つ姿は、深まる秋の郷愁を絵に描いたように美しい。眼下に光る本栖湖の上には、刻々と変化する雲の群れが、パズルの隙間から青空をのぞかせて行き過ぎていく。

motosuko

「ハギ キキョウ クズ フジバカマ オミナエシ オバナ ナデシコ」。ススキを見かけると、おまじないのように唱えるのが、祖母から習った秋の七草だ。子どもの頃はどれが何の花だか分からなかったが、実物を見て一つひとつ覚えていくたびに、おまじないは季節の宝物になった。

山上憶良が万葉集に残した秋の七種(ななくさ)の歌は、2首をもってワンセット。
「 秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花 」
「 萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝顔の花 」(朝顔は桔梗のこと)

春の七草に比べると、どれも色が寂しげで儚くて、ひたひたと近づいてくる冬の忍び足を感じさせる。官人でありながら、貧しい者や病める者など弱者への愛を歌にした山上憶良は、画家のように繊細な目を持っていたのだと思う。

yamanakako

軽い疲れと共に目覚めた今朝も晴れ。天気予報では暑さがぶり返すと言いながら、日差しは弱くて穏やかだ。郵便を出しにいくコースをいつもと変えて、萩の花がひっそりと咲いている秘密の場所を通ってみた。

hagi

良かった、まだ咲いていた。歳を重ねるたびに、一期一会がいかに大切であるかが身に染みる。人はもちろんのこと、野にひっそりと咲く植物にも、今日の出会いを感謝したい秋である。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の色が去っていく散歩道に、紅紫色した萩の花が咲きこぼれている。そして昨夜は中秋の名月。まだ蒼さが残る空に、山の端から上ってきた月は、神々しいほどに美しい。

萩の花2010中秋の名月


この季節になると頭に浮かぶのは、松尾芭蕉の『奥の細道』の句。

「一つ家に 遊女も寝たり 萩と月」

桔梗屋という宿屋での出来事。遊女はフィクションであるらしいが、解説を現代文に訳すと下記のような意味だ。

芭蕉たちは越後の市振という地で、お伊勢参りに向かう遊女2人と同宿になった。となりの部屋から老人の声を交えて、悲運な身の上話が聞こえてくる。2人をここまで送ってきた老人は、夜が明ければ故郷への手紙を持って引き返すらしい。

僧衣を着た芭蕉たちが翌朝旅立とうとすると、2人が涙ながらに旅の道連れを頼んできた。行方知れない旅があまりに心細いので、せめて見え隠れにも皆さんの後をつけさせてくれないかと。慈悲を求める心が不憫ではあるが、修行の旅である芭蕉たちは願いを断る。
「我々は所々にてとヾまる方おほし。只人の行にまかせて行べし。神明の加護、かならず恙なかるべし」(人の流れにまかせて行けば、必ず神仏のご加護があるでしょう)
言い捨てて出発したものの、哀れさはしばらく尾を引いた。

夜が更けて、寝息だけが聞こえる木賃宿。そこには萩の花と月。暗喩として「萩」は遊女、「月」は僧衣を着た芭蕉を指すという説もあるし、芭蕉には珍しい妖艶な句だという説もあるが、私は違う解釈をする。

地上には可憐で清らかな萩の花と、空には誰もを平等に照らす銀色の月。どちらも神の仮の姿だろう。たとえ身が汚れた遊女であろうと、慈悲を乞う心があれば、神は目に映る優しい姿となって浄化してくれる。聖書でいえば、マグダラのマリアを彷彿とさせる句のように思えるのだ。

中秋の名月から一夜明けて、今日は雨。雨脚が激しさを増すほどに、心に淀んでいたものが流されていく彼岸の中日である。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ