文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

タグ:歳時記

立秋を過ぎて急に涼しくなった。久しぶりにホットコーヒーを入れてゆったりとした午後を過ごしている。外を眺めれば盛夏の象徴みたいな夾竹桃も花が僅かになり、夏休みの終わりを迎える小学生の頃を思い出す。二学期に提出する宿題はないけれど、解決のつかない人生の宿題はどうしたものか。数々の分岐点での選択に、こんな生き方で良かったのかとちょっとナーバスな気分だ。

20140809

「立秋と聞けば心も添ふ如く」(稲畑汀子)

台風が近づいているせいかお盆休みなのに子どもの声が聞こえず、セミの鳴き声を除いては静かな土曜日。秋の歳時記をめくりながらお気に入りの句を探している。物書きの自虐さ、自分を切ない想いに追い込むのが大好きな性分にとって、秋の歳時記は物侘しい言葉の宝庫である。

「今朝秋や見入る鏡に親の顔」(村上鬼城)

今朝秋、今朝の秋とは立秋の日の朝をいう。さらに一歩踏み込んでの今朝秋は、真夏の夜の夢から醒めて我に返った朝みたいなイメージを持つ。人が歳を重ねるのは誕生日ではなく、若さがひとつ終わったと感じる初秋の一日ではないだろうか。季節は更け、人間は老ける。自然界に生きている当たり前の現象がやっぱり物侘しい。


「頼まれしことに励みて新涼に」(星野立子)

「涼し」が夏の季語なのに対し「新涼」は秋の季語で、初めて涼しとも言う。何もやる気が起きない猛暑が遠ざかると、頼まれごとに手を出す余裕が生まれてくる。昨日の打ち合わせで「困った」「どうしましょう」を連発していた相手を救うべきかどうか。儲けにはならないけれど、まだ自分が人の役に立つことを確かめるべく、一肌脱いでみましょうか。でもその前に・・。

「立秋の夜気好もしく出かけけり」(高浜年尾)

17時を告げるチャイムは「さあ、飲みに行こう!」の音。久々に感じる空腹にソワソワしつつ、今夜は焼酎のお湯割りにしようと決めた。人恋しさが際立ち、ほっとするぬくもりが欲しくなるのも立秋。ピーヒョロロロロと鳴く哀愁のこもったトビの声が夕空に響いている。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

週末から気温が下がり、急速に秋が深まった。そろそろセーターを引っ張り出さないと、心まで肌寒になる。

こんな季節に吹く風を、昔から何と呼ぶのだろう。
秋の歳時記には風にまつわる季語が多い。手紙の冒頭、時候の挨拶に役立ちそうな言葉を捜してみた。

『色なき風』 
秋の風をいう。「色なき」とは華やかな色のないこと。無色透明の中に身にしみるような秋風の寂しさを表現したもの。素風ともいう。

『爽籟(そうらい)』
秋風の爽やかな響きをいう。籟とは三つ穴のある笛、あるいは簫(しょう)と呼ばれる笛のこと。

『野分(のわき)』
秋の暴風で、草木を吹き分ける風。主に台風をさす。昔の人は台風を予測することが出来なかったので、秋の突風だと感じていた。

『やまじ』
台風または発達した低気圧による南寄りの強風をいう。

『黍嵐(きびあらし)、芋嵐』
黍や芋の茎を倒さんばかりに吹く秋の風という。

『雁渡し』
初秋から仲秋にかけて吹く北風をいう。もとは伊豆や伊勢の漁師言葉。この風は初めは雨を伴うが、のちよく晴れて急に秋らしくなり、空や海も青々と澄むようになる。

『青北風』
9月から10月にかけて晴天の日に北から吹く、かなり強い季節風をいう。

さしずめ今日、薄雲の下に吹いているひんやりとした風は、「色無き風」の典型だろうか。
「物思へば色なき風もなかりけり身にしむ秋の心ならひに」(新古今集:久我太政大臣雅実)

今年も残り3ヶ月。特に用はないけれど、故郷の友人に手紙を書きたくなる10月だ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

季節の言葉探しに詰まったとき、長年に渡って活用しているのが「日本大歳時記」(講談社版)だ。
新年・春・夏・秋・冬と5冊に分かれた豪華な装丁の本で、ずっしりと重い。
2000年2月に新版が出たが、私の持っているのは「水原秋櫻子・加藤楸邨・山本健吉」監修の第1版。作詞の師匠である山川啓介氏から頂いた記念の本である。

日本大歳時記日本大歳時記2

開くと時候・天文・地理・生活・動物・植物とカテゴリーに別れていて、例えば夏の季語だけでも4500ほど、それぞれの季語に合わせて解説文、俳句や写真が添えられている。

ページを捲っていて驚いたのは、焼酎が夏の季語ということだ。
解説文を引用すると、
「日本の代表的な蒸留酒である。安価で、しかもアルコール度が非常に高く、暑気払いに愛用される。泡盛は沖縄特産の焼酎で・・」(以下省略)。
しかもお湯割りも夏の季語。昔は暑いときには暑い飲み物で渇きをいやして暑気払いしたそうで、健康維持の秘訣でもあったのだろう。

数ある焼酎の中でも、私のお気に入りは山小屋の蔵「萬膳庵」という、霧島産の芋焼酎だ。日本酒で使われる黄麹を使用した「かめ壷仕込み」「木樽蒸留」で、お湯割りにすると香ばしい香りがするプレミアム焼酎である。

萬膳庵

そして昨夜は片瀬江ノ島の寅さんで、お客が持ち込んだ喜界島の黒糖焼酎「しまっちゅ伝蔵」にトライしてみた。で、喜界島ってどこにあるの?
さっそく寅さんが持ってきた日本大地図帳で場所を確認する。珊瑚礁の島で、一日中さんさんと太陽を浴びながら育ったサトウキビ。ロックで味わうと爽やかな甘い香りが口に広がる。

しまっちゅ伝蔵生しらすのかき揚げ


つまみはホウレン草のお浸しと生シラスのかき揚げ。とてもシラスとは思えない大きさで、塩を付けて食べると旨みが引き立つ。
寅さんは「これどうよ」と、手作りの巨大タタミイワシを自慢げに見せる。何で1枚しかないのかと聞くと、タタミイワシを作る木枠が高いからというが、何のことはない1枠1000円。使いまわせば何枚でも出来るじゃないの。
が、そこまで手を広げれば、仕事が増えすぎて飲む暇がなくなるのを恐れているらしい(笑)

いつもの場所でいつもの仲間と、陽気にグラスを傾ける焼酎。私にとっては通年の季語かもしれない。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ