友人のFacebookに「日の出が早くなりはじめる日が、自分にとって本当の元旦だと思っている」という投稿があった。調べてみると、冬至を基準にして10日〜20日前後に、その日がやってくるらしい。2017年の日の出(神奈川県)は、1月13日が6:50:21AMでいちばん遅く、1月14日が6:50:08 AMで早くなりはじめる。

暦の上では「寒」の真っただ中であっても、空は着々と夏至に向かっているのを知ると、なんだか気持ちが明るくなってきた。というのも身体の不調が畳みかけるように起こっているからだ。

前回のブログに書いたように、お正月早々に風邪がぶり返して寝込んで、まだ声は擦れてハスキーなまま。心配して添い寝してくれる与六は腕枕をせがみ、体重7キロのメタボ猫が重しになったせいで、手が腱鞘炎になってしまった。しかも金曜日にはベッドの脚につまづいて転び、足の指を強打。ロキソニンを飲んで痛みを堪えている。

友人たちは「えーっ、また!?」、「厄の集中攻撃では?」と心配してくれるけれど、私本人はむしろこの時期で良かったと安堵している。なぜなら私にとっての本当の元旦は、立春の日(今年は2月4日)だと思っているからだ。

これこそバイオリズムなのか、いつも冬至の頃は運勢が八方ふさがりで、だんだんと巻き返しを図っていくのが今の時期。頭のてっぺんから爪先まで、デトックスをしている状態である。1年前の今ごろは心の不調に苦しみ、今回は身体の不調だが、不摂生の結果ではないので大して気に留めていない。

今夜の大宴会には不参加。ずん胴鍋で、久しぶりにデトックススープを作り置きした。もう一つのブログに載せるレシピの写真を撮って、熱々をお腹に入れる。

soup6

咳と鼻水を出し切って、胃腸にこびりついたヘドロを出し切って、ついでに不運も出し切って、立春までのデトックス。心身の大掃除をするこの時期は、天岩戸に籠っている真っ暗な状態だけど、もうそこまで来ている春が楽しみで仕方がない。