文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

タグ:仕事

東京はソメイヨシノが満開になったらしいが、今年はまだ近所の桜さえ見ていない。書斎の窓が明るくなったのを感じ取って、朝7時にベッドに入る昼夜逆転の生活。友人からゴールデンウィーク恒例となったBBQのお誘いが来たけれど、参加できない確率の方が高い。

毎日チェックしている占いのページに、まるで今の私に向けたようなアドバイスが載っていた。
「厄介な事を頼まれることが続き、苦労をします。議論をするよりも実際に行動すれば、成果があります。」

もがき苦しんでいる原稿書きの傍ら、何かと頼まれごとが多くて困っていた矢先のお告げである。「申しわけないのですが、今は多忙のため・・・」とメールを書き始めて、ふと指が止まった。先延ばしの言い訳を考えている間に、さっさと片付けた方が早いからだ。かくして電源を入れっぱなしのパソコンは、WORDの裏にIllustratorを立ち上げて、原稿を書きつつお絵描きもするという二足の草鞋状態になる。

こんなに働いてるのに、ちっとも儲からないのはなぜ?
『10年後、君に仕事はあるのか?』(著:藤原和博 ダイヤモンド社)という本を読んで、目が点になったページがあった。「1時間あたりに生み出す付加価値」として、職業による時給が計算された表が載っている。なんと日本人の時給には100倍もの差があるのだ。

高校生がコンビニのバイトで稼ぐ時給が800円前後。プログラマなどIT系(非常勤)が2,000円。サラリーマン、公務員が3,000〜5,000円。専門家が10,000〜30,000円。マッキンゼーなど世界レベルのコンサルタントが80,000円だという。

時給の高さに関連しているのは「技術」と「熟練度」。もっと大きな鍵を握るのは「希少性」。需要が大きくて供給が少ない、「君じゃなきゃダメなんだ」という仕事こそ、労働市場の中で価値がある仕事らしい。

だとすれば、あながち私は間違った方向に行っていないはずだが、儲からないのは効率が悪いせい? いや、スタートが遅すぎたせい?

それでも手に職があるだけ良かったなあと思いながら、本音を言えば今からだって永久就職したいこの頃。とりあえずは健康と美容とファッションだけは面接合格ラインを保っていようと、「君じゃなきゃダメなんだ」のオファーに備えている。

flower

    このエントリーをはてなブックマークに追加

根を詰めて仕事しているうちに、48時間が1日のサイクルになってしまった。カーテンの向こうが薄ぼんやりと明るくなって、また徹夜したのに気付いても、どうってことなくなった感覚が恐ろしい。パソコンに向かって黙々とキーボードを打つ手だけは動くけれど、何をやろうとしているのか頭に空白ができたとき、もう寝なくちゃ限界だと分かるのである。

ご主人様は家にいるのに少しも構ってくれない。与六はかんしゃくを起こして夜中に大運動会を繰り広げ、カシャカシャと爪の音を立てて走り回り、ウンニャーゴロゴロと奇怪な声で私を呼ぶ。無視していると隣りでお腹を広げて待っているので、足先を伸ばして与六の頭を撫でるのも大切な仕事だ。

yoroku

こうしている間に今年の前半は終わりに近づき、今は6月30日の午後10時。深夜は委託されているWEBサイトの大リニューアル作業が控えているので、それまでは束の間の自分らしい時間を過ごすことにした。

ベランダのプランターで育て始めた数種類の野菜たちに水をやり、おうちCOOPの注文書に一週間分の食料の注文を記入し、もう一つのブログ用に服のコーディネート写真を撮り、山積みしている郵便物の封を切って内容を確かめて・・・と、日常のToDoリストをこなしているだけだなあ。自分らしいって何なんだろう。

plant

幸いにもこの一か月に渡って取り組んでいる案件は嫌ではなく、楽しくて仕方のない部類。新しい手法をトライ&エラーしながら、やっとうまく行った時にはまたひとつ賢くなったと思えるのが嬉しい。外に遊びに行くことや友人たちに会うことよりも、興味のプライオリティが高いのは久しぶりである。寝食を忘れてもっと続けたいのに瞼が落ちてきて、なぜ人間は眠らなきゃいけないんだと悔しくなるほどだ。

経営コンサルタントの福島正伸が「キミが働く理由」の最終章に書いていたこと。
「働きながら、5年後、10年後に、もう1回自分のやりたいことって何だろうと考えてみる。私は人生の中で、最終的に自分の存在価値が見つかればいいと思っています。極端に言えば、死ぬ直前に、今までやったことはすべてこのためだった、といえるものがあってもいいかもしれません。」

「何気なく生きるより、悩みながら生きるほうが絶対に意味がある。なぜなら『悩んでいる時間=成長の時間』だからです。その人が自分らしくなっている時間だからです。」

そう、私は自分らしくなるための成長をしているんだ。幾つになっても失敗を繰り返して悩んでばかりきたけれど、心と頭は退化してるわけじゃなく、若い頃よりも個性が際立って磨かれているはず。他人は私の人生を生きてくれないのだから、死ぬときに後悔しないよう、自分が思うままに時間をコントロールすればいいのだ。

何だか今、私はとても幸せ。さあ、今夜もフルスロットルで頑張ろう!


    このエントリーをはてなブックマークに追加

なんだか世の中は大荒れになっている。10年に1度の竜巻が茨城県で家々を吹き飛ばし、フランス・ギリシャ・ロシアで国民の怒りが大爆発したことで、株価は一気に暴落した。3日目のスーパームーンは色が赤くなって、地震予知サイトが騒ぎ出している。

そんな最中に私は1か月半ぶりに元気が復活し、ずっと咲かずにいたテラスのシンビジウムは土砂降りを浴びても大きな花を開いた。実は5月4日に逗子をゲリラ雷雨が襲ったときは横浜の映画館にいて全く雨に気付かなかったし、全国的に大荒れの昨日は逗子に一滴も降らなかった。今日は営業せずとも仕事のオファーがやってきたし、のほほんと咲いているシンビジウムと共に、私は何でこんなにツイているんだろうと不思議に思う。

シンビジウム

でもねぇ、身体が治っても心がスッキリとしないのは久しく父に会っていないことだ。何の病気だか分からない体調の悪さが続いたため、感染させないよう見舞いに行けなかった。それがスーパームーンへのお祈りでいきなり復活したので明日こそ行くつもりでいたが、HPとパソコンがウイルスに侵された友人の会社に救援に向かうことになり、対処は夜まで終わりそうにない。

しかし、家族を泣かせても他人を喜ばすことに一生懸命だった父なら分かってくれるはず。
俺はいいから行って来い!と怖い顔して急かすだろう。次のお見舞いでこの件を話したら、友人の会社は助かったのか?と何回も訊ねるだろう。そんな他人思いな「カッコいい男」の子どもでいられる私は幸せだ。父の職業は私とは違うが、祖父の臨終時には帰ってこなかった。その理由は口を閉ざしていながら、仕事の突発的事態に関係していたのは後から人づてに聞いた。

仕事と責任感。物書きとして生放送の原稿を書くようになったとき、もしかして「親の死に目」に会えない仕事かもしれないなあと思った。でも私が書く文章で電波の向こうの一人でも喜んでくれる人がいるなら、それは天職として何より最優先しようと決めたのである。

物書きの仕事、WEBの仕事、ボランティア・・。天職はずいぶんと増えたものだが、やりたいことをさせて貰ってきたのだから大本望である。なのにもうひとつ天職を増やそうとこの歳にして猛勉強中。たぶんそれは自殺寸前のボロボロだったり大恋愛のウキウキだったり、超アップダウンな人生を歩んできた私だからこそ出来る仕事だと確信している。資格を取得するまで、恥ずかしいから内容は絶対に内緒! がんばって年内にはデビューしたいなあ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

「あの人には徳があるよね」と褒める。「あの人は得してるよね」と羨む。「徳」と「得」はひらがなで書けば同じ「とく」なのに、どうしてこんなに差があるのだろう。今日の日記はスピリチュアルな話だ。

goo辞書から引用した「とく」の意味。
徳: 精神の修養によってその身に得た優れた品性。仁徳。
   めぐみ。恩恵。神仏などの加護。生れつき備わった能力・性質・天性。
得: 利益を得ること。もうけること。有利であること。成就すること。成功すること。
この比較から見れば、「徳」は先天的で、「得」は後天的な性質を持つようだ。

ここからは私の勝手な解釈だが、前世の「徳」を貰って生まれてきた人間は、周りから見た人間性には関係なく、現生の「得」を約束された恵まれた人間に思える。例えば才色兼備。ルックスの良さでキャンペーンガールになった女性がテレビタレントになり、いつの間にやら代議士になり、内閣府特命担当大臣になっているという図式は、美貌に自信のない女性たちにとっては許しがたい出世だろう。

天がニ物を与えることを許さない人間は、「私の方がもっと頭がいい!」と地団駄を踏む。しかし、見た目が悪いという彼女たちの不遇は先祖の悪行が子孫にもたらしたものであり、自分の方が頭がよかろうか悪かろうが、何億年ものスパンを見てきた神様には鼻糞みたいなものである。生まれてから死ぬまで幸せ続きな人もいれば、不幸続きな人もいるという不公平は、押しなべてみれば先祖=DNAの置き土産なのかもしれない。それを打開するには利己主義を捨てて未来を見ることだ。

とても長い前置きになってしまった。なんでこんな日記を書いたかというと、菅直人氏の話がしたかったからだ。彼が首相になってから日本が坂道を転がり落ちていくのは、本人の努力の有無には関係なく、「徳」も「得」もない人間、つまり運のない人が権力を握ったからだと思う。菅直人氏は、自分の代で日本を代表する座に就くには一世代早すぎたのだ。

神様は人間に対し、身の丈にあった天職を用意している。天職とは誰の目からしても理にかなった職だ。それを全うしてこの世での務めを果たした時に、生まれかわってくる子孫には「徳」が与えられるのではないだろうか。

大震災が起きてからというもの、先に逝ってしまった人たちの声が耳元に聴こえるようになった。特に恋人だった彼の叱咤激励は日を増している。「君の天職は物書きなんだよ。昼も夜も文章を書くことに没頭しなさい」。
天から与えられた力はきっと人の心に届くはず。行き当たりばったりに生きてきた人生を改め、私の個性でしかできない仕事に取り掛かろうと強く思っている。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

先週からやけに忙しさが増して、仕事に時々徹夜が入る。運動をサボっているせいもあるのだが、歳と共に体力が落ちたことを実感せずにはいられない。しかし不思議なことに気分は上向き。昔よりも要領が良くなり、仕事が楽しくて仕方がないのだ。

自己紹介のカテゴリーの日記「長生きにはMustからWantへ」に書いたように、働きすぎて15年前に腎臓を悪くしてからは、義務に追われるのをやめて、自分で楽しめる物だけを書いてきた。収入が減った代わりにプライベートな時間が増え、恋をしたりお酒を飲んだり、こうしてブログも書き綴ってきた。それは長い年月を費やしたリハビリ。いやリハビリというよりは、自己再生の期間だったと言うべきだろう。

先月、とある団体のイメージソングを書いたときのこと。「人生」「夢」「幸せ」といった言葉を使うのに抵抗がなくなった自分に気付いた。ともすれば演歌の歌詞に出てきそうな言葉を、若い頃にはわざと遠ざけてカタカナ語を並べていたのが、今は何のてらいもなく音符にはめることが出来る。それはきっと人生の経験値が上がったからであり、他人の喜怒哀楽を理解できるようになったからだろう。

女優は30代の時期に仕事が減るという。学生やOL役にはトウが立ち過ぎ、むしろ40代の方がお母さん役としての引き合いが多くなるからだ。文章書きも同じこと。今の年齢だから人真似でなく、自分の引き出しにある言葉で書けるようになる。周りに広げる資料も少なくて済む。

ともかく今は嬉しい悲鳴。去年の同じ時期は、テーブルの上に片付けるべき仕事の山が二つだったのが、今年は四つ。すぐに大きな収入には結びつかなくても布石になり、遅咲きの花にあげる水になる。

さあて今夜も早々にジャージに着替え、明け方までパソコンに向かいますか。足元に座っている与六が膝をチョイチョイ。猫の労いに感謝しながら、楽しく仕事させていただきます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ