文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

タグ:人間関係

春が近くなると我が家の玄関先には水仙の花が咲き、清楚な香りをプレゼントしてくれる。昨夜の雨に打たれてうつむいているけれど、毎年同じ場所で変わらずに咲く野生の花は、逞しさの美そのものだ。

suisen

それに比べて人間ときたら、些細なことで一喜一憂。心を揺らす原因のほとんどが人間関係によるものだ。誰かのために良かれと思ってしたことが独り相撲であったり、「ありがとう」の一言をもらえずに落ち込んだり、結局は自分のお節介が招いた結果だと反省する。お節介というよりは「驕り」と言ったほうが合っているかも。イライラしたあげく傷つけてしまうのは、相手じゃなくてお為ごかしの自分なのだ。

「自分が他人にしてもらいたいことは、他人にしてやるなかれ。他の人の趣味が自分と同じでないかもしれない」は、イギリスの劇作家 バーナード・ショーのことば。

「相手に良かれと思ってやることと、相手がして欲しいと思っていることが一致することは稀なんだ。皆あまり気付いてないけどね」は、吉野朔実の漫画『いたいけな瞳』に出てくることば。

いちばんいいのは何かをしてほしいとお願いされるまで、口を閉じていることだろう。その人の難題を解決する方法を知っていたとしても、長屋のおばちゃんみたいに隣りの夫婦喧嘩に身を乗り出してはいけないのである。つい口に出た一言が自分も相手も傷つける可能性が高い。

人から必要とされたいなら、ただそこに居ればいい。
野生の水仙みたいに、毎年同じ場所で咲いていればいい。
誰かを救うことに、自分が主導権を取る必要はない。


人間は犬ではなく、猫のように生きればいいのかなと思うこの頃。先月はインフルエンザで苦しんだけれど、治った今でも与六は隣りで「勝手に」寝てくれる。
ところがスヤスヤ寝息を立てているところに、可愛いねと頭を撫でると、「うるさいっ!」と噛みつかれ睨まれる。

yoroku2

歳ばかり取っているのに猫よりも役に立たない飼い主は、もしかしたら猫に飼われているのかも。今日から名前は与六ではなく、親分と呼ぼうかと考えている。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスに新しいアイデアが浮かんで、さっそく始めてみると楽しくて仕方がない。大きな仕事の締め切りが迫っているけれど、平身低頭お願いしなくても1週間延ばせることになった。「お渡しする資料の提出が遅れて済みません」と、クライアントから謝辞を受けるとは前代未聞。天が味方してくれたに違いないと、能天気な解釈をしている。

もちろん好機ばかり巡ってくるのではなく、煩わしいアクシデントは起きるし、嫌がらせを仕掛けてくる輩もいる。でもそんなこと、新しい目的地へ向かっている私にとっては、ただの道路渋滞でしかない。いちいち憂慮せず、無視して迂回すれば済むだけだ。ちょっと遠回りの時間は喰ったけど、不愉快な思いを抱えて現状に居続けなくて良かったと、視界が開けたことが嬉しい。

なぜか私は秋から冬にかけて運勢全般が低下し、12月の誕生日ごろは最悪になる。信じていた人に裏切られ、心身は不調をきたし、か細く息をしながら働くだけの暗黒の期間だ。今回のブラックホールは巨大だと知って、抜け出すために「断酒」という人生初の試みをしたところ、(本当に本当に苦しかったけれど)出口には新天地の青空が広がっていた。

例えるなら目の大きなザルに自分を放り込み、ふるいに掛けた感じ。心に刺さっていた棘がパラパラと落ちて、要らない人間関係までザルの外に落ちていった。こちら側にくっ付いて残った人たちは、いま二分化に向かっている世界の中で、同じ気付きを得た人たちだと思っている。ひょんな偶然で縁が戻ってきた人たちもいる。

おそらく人間関係とは良くも悪くも、自分が作り出したフィクションだったんだろう。登場人物たちをどう動かすかに気を取られて、主人公の本人を魅力的に描けていなかったんだ。

そんなことを考えていたら、ユーミンの「チャイニーズ・スープ」の歌詞を思い出した。
「みんなこぼれて 鍋の底 煮込んでしまえば 形もなくなる もうすぐ出来上がり」
美味な人生の料理を作るために、鍋に放り込んだ種々雑多の悩み事たち。デトックス・スープができたら真っ白な器に注ぎ、ぜ〜んぶお腹に入れて、無かったことに致しましょう。

デトックススープ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

一日ひとつ良いことがあるのを熟語にすれば何ていうのだろう。本棚のことわざ辞典を手に取って「一日」が付く四字熟語を調べてみた。見つけたのは「一日一善」「一日千秋」「一日一夜」、これ以外は載っていない。「一日一良」という言葉はないのかな。

原稿書きの資料探しで、昨日はほぼ一日を書店巡りに費やした。しかし求めているテーマに見合った本が見つからず、ランチで食べたオニオンサラダで胃が痛み、保留になっている気がかりは解決せず、電車では眠りこけた隣の客がもたれ掛かり・・・と、ツイてないことだらけ。重い気分を抱えたまま帰宅したくないので、厄払いをしようと逗子駅近くの氏神様にお参りをした。

心が少し軽くなって、青信号を待つスクランブル交差点。向かい側に宝くじ売り場のボックスがあるのに気付き、「新春運だめしくじ」を買ってみた。1セット分の2千円を渡したら、くじと引き換えに嬉しい一言が・・・。中の女性がにこやかに「気持ちのいい夕方ですね。楽しんでお帰りください」と声をかけてくれたのである。ああそうだった、金曜日の夕方なんだから、どこかに寄ってから帰ろう。久しぶりに馴染みの小さなワインバーに入って、温かいジンジャーティーをオーダーした。

店長とお喋りしていると程なく常連たちが集まり始め、なぜか皆が次々に差し入れを持ってくる。一粒100円の甘王、北陸で買ってきた蛍イカの燻製、家で作ってきた海苔巻き、バターの香るカップケーキなど、「食べて食べて」の輪ができた。お酒も飲まず、カフェオレを追加オーダーしただけなのに、夕食が要らないほどお腹がいっぱい。まさに「一日一良」な出来事は、心のスクラッチくじに当たりが出た気分である。

人生って不思議だ。たとえ部屋に引き籠っていようが、苦難はこちらを見つけて降り掛かってくる。その大半は人間関係によるもので、人は人、自分は自分と割り切れず、理不尽さに怒りが燻り続ける。

でもそこは冷静に切り分けよう。「理不尽」とは相手が自分の思い通りにならないことであり、こちらの期待と思い込みが招く身勝手な苦悩なんじゃないだろうか。所詮は相手の器の中で采配されている出来事。人の器に文句を言う筋合いはなく、体裁を気にするものでもなく、自分は淡々と自分を生きていくしかないのだ。

運勢はバイオリズム。悪いことばかり起きた一日でも、たった一つ良いことが起きたらそれに目を向けよう。低気圧が去って、厚い雲の切れ目から覗いた青空のように、良いことは弾みが付けばどんどん広がっていくものである。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

人間は噂話を好む動物だ。「ここだけの話」と言われると何々?と身を乗り出し、相手がヒソヒソ声であるほど聞き漏らさないよう耳ダンボになる。しかし「ここだけの話」は風に舞うタンポポの綿毛みたいなもので、聞いた人が身に付けてまた別の場に持っていき、塵や埃までひっつけて広まっていく伝言ゲームだ。

噂になってることを知らないのは話題の中心人物のみ。「人の口に戸は立てられぬ」(世間の噂や評判は防ぎようがないこと)の諺そのままに、この人は信用できると思って悩みを打ち明けたことが仇になるのである。

実はこの数週間、三角関係の恋愛がらみの件で友人から相談を受け、どう円満に収めたら良いものか悩んでいた。しかく三角が円になることはなく、誰かが弾き飛ばされるか、下手すれば全壊だ。

そこで自分に出した結論は「見ざる聞かざる言わざる」だ。「へぇ、そうなの」と相槌を打っても聞かなかったことにして、その場限りに徹すること。濁った感情をいつまでも胸に溜めておかないよう、心の受け皿をザルにするのである。

それでも後日また相談された時には、頑なに「聞きたくない」なんて遠ざけず、ザルの心で新たな時点からスタートすればいい。誠心誠意その場でお付き合いして、私に話したことで少しでも楽になってくれれば良いのだ。悠久の宇宙の時間に比べたら微々たる人生、きっと成るようになるんだから。

風邪が長引いたり、度々熱が出たり、なんだか体調がすぐれないこの頃。厭世的な気分に陥らないよう、いやな匂いのする人間関係には深入りしないことにした。キャットタワーのてっぺんから下界をウォッチングしている猫のように、良い匂いがしたときだけ尻尾を立てて降りていくことにしよう。他人よりも自分をまず大事にしなくてはと思う、秋の後半戦である。

DSC_0663
    このエントリーをはてなブックマークに追加

7月に飲食店を始めるという情報が広まるにつれ、いろんな方々からの声が届く。応援、ご賛同、ご忠告、ご叱責、どれもありがたく受取りながら、周りは想像した以上に、自分のことを見ているんだなと気付いた。「あなたは人がいいから騙されないように」が主な意見だ。

私は隠密行動を取るのが苦手な上に、良かれと思った人物を周りに紹介する癖がある。ビジネスや友好関係がプラスの面で広がるのを願っての行動だが、いつも成功するとは限らない。必要なければすぐにNOと言ってくれる人は稀で、相手も私を不快にさせないようにと気を使い、大人の顔の付き合いが続く。

そして公式な席の二次会で、酔ってポロリと出る本音。
「実は今まで黙ってたんだけどね、あの○○さんって人は・・」とか「大丈夫かい?前に紹介された○○さんみたいに、人を騙して金を引っ張ろうとしてるんじゃないか?」とか、まるで私が詐欺師のカモになったかのように心配してくれるのである。

「人の噂も七十五日」という諺は、季節が一つ過ぎれば悪い噂なんて消えてしまうという意味であるが、本当にそうだろうか。スキャンダル探しに追われるマスコミや、隣に住んでいる人の顔も知らない大都会ならともかく、狭い地域社会では逆のことが起き得る。お節介好きの集まった井戸端会議で、噂が育って事実として定着することも多々あるのだ。

嫌なのは「ブルータスお前もか!」』という日記に書いたように、人間関係が回りまわって信用度を落とすきっかけは、自分の不注意な行動や認識にある。おっちょこちょいは戒めて、石橋は何度でも叩いてから渡ろう。

淋しいのは誰ひとり声をかけてくれなくなること。「大丈夫かい?」と気にかけてくれる皆さんに頭を下げ感謝しながら、今日も午後のお仕事に行ってきまーす!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ