文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

タグ:ヨット

桜が散ってツツジが咲いたとたん、逗子には夏がやってくる。葉山マリーナのメンバーに入れてもらったペーペーのヨット乗りとしては、デッキシューズと日焼け止めのお世話になるシーズンの到来だ。

前日の曇天から一変して、青空が眩しい日曜日。早起きして作った料理を保冷バッグに詰め、京急バスでマリーナへと向かった。今回乗り込んだクルーは13名。もやいを外し、フェンダーをデッキに跳ね上げて、船が堤防の外に出ていく頃にはそれぞれのポジションについている。

どこでメインセールを上げようかと悩むほど、周囲はヨットとディンギーでいっぱい。微風だけれど、レースも行われていて、所狭し(?)な海である。

sea

yacht2

ヨットパーカーの上にライフジャケットを着ると、だんだん汗ばむほどの陽気。

yacht

キャビンの後方、コックピットも賑やかに打ち解けはじめている。

yacht1

あまりにも風が弱いので、フォアステイの外にジェネカーと呼ばれる大きな帆を張った。広げるのも畳むのも、人数を要する共同作業。意地でもエンジン機走をしないキャプテンの心意気が風を捕まえたのだろう。スピードが1.7ノットから7.5ノットまで上がると、速い速い。風の音、波を切る音だけしか聞こえないセイリングの醍醐味に感激する。

yacht3

江の島の裏側へ回り、洞窟の弁天様にごあいさつ。葉山マリーナのポンツーンで宴会をするために、お昼すぎには戻ることにした。

目をこらすと、渋滞した134号線をノロノロと動く車の列。片瀬海岸、七里ガ浜、稲村ケ崎、由比ガ浜、材木座海岸、逗子海岸。自分の引っ越しのルートを辿るみたいなセイリングだ。小学生のころから船に乗っている私は、何度も見ている沿岸の光景だけれど、そのつど湘南に住んでいて良かったと実感する生き生きとした景色なのだ。

yacht4

青春に年齢制限がないなら、相模湾から一生離れたくないな。逗子が終の棲家になるだろうと確信しながら、今年の夏は思いっきり海を楽しもうと思っている。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

10月が近くなり涼しくなると、湘南の砂浜は人影がまばら。しかし風を受けて走るヨットにとっては、秋は風向きが定まり、焼けつく日照りもなくてベストシーズンだ。

実はある思い出があってヨットには何年も乗らずにいたが、この間の日曜日、ついに封印を解いた。葉山マリーナにヨットを置くオーナーから何度もお誘いを頂き、そのたびに「フェンダー結びさえ忘れてしまったんですから、ご迷惑をおかけしますよ」と逃げ続けていたのに、何故か急に海の真ん中に行ってみたくなった。

気持ちを動かしたのは、昔恋人に買ってもらった紺色のデッキシューズ。陸でしか履いていないまま擦り減ってしまうのが切なくて、一度甲板で本領を発揮させてやりたいと思ったからだ。

乗せてもらったのは林賢之助さん設計のJACKY(ジャッキー)。日本一周もしたという40フィートの豪華ヨットで、これなら太平洋も余裕で渡れそうな設備万全の船である。今年74歳のオーナーをはじめ、クルーの皆さんは充分に(?)お歳を召された方々であるが、きびきびとした動きはこれまで会ったヨットマンの中で最高ランクに入ると思った。

JACKY

JACKYその2

JACKYその3

江ノ島の左側には富士山のシルエット。空は曇っているのに箱根の山々まで見えるのは、秋ならではの澄んだ空気のおかげである。

富士山と江ノ島

台風15号の爪痕でポンツーンが使えないので、相模湾をセーリングした後は、森戸海岸沖にアンカーを下ろしてミニ宴会。キッチン、冷蔵庫、電子レンジ等々が完備されたキャビンから次々に手作りの肴が登場し、冷えた白ワインと葉山ボンジュールのパンも甲板の上では一際おいしい。マリンスポーツや釣りに集まった人たちを海上から眺めるのも久しぶりである。

森戸海岸沖
森戸海岸沖2


午後3時を回った頃には仲間の船が誘いに来て、サンセットクルーズへと滑り出す。メインセールは畳んでしまったので、ジブセールのみで相模湾を走ったが、それでも他の船をどんどん引き離す帆走テクニックには脱帽である。私もコックピットで舵を握らせてもらい、ほんの徐々にだけど昔の勘が戻ってきた。

仲間の船とクルーズ

波を切る音と銀の海。夕暮れが近づいた空からは天使のはしご。雲の切れ間から光の筋が幾本も海に降り注いでいる。みんな無言になるひとときだ。

天使のはしご

マリーナでクルーたちと別れた後、逗子の喫茶店でコーヒーを飲みながら、オーナーがポツリと呟いた。「僕も遊べるのはあと数年。引退したらヨットは若い人たちに譲ろうと思ってるんだよ」
誰もが欲しがる素晴らしい船を売るのではなく、後を引き継いでくれる仲間に譲ろうというヨットマンの心意気がとても爽やかである。

次回は私にキッチンを任せて頂くことを約束して、新しい仲間がまた増えたことに感謝する再デビューの海であった。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

秋晴れが続いた三連休。猫がいるので旅行には行かず、昼間は海を見て過ごしていた。風がサラリとTシャツの袖口をすり抜けて、夕方になるとカーディガンが恋しいこの季節が一番好きだ。SPF40の日焼け止めからも解放されて、太陽は外敵から優しい友人になる。

数年前までは休みといえばヨットに乗っていたけれど、今は横浜ベイサイドマリーナもボードウォークから見下ろすだけ。天国の海原をセイリングしている彼に思いを馳せたい時は、東京からの帰りに寄り道しては、ポンツーンに停泊したクルーザーたちを見おろす。紺白ストライプのTシャツを着た彼が、今にもキャビンから顔を出してきそうで、ついつい思い出の船を捜してしまう。

横浜ベイサイドマリーナ

そんなクルージング・ウィドウを気にかけてくれるヨット仲間たちから、「大島で旨い魚を食べようよ」とか「伊豆のツアーに参加しなよ」とか、楽しいお誘いの電話がくる。油壺のハーバーまで行く途中に、家まで迎えにきてくれるとの申し出はありがたいけれど、「今回はちょっと仕事が・・」と断り続けているうちに、今年も夏が終わってしまった。

逗子に夕暮れが迫る時刻に1人。望遠レンズを持って、防波堤まで写真を撮りに行く。うねりのない銀色の海。相模湾を葉山方面に向っていく白いヨットには、デッキビームに立っている人影が見える。泳ぎが下手なくせにライフジャケットも着ず、コクピットの一員だったあの日の私みたいだ。口下手だからこそ、名スキッパーだった恋人に命を預けることが、最大の愛の表現だった。「私はあなたの一生のクルーなのよ」と。

葉山沖のヨット

太陽と潮に焼けたデッキシューズを捨てられないまま、封印してしまったヨット遊び。逗子の飲み仲間たちと釣り船に乗ることはあっても、ヨットにはもう乗ることはないだろう。彼が大好きだったスターダスト・レビューの『Stay My Blue 〜君が恋しくて〜』。あの声で聴こえてくる歌詞の一節が、海を見て元気を出すためのおまじないだ。

"君の瞳の奥へと
愛をさがす船をだそう
明日から ねえ君がこぼす吐息は
すべて僕の風になれ

君がまぶしすぎるから
ぼくはたまらないんだよ
明日から ねえ君が流す涙は
ひとつひとつ輝いて
すべて僕の海になれ"

ヨット遊び
    このエントリーをはてなブックマークに追加

マーフィーの法則ではないけれど、デジカメを忘れた時に限って最高のシャッターチャンスに出会う。
毎日のように海の表情を見ている私でも、昨日の夕方の相模湾は息を呑む美しさだった。携帯電話のカメラに収めたものの、再生してみれば目に焼きついた残像には到底及ばない。

逗子マリーナからの展望。
江ノ島の向こうには伊豆半島のシルエットが水平線を這っている。
垂れ込めた雲のあいだから光のカーテンが降り注ぎ、海面には光の道。
アビームの風を受けたヨットが、恋人たちのように寄り添いながら帰港を急ぐ。

相模湾

葉山新港からの展望。
夕暮れはさらに深まり、防波堤の釣り人たちがラストチャンスを狙う時刻。
神々しさを増した光のカーテンは、まるで天孫降臨だ。
未知なる世界を目指すかのように、仲間からはぐれた白い帆が横切っていく。

葉山沖葉山沖2


神のアートは空と海がキャンバス。
明日もう一度見に来ても、決して同じ絵は拝めない。一刻一刻と塗り換わる。
キャンバスの海を滑るヨットは、きっと私たち人間なのだろう。

「あなた方も、昨日と同じあなたではあり得ないのだよ」。
神が創った愛すべき造形物は、いつかは帆をたたむ港に向かい、一刻一刻の旅を続けている。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日に続いて三崎の悪夢シリーズ。
数年前の夏、ちょうど今頃の時期だったろうか、ヨット仲間4人で東京から油壺に向かっていた。

三浦縦貫道路を出た途端に大渋滞。
特に急ぐわけでもないが、クーラーボックスに入れたビールやワイン、おつまみが気になる。要は早く着いてクルーザーを出し、海の上で宴会をしたいからだ。

気の短いドライバーがいきなりウインカーを出して左折。車1台走るのがやっとの農道に入った。ナビは付いていないけれど、ヨットマンの勘が物を言うらしい。
両側は一面のスイカ畑。空いているのを嬉しいことに、夏草を踏み潰しながらアクセルを踏んだら、突然ガッタンコ、ガッタンコ。
慌てて車から降りて見ると、前後2輪がバーストしている!

どうしよう、JAFを呼ぼうか。いや、このスイカ畑のど真ん中をどうやって説明する?
仕方ない、誰かが犠牲になって下のガソリンスタンドまで歩いていくか・・。が、ウネウネと曲がった農道は、下までたどり着くのに1時間はかかる。しかも立っているだけでも汗だくの灼熱地獄だ。

とりあえずどこかへ退避せねばと、近くにあったスイカの箱詰め作業小屋へ車を動かした。
幸運にも小屋の脇に軽トラックを発見。あれを借りるしかない!
作業中のおじさん、おばさんたちに交渉開始。おずおずと差し出す1万円札も受け取らず、快く承諾してくれた彼らの好意により、ヨットマンたちはタイヤを買いに軽トラックでガソリンスタンドへ向かった。

たぶん戻るまで30分はかかるだろう。1人取り残された私は、クラクラしながら車の脇で暇を潰していた。
「おねえさん、暑いだろう。これ食べなさい。」
親切にもおばさんがスイカを丸ごと1個、差し出してくれたのだ。

しかし私は途方にくれる。
「そこに包丁があるから、切って食べなさい。」
それでも笑いながら途方にくれる。
不思議そうな顔で、おばさんはスイカに包丁を入れ、よく熟れた一切れを私に手渡す。

困った。とても困った。だって私はスイカが大嫌い!なのだ。
果物のくせに酸味がなく、手や服までビショビショにするスイカ。掘っても掘っても種が出てくる、徒労を要するスイカ。子供のころから目の敵にしてきたスイカ。

それでもおばさんの好意を無駄にするわけにいかず、勇気を出してかじった赤い果肉は・・、生ぬるくてやっぱり不味かった(;O;)

で、その日はどうしたかって?
無事タイヤも復活してヨットハーバーまで行ったものの、みんなが不機嫌。
今さら船を出す気力も体力もない。
陸置きしたクルーザーの上で蚊に刺されながら飲み食いをして、さらに不機嫌になって帰途についたのでありました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ