文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

タグ:マンチカン

うちの与六は生後2カ月のときにブリーダーさんから購入した、猫種としては比較的新しいマンチカンという種類の雄猫である。何十万円もする短足マンチカンではなくて足長タイプだけれど、骨太な体つき、真ん丸な頭、くるみ型の目、腰を振りながら直線上を歩くモンローウォークなどは血統書通りで、足のレングスも短めかなと贔屓目に思っている。

与六はペットとして飼われるために代々繁殖して生まれてきた子。この6年間ベランダ以外は表に出したことがないのに、野生だったルーツを感じるときがある。
  • 飼い主の急激な動作には危険を察して飛びのき、決して油断しない。

  • トイレで用を足した後は、モノと匂いを隠すために執拗に砂をかける。

  • 見張っている窓から小鳥を見つけると、捕りに行けない悔しさで「カカカ」と鳴く。

  • 窓から野良猫に出くわしたときは、鈴のような声で「ニャ」と呼びかけるか、「ウンギャーゴロゴロ!」と敵意を剥き出して脅す。

  • 暑くてもじっくりと被毛に太陽光を浴びて、ビタミンDを生成する。

  • 飼い主から貰う食べ物は嗅いで嗅いで嗅いで・・・、フレッシュでなければ絶対に食べない。

書き出せばもっとあるけれど、昨夜気付いた与六の野生。インテリアの色に合わせて自らが保護色になっているのだ。いや、被毛の色にマッチした場所を選んで寝ていると言った方がいいかも。

DSC_3041

DSC_3040

革のソファーを保護するために掛けたのは、同じ茶系のハワイアン柄タオル。それは与六の被毛カラーと見事に溶け込んで、擬態としか思えない自然のミラクルを感じる。うっかり上に座ってフンギャ!と叫ばれるところだった。

親馬鹿のあまり与六の話を長々と綴ってしまったが、今回言いたかったことは他にある。水族館イルカ問題だ。日本動物園水族館協会(JAZA)が国際社会からの批判を受けて、追い込み漁によるイルカ調達を禁止したことで、加盟水族館では「繁殖がうまくいかず、飼育頭数が減るのでは」と不安をつのらせているという。

このニュースを聞いて考えたこと。イルカはワシントン条約の規制対象には入っていないけれど、なぜ野生のイルカの恐怖心をあおる方法で捕獲して水族館が購入し、芸を仕込まなくてはならないかだ。もう野生に戻れない個体を飼育するのなら分かる。いつか絶滅危惧種となったときのために繁殖方法を研究する必要もあるだろう。しかしペット化させてショーを開き、お客さんを喜ばせるのは、単なる人間のエゴじゃないかと思うのだ。

なら動物園は?と「そもそも論」になるので掘り下げないが、野生と飼育との境界線は難しい。アライグマだって、野生→ペット→害獣→特定外来生物の道を辿ったのは誰のせいだろう。

文明を切り拓くためにいったん自然に手をつけたからには、その将来に最後まで責任を取るのが人間の務め。さもなければ地球の創造主から見て、ワーストワンの害獣は人間になってしまうと思うのである。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

治りかけた腰痛がまた悪化した。大型連休が終わる日、意を決して衣替えを行っところ、クローゼットの棚に衣装ケースを上げ下げする作業が祟ったらしい。あくる平日にはパソコンに向かう通常の仕事が戻ってきた。ロキソニンテープを貼りコルセットを巻いて、飲みに行きたい金曜日もキーボードとマウスをいじりながら寂しいなあと思う。

朝は腰をバキバキ言わせてベッドから起き、最初の作業はカーテンのオープンとパソコンの電源ON。歯磨きしながらメールチェック。途中だった仕事を確かめようとソフトを立ち上げると、そのまま没頭し過ぎてパジャマのままで日が暮れてしまう。下腹が張って膀胱炎になりそうだとトイレに駆け込めば、洗面台の蛇口から水が出るのを察知して、窓の外を見張っていた与六が「待ってました!」と飛び乗ってくる。ピンクの舌をチョロチョロ出して蛇口から水を飲む姿に、私も飲み食いをしなくちゃと気付いて階下のキッチンに行き、深夜になって人間らしい生活に戻るのである。仕事ダイエットのおかげで少々痩せたかな。大して儲かりもしないが、痩せる器具やサプリにお金を費やさない分で「行って来い」だろう。

日本にインターネットが入ってきた時から、私のパソコン依存症は止まらない。文筆業として本棚には多種多様の辞書が並んでいるのに、椅子から立ち上がるのが面倒なので、ブラウザから検索サイトでチェック。キーワードの入れ方が適切なのか、欲しい答えはすぐに見つかって、近ごろは国語辞典はおろか類語辞典でさえ要らなくなってきた。それゆえに座った姿で固まりすぎて腰痛が悪化したのである。

「そろそろ休んだら?」と言ってくれる人もなく働いている中で、本当に良かったのは猫を飼ったこと。走り回って悪さをする与六、足元からずっと見上げている与六、ウン○をしたよと階下から呼びかける与六。「コラーッ!」「なあに?」「どうしたの?」と常に話しかけている。悪さが度を過ぎたときには大声で怒鳴ると声帯のトレーニングになる。おかげで声量は増して滑舌は回り、たまに友人たちと楽しむカラオケでは音程も狂わなくなった。来週はボランティア団体で久しぶりに講師の仕事をしなくてはならないけれど、与六への「コラーッ!」トレーニングの成果でマイクは要らないかもしれない。

こうしてブログを書いていると隣室から小さなイビキが聞こえてきた。ベッドで寝ている与六にカメラを向けても爆睡中。分かりましたよーっ、もう寝ますよ。ひょんな幸せを運んでくる「人間万事塞翁が馬」は猫なんじゃないかと、ニャンコ・ファンのためにも新説を立てたいと思っている。

yoroku
    このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家ではゴールデンウィークに合わせて、一歳桜が見頃を迎えた。花より団子の与六が「今年は遅かったニャン」と並んで記念撮影に収まっている。

KIMG5679

季節の入れ替わりに併せて毛替えも始まり、フワフワと舞う猫の柔らかい毛は掃除が大変。そんな飼い主をさらに困らせるべく、ベッドのシーツを交換した瞬間に飛び乗って背中を擦りつける。こちらに向かってエアふみふみをしながら、幸せそうに眠リ出す姿を見ているとだんだん瞼が重くなり、一緒に転がってプチ昼寝をしてしまった。

yoroku

yoroku2

連休に入った直後からBBQや友人の誕生祝いなどのイベントが続く。昨日は葉山の森戸海岸で30人ほどが集まってのBBQパーティー。初夏の日差しと潮風が食欲を誘い、肉も野菜もあっという間に無くなった。東京組が夕方帰った後は、逗子の飲み仲間が行きつけの店に集まって乾杯の嵐。深夜に帰宅してバタンキューだったが、アウドドアで騒いだ後は熟睡できるのが嬉しい。

KIMG5690

KIMG5692

KIMG5686

友人たちの名前でスケジュールが埋まった今週前半は、仕事を忘れることに決めた。会社の決算が控えているので、週の後半からはまたパソコンに張り付く日々になるが、主治医の言いつけを守って身体を労りながら働くつもりである。

で、ここでブログを締めくくる予定だったのが、スマホに友人の作曲家からメールが届いて続きが増えた。平成27年度の小学校音楽教科書に私が詞をつけた歌が2曲掲載されるという。小学校3年に「また あそぼ」、小学校4年に「赤いやねの家」。国内トップシェアを誇る出版社のホームページに情報が掲載されているそうで、さっそく見に行くと「文部科学省検定済 教科書・指導書」となっていたので間違いないだろう。

「赤いやねの家」は岡本知高さんのカバー等があってご存知の方も多いが、「また あそぼ」は検索しても殆ど引っかからない曲。文科省に推薦して下さった方には大感謝である。今夜は友人のバースデーパーティーだけど、私のこともちょっとだけお祝いして貰えるといいな。エイプリールフールじゃなくて良かったです!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

女は何歳まで現役でいられるのか。子孫を残す面では高年齢出産のリミットがあるけれど、いつまで身体と頭脳の能力や肌の美しさを保っていられるんだろう。それを決定するのは誰なんだろう。

続行か引退かの間にいる浅田真央、AKB48を卒業する大島優子。世界NO.1フィギュアスケート選手&時代の先端を行くアイドルとしてトップに君臨する2人は、20代の若さなのに、現役から退いて更なるステージに向かおうとしている。どうしてそんなに急ぐのか、美しさ・若さ・才能の3点セットにプライオリティがある日本だからだと思う。

人間は生まれてきた時からオンリーワンの個性を持っている。スポーツの才能、絵の才能、音楽の才能などなど。それを親が発見し、磨いて伸ばしていくことを進めていけばやがて大物になれるはず。大きくなったら○○になりたいと、子どもたちは作文に将来への夢を綴る。

私が大学受験に向けて英語の学習塾に通っていた頃、"SOMEBODY"を先生が「大物、ひとかどの人物」と訳したことが素晴らしく感じたが、対局にある"NOBODY"を特定できなかった。何を夢見たら良いのか、ゴタゴタした家の事情があり、お嬢様大学に入ってから目的を結婚に絞った私はその他大勢のANYBODYとなったあげく、夫に養って貰うからには家に閉じこもった模範的主婦となった。しかし無味乾燥な生活が嫌で数年で破局。離婚して子どもを育てながら自分が進むべき道を探したけれど、大卒の資格程度でキラキラできる職業に就けるはずがない。しかも女は若いほど認められる風潮と、専業主婦に税的優遇がなされる制度。いつか見返してやるんだと思いながら、ANYBODYからもドロップアウトしたNOBODYが泣いてここまで歩いて来たんだと思う。

そして少子高齢化の今。女性は夫を支え子育てに勤しむべきと設けられた配偶者控除が、安部首相によって見直される局面に来ている。女性が社会に出て稼いで貰わねばの方針であるが、上記の理由がある私には何を今さらのチャンチャラおかしい話だ。優遇されたANYBODYな奥様たちを羨ましく思いながら、独りで子どもを巣立て、シングル世帯となった家計にこれまでどれほどの税負担が課せられてきたのか、市民税の納入通知書が届くと気が遠くなる。浅田真央も大島優子も歳を重ねれば、いつか不公平すぎる世に怒る時がくるかもしれない。

女は道具じゃないのだ。
美しさ・若さ・才能の3点セット持ちの女は、働いた分だけ国に多額の税金を入れろ?
専業主婦は国の役に立たなくなったから、雇ってくれる場を見つけて社会保険分の労働をしろ?
離婚して子育てが終わったババアは、もう役に立たないから早く死ね?

国民の自由な生き方に対し、日本は戦後からどこが変わったのかよく分からない。誰のために生きるのか、今のところは独女として「ニャンコ命」を貫いているけれど、そのうちコンパニオン・アニマルを飼う贅沢としてペット税まで搾取される時がくるんだろう。

政府の搾取の矢面に立っている飼い主のもとで、もうすぐ5歳の誕生日を迎えるコンパニオン・アニマル与六。猫は亭主にできなくとも、こんな行き先のない世の中できっと福を運んでくれる存在だと信じることにしよう。

独り善がりで恒例にしているデスクトップカレンダーと、携帯の待受画面。もしお気に召しましたらサイズを選んで画像をクリック、別ウインドウが開いたらダウンロードして下さいませ(マウスポインターが+マークになっていたら更にクリックして、画像を最大サイズにしてからダウンロード)。
春色の被り物をしたカエルにゃん与六からのハッピーが届きますように。ちなみに手前にあるのは「キャットテール」という西インド諸島の植物です。与六が手でチョイチョイするのを防ぎながら、なんとか写真を撮った苦労を察して頂ければ幸せでございます。

1600✕900 1600×900


1280✕1024 1280×1024


1280✕768 1280×768


800✕600 800×600


480✕854 480×854 携帯待受


480✕600 480✕600携帯待受


240✕400 240✕400携帯待受


240✕320 240×320 携帯待受
    このエントリーをはてなブックマークに追加

逗子に住んで以来、空を眺めては雲の写真を撮ることが日課となった。雲は季節や気象条件により色と形を変え、この7年にわたり日々違った空を見せてくれている。地震雲さえ見分けられるようになり、雲のサイズと方角でマグニチュードや震源も当たることが多くなった。空の向こうの誰かと繋がっているのかな。

KIMG5332

KIMG5337
KIMG5338

kumo

冬にベランダに出て写真を撮るのは寒いけれど、明け方なら夏よりも楽チン。日の出時刻が遅いので朝寝坊できるからだ。ガラス戸を開けたとたん「待ってました!」と飛び出す与六と共に、今日も生きていることをお日様に感謝し、一日の無事を願う。与六は日が射してきたコンクリートタイルの上でゴロンゴロン転がって、まだ冷たいので家の中に退散。ニャンと鳴いて私をベッドに呼び、「二度寝しようよ」と肩をポンポンと叩く。この怠け者のせいで早起きの有り難味を潰しているが、ぬくもりが残った布団にもぐり、1時間ほどタブレットで情報収集をするのは至福の時間でもある。

yoroku

仕事とは言えど、一日の大半をネット環境で過ごす私は電子端末依存症。ダラダラとテレビを見ながらカウチポテトすると肥ることが分かったので、今は食事をさっさと済ませてパソコンの前に移動する。当然の如くデスク下のホットカーペットは与六が占領し、尻尾を踏んで噛みつかれながら、シーンと静まり返った夜をWEB制作や原稿書きに使うのは一石二鳥の時間だ。やがて足元から聞こえてくる小さなイビキ。

2日の新年会に遊びにきた友人が与六を抱っこして「この子はKさんにそっくりですね」と、7年前に逝ってしまった彼氏のことを言った。肥り加減、目の釣りあがり方、我儘さ、怠惰さ、食いしん坊さ、血統の良さ、お客様大好きなところなど、確かに何もかも似ているのである。生まれ変わりなのだろうか。愛嬌を振りまいて皆に可愛がられ、美女に抱っこされて良かったね(^O^)

この猫と一緒に喜怒哀楽を共にしながら、また一年が過ぎていくのかな。本音を言えば新しい彼氏が欲しかったりするんだけど、振り返ればアルコール依存症、ストーカー、マザコン、詐欺師、誇大自己症候群と、ろくでもない男しか寄ってこなかった身の上。独身という宿命を受け入れ、力不足であろうと世のため人のために生きていくのが私の役目だと思っていたが、人間なら誰でも大好きな与六から「選り好みするニャよ」と教育されている気がする。

階下からジャリジャリとトイレ砂を掻く音が聞こえて「ニャン」と呼ぶ声。はいはい、お掃除しに行きますよ。お猫様に教育されながら明日は誰に出会い、どんな雲の写真が撮れるのか、日々変わる未来を楽しみにしなくちゃいけないと思っている。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ