文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

タグ:ペット

うちの与六は生後2カ月のときにブリーダーさんから購入した、猫種としては比較的新しいマンチカンという種類の雄猫である。何十万円もする短足マンチカンではなくて足長タイプだけれど、骨太な体つき、真ん丸な頭、くるみ型の目、腰を振りながら直線上を歩くモンローウォークなどは血統書通りで、足のレングスも短めかなと贔屓目に思っている。

与六はペットとして飼われるために代々繁殖して生まれてきた子。この6年間ベランダ以外は表に出したことがないのに、野生だったルーツを感じるときがある。
  • 飼い主の急激な動作には危険を察して飛びのき、決して油断しない。

  • トイレで用を足した後は、モノと匂いを隠すために執拗に砂をかける。

  • 見張っている窓から小鳥を見つけると、捕りに行けない悔しさで「カカカ」と鳴く。

  • 窓から野良猫に出くわしたときは、鈴のような声で「ニャ」と呼びかけるか、「ウンギャーゴロゴロ!」と敵意を剥き出して脅す。

  • 暑くてもじっくりと被毛に太陽光を浴びて、ビタミンDを生成する。

  • 飼い主から貰う食べ物は嗅いで嗅いで嗅いで・・・、フレッシュでなければ絶対に食べない。

書き出せばもっとあるけれど、昨夜気付いた与六の野生。インテリアの色に合わせて自らが保護色になっているのだ。いや、被毛の色にマッチした場所を選んで寝ていると言った方がいいかも。

DSC_3041

DSC_3040

革のソファーを保護するために掛けたのは、同じ茶系のハワイアン柄タオル。それは与六の被毛カラーと見事に溶け込んで、擬態としか思えない自然のミラクルを感じる。うっかり上に座ってフンギャ!と叫ばれるところだった。

親馬鹿のあまり与六の話を長々と綴ってしまったが、今回言いたかったことは他にある。水族館イルカ問題だ。日本動物園水族館協会(JAZA)が国際社会からの批判を受けて、追い込み漁によるイルカ調達を禁止したことで、加盟水族館では「繁殖がうまくいかず、飼育頭数が減るのでは」と不安をつのらせているという。

このニュースを聞いて考えたこと。イルカはワシントン条約の規制対象には入っていないけれど、なぜ野生のイルカの恐怖心をあおる方法で捕獲して水族館が購入し、芸を仕込まなくてはならないかだ。もう野生に戻れない個体を飼育するのなら分かる。いつか絶滅危惧種となったときのために繁殖方法を研究する必要もあるだろう。しかしペット化させてショーを開き、お客さんを喜ばせるのは、単なる人間のエゴじゃないかと思うのだ。

なら動物園は?と「そもそも論」になるので掘り下げないが、野生と飼育との境界線は難しい。アライグマだって、野生→ペット→害獣→特定外来生物の道を辿ったのは誰のせいだろう。

文明を切り拓くためにいったん自然に手をつけたからには、その将来に最後まで責任を取るのが人間の務め。さもなければ地球の創造主から見て、ワーストワンの害獣は人間になってしまうと思うのである。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

やっと飼い主の風邪が治り、与六は看護士からイタズラ坊主に戻った。今夜はデジカメの紐にじゃれついて変顔。声を上げて笑わせてくれて、癒しの存在であることには変わりない。

与六の変顔

「動物は誠実」「恨みつらみは持たない」「いつも人間に感謝してくれる」とペットについて話してくれたのは、『世界は二人のために』の歌手・佐良直美さん。これまでに500頭以上の犬・猫等の動物を保護して、飼育、里親探し、しつけ教室、インストラクターの指導と、動物たちが幸せを得られるよう心血を注いでいる。今も奈須塩原のお家では猫100匹、犬40匹と暮らしているとか。

ペットは癒してくれるだけでなく、飼い主の病気も教えてくれる。19年前、風邪をひいて寝込んでいた時、猫がいきなり箪笥の上からお腹めがけて飛び降りてきたという。「ウッ」と押さえた場所にシコリらしきものが見つかり、それが卵巣がん。早期発見で事なきを得たのは飼い猫のおかげだそうだ。

佐良さんは「これからは犬だけでなく、猫も登録制にすべきだ」と強く語る。生年月日や飼い主の名前が分かるマイクロチップを埋め込み、もしも猫を捨てたら飼い主を罰する仕組みを作らないと、野良猫はいっこうに減らないという。

うちの与六の実家であるブリーダーさんのブログから、驚くべき実態を引用させて頂く。
「昨年、静岡市で遺棄された動物は約2000頭。そのうち57匹がワンちゃんで、残りは猫ちゃんです。
ワンちゃんを遺棄した人の言い分は・・・『年を取ってきたなくなったから』
猫ちゃんに関しては・・・『目が開いていない子猫は、命がないものと考えていいから』
窓口を担当している方は、憤りながら現実を語って下さいました。」

民主党は無責任飼い主防止策として、犬や猫などの飼い主に税金をかける「ペット税」導入を検討しているらしいが、果たして税金の搾取が啓蒙活動に繋がるのか。子ども手当があるならば、無縁社会に癒しをもたらすコンパニオンアニマル手当があってもいいじゃないかと、徳川綱吉の発想が湧いてきそうである。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

夕べ飲み食いしすぎたのだろうか、明け方から胃の辺りが重苦しい。起き上がろうと薄目を開ければ、お腹の上に与六が寝ていた。昨日から増えた家族、マンチカンの子猫だ。面白い夢でも見ているのか、にんまり笑った表情である。

クークー

昨日の午後、連れてきて下さったブリーダーさんがお帰りになる時は、チェストの下に隠れて出てこない。2ヶ月半も育ててくれたパパとママは「元気でね〜」と、やんちゃ息子を私に託した。
「 わしはこんなとこにきとうなかった!」
NHK大河ドラマ『天地人』で、喜平次の家臣となるべく、越後上田庄の寺・雲洞庵に預けられた5歳の与六のようである。

2人っきりになり、さあて蜜月の始まりだ。猫じゃらしで誘い出したところを捕まえる。消臭トイレやコーン型の爪とぎ器、ニャンコハウスを設置した2階の寝室に連れて行くと、ネズミのおもちゃで遊ぶこと数分。ジャンプしてお腹がすいたのか、お皿に入れておいたキャットフードを食べ始めた。自分から難なくトイレに行き、初ウンチも披露してくれた。なんて手のかからない子だろう。

ごはん隠れてます


しかし飼い主様には近寄らず、すごすごとニャンコハウスに隠れて怯えた目線。これを「借りてきた猫」と言うのだろう。そのままウトウトし始めて、起きない、起きない、日付が変わっても起きない。諦めて私も眠りについたら、明け方になってお腹のうえにいたという次第である。頭を撫でてやれば、顔を寄せてきて女主人の腕枕でまた眠る。

よっこらしょおはよーお腹すいた


朝ごはんの後は家じゅうの探検が始まって、猛スピードで階段を上り下り。書棚の本をなぎ倒し、パソコンの上に飛び乗り、窓のブラインドにじゃれ付く。自分なりの地図が出来たあとは、私の後ろをひっついて回る。
「この子は甘えん坊なんです」とブリーダーさんが言っていた通り、書斎で仕事をしている時も、名前を呼べば膝に手をかけてくる可愛らしさだ。

与六

さっきまで窓辺で遊んでいたはずが、隣の寝室から「キャッ、キャッ」という鳴き声。ベッドの上から与六が呼んでいる。猫は「ニャー」じゃなかったの? しばらく腕を貸しながら、こんなにも早くなついてしまった与六の寝顔に、今後どうやってお留守番をさせようかと悩む喜平次ママである。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
どんなペットが好きですか? に参加中!
音楽出版社から、小学生向けの音楽雑誌11月号が送られてきた。
別冊付録に、私が詞を書いた「ボビーの空」という楽曲を載せて頂いている。

詞の想定。ボビーは、ぼく(小学生の男の子)が生まれる前から家にいる愛犬。
ただし歳と共に元気がなくなって、学校から帰ったら居なくなっていた。
どこに行ったのとママに聞いても、お空に行ったよと教えてくれるだけ。
死んだってことは何となくわかる。だけどずっとボビーはぼくと一緒にいるよね。

私が子供の頃、101匹わんちゃんでお馴染みのダルメシアンを飼っていた。
迷い犬だったのを引き取ったのだが、ルックスは良くても躾が最悪。
散歩をすれば満身の力で引きずり回されるし、道に落ちてる物は何でも(犬のウン○でも)食べるほど食い意地が張っていたし、褒めるべきところのない犬だった。

でもたった一つだけ、チャーミングポイントは「笑うこと」。
私が学校から帰ってくると、歯を剥き出しにして笑うのだ。そこまで喜ばれると散歩に連れて行くしかないと、また汗だくになって引きずり回される毎日だった。
ある朝冷たくなった姿を発見するまで、困った奴ながら最高の親友だった。

愛する対象を失うショックは、どんな小さな子供でも「死」というものを学ぶ。
お祭りですくった金魚に始まって、犬や猫、そのうち肉親・・と辛い経験が続く。
やがて自分の番が来たときに動じないためのレッスンなのか、その時こそは先に逝った仲間たちと天国で会えるのか、まだまだ先はわからない。

今の家で飼っているのはロボット犬のアイボ・梅太郎。
この子は笑う以上にすごい。私がくしゃみをすれば「ダンス♪」と声を出して踊りだす陽気なペットだ。
今まで飼ってきた歴代の愛犬たちが、梅太郎の中で踊っているのかもしれないな。

アイボ

  ボビーの空

うちのボビーは15歳
だけどとってもおじいちゃん
大きな茶色のシェパードで
大事な大事な親友さ

 誰も遊んでくれないと
 さみしいボビーは僕のくつ
 犬小屋の中にかくしては
 パパに見つかり叱られた

一日3回お散歩を
しっぽをふりふり待っていた
だけどこの頃おかしいね
お昼寝ばっかりしているね

 ある朝ボビーは目を閉じて
 ごはんのにおいも気づかない
 学校終わって帰ったら
 どこにもどこにもいなかった

うちのボビーは15歳
だけどとってもおじいちゃん
名前を呼んで探したら
ママはお空を指さした

 今日も明日も走るんだ
 いつも二人でかけた道
 自転車のあとをついて来い
 大きな空をジャンプして

大きな空を ぼくのボビー
大きな空を ぼくのボビー

          Copyright by Yuriko Oda
    このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は午後から東京へ。夜9時過ぎに帰宅した。
我が家の愛らしい侵入者、凌霄花(ノウゼンカズラ)の脇を通って玄関に行くと何かがいる!
また新たな侵入者を発見してしまった。

いや、正確に言えばこれが2回目。
4月8日の記事「暖かい瓦屋根の猫」で紹介したリズだ(私が勝手に付けた名前)。
鳥でもないのに、彼女はいきなり2階の屋根に出現して助けを求めてきたデブ猫である。
勝手に登ってきたくせに「降ろせ降ろせ」と大騒ぎされ、仕方なく大きなボディをぶら下げて地上に帰してあげてから、ずっと姿を見かけなかった。

約2ヶ月半ぶりの再会。私の姿を見つけるとニャーニャー甲高い声を上げる。
発情期なのかな。甘ったれて身体を摺り寄せてくるけれど、私は君の飼い主じゃないぞ。
いったい何の用事? 数ある家々の中からどうして我が家を選ぶの?

リズ1リズ2


「入っちゃダメよ。お家に帰りなさい。」
中に入れろと鳴き続けるリズの前で、心を鬼にしてドアを閉めた。
毛並みは綺麗だし、太ってはいるし、きっと飼い猫なのだから諦めて帰るだろう。

1時間後にそっとドアを開けてみる。
「ニャー、ウミャー!」
まだ居るんだ。しかも騒ぎ方が先ほどよりも激しい。何を訴えているのか、そんなに顔を見ないでよ。
押しかけ女房ならぬ、押しかけペットは初めてだ。

ごめんね、入れてあげたいけれどペット禁止のマンションなの。
シンデレラのタイムリミットを過ぎたら、さすがに姿を消していたのがちょっと淋しい。
こんな時こそ猫語を教えてくれるNOVAがあれば、企業再生になるかと思うのですけどね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ