文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

タグ:セイリング

桜が散ってツツジが咲いたとたん、逗子には夏がやってくる。葉山マリーナのメンバーに入れてもらったペーペーのヨット乗りとしては、デッキシューズと日焼け止めのお世話になるシーズンの到来だ。

前日の曇天から一変して、青空が眩しい日曜日。早起きして作った料理を保冷バッグに詰め、京急バスでマリーナへと向かった。今回乗り込んだクルーは13名。もやいを外し、フェンダーをデッキに跳ね上げて、船が堤防の外に出ていく頃にはそれぞれのポジションについている。

どこでメインセールを上げようかと悩むほど、周囲はヨットとディンギーでいっぱい。微風だけれど、レースも行われていて、所狭し(?)な海である。

sea

yacht2

ヨットパーカーの上にライフジャケットを着ると、だんだん汗ばむほどの陽気。

yacht

キャビンの後方、コックピットも賑やかに打ち解けはじめている。

yacht1

あまりにも風が弱いので、フォアステイの外にジェネカーと呼ばれる大きな帆を張った。広げるのも畳むのも、人数を要する共同作業。意地でもエンジン機走をしないキャプテンの心意気が風を捕まえたのだろう。スピードが1.7ノットから7.5ノットまで上がると、速い速い。風の音、波を切る音だけしか聞こえないセイリングの醍醐味に感激する。

yacht3

江の島の裏側へ回り、洞窟の弁天様にごあいさつ。葉山マリーナのポンツーンで宴会をするために、お昼すぎには戻ることにした。

目をこらすと、渋滞した134号線をノロノロと動く車の列。片瀬海岸、七里ガ浜、稲村ケ崎、由比ガ浜、材木座海岸、逗子海岸。自分の引っ越しのルートを辿るみたいなセイリングだ。小学生のころから船に乗っている私は、何度も見ている沿岸の光景だけれど、そのつど湘南に住んでいて良かったと実感する生き生きとした景色なのだ。

yacht4

青春に年齢制限がないなら、相模湾から一生離れたくないな。逗子が終の棲家になるだろうと確信しながら、今年の夏は思いっきり海を楽しもうと思っている。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

秋晴れが続いた三連休。猫がいるので旅行には行かず、昼間は海を見て過ごしていた。風がサラリとTシャツの袖口をすり抜けて、夕方になるとカーディガンが恋しいこの季節が一番好きだ。SPF40の日焼け止めからも解放されて、太陽は外敵から優しい友人になる。

数年前までは休みといえばヨットに乗っていたけれど、今は横浜ベイサイドマリーナもボードウォークから見下ろすだけ。天国の海原をセイリングしている彼に思いを馳せたい時は、東京からの帰りに寄り道しては、ポンツーンに停泊したクルーザーたちを見おろす。紺白ストライプのTシャツを着た彼が、今にもキャビンから顔を出してきそうで、ついつい思い出の船を捜してしまう。

横浜ベイサイドマリーナ

そんなクルージング・ウィドウを気にかけてくれるヨット仲間たちから、「大島で旨い魚を食べようよ」とか「伊豆のツアーに参加しなよ」とか、楽しいお誘いの電話がくる。油壺のハーバーまで行く途中に、家まで迎えにきてくれるとの申し出はありがたいけれど、「今回はちょっと仕事が・・」と断り続けているうちに、今年も夏が終わってしまった。

逗子に夕暮れが迫る時刻に1人。望遠レンズを持って、防波堤まで写真を撮りに行く。うねりのない銀色の海。相模湾を葉山方面に向っていく白いヨットには、デッキビームに立っている人影が見える。泳ぎが下手なくせにライフジャケットも着ず、コクピットの一員だったあの日の私みたいだ。口下手だからこそ、名スキッパーだった恋人に命を預けることが、最大の愛の表現だった。「私はあなたの一生のクルーなのよ」と。

葉山沖のヨット

太陽と潮に焼けたデッキシューズを捨てられないまま、封印してしまったヨット遊び。逗子の飲み仲間たちと釣り船に乗ることはあっても、ヨットにはもう乗ることはないだろう。彼が大好きだったスターダスト・レビューの『Stay My Blue 〜君が恋しくて〜』。あの声で聴こえてくる歌詞の一節が、海を見て元気を出すためのおまじないだ。

"君の瞳の奥へと
愛をさがす船をだそう
明日から ねえ君がこぼす吐息は
すべて僕の風になれ

君がまぶしすぎるから
ぼくはたまらないんだよ
明日から ねえ君が流す涙は
ひとつひとつ輝いて
すべて僕の海になれ"

ヨット遊び
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ