文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

タグ:シンビジウム

今年は春の訪れが早い。1月のはじめに、「パワーグリーンが幸せの前兆をくれること」で写真を載せたシンビジウムが、蕾を弾かせていっせいに咲き始めた。例年より1か月以上早いうえに、大輪の花である。

20170221

三寒四温という四字熟語そのまんまの気候。
昨日は南岸低気圧が通り過ぎた大荒れの空模様で、暴風波浪警報のアラームがスマホに届いたのが嘘のようだ。ポストに手紙を入れに行ったら、身体ごと吹き飛ばされそうになり、自然の驚異に平伏していたところである。

STORM

強風にしなって、激しく揺れていたパームツリーたちは、夜があければ何事もなかったかのように、のほほんと太陽を浴びている。白波が立っていた相模湾は穏やかな水色に戻り、とんびの鳴き声がピーヒョロロと空に響く。

20170221_3

右向け右とばかりに、みんなが春に向かっていくなか、私は例年通りの書斎ごもり。都内での行事には欠席の返事を出して、昼夜パソコンの前が定位置になっている。

ストレスが溜まって、以前なら「飲みに行きたいな〜」と恨めしい気分でいたのが、今はちょっと変わったかも。昨年の5月に立ち上げたファッションブログのために、原稿書きの合間を縫って、服のコーディネート写真を自撮りするのがストレスの発散となった。おかげで一日一食となってしまったが、好きなことが食欲に勝るのだから仕方がない。毎日1,000を超え、多い日で2,000のアクセスを頂いているのも励みになる。

seven2

金魚のフンみたいに私の後を引っ付いてくる与六が、キャットタワーから興味深げに様子を眺めて、「ニャ?」と声をかけてくる。
仕事しなくていいのかニャ? お腹は空いていないかニャ? 眠くないかニャ?

はいはい、心配してくれてありがとう。心も身体も元気です。
年齢的にはずいぶん出遅れたけれど、子どものころから大好きだったファッションがもう一つの仕事になりつつある今は、人生も三寒四温。幸せな春に向かっていることだけは間違いない。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

1月5日から小寒に入り、暦通りの寒い日が続いている。私は風邪がぶり返して、熱は下がったものの、咳と鼻水が止まらない。先ほどかかってきた電話にも、返事をしようとしたら声が出なくて、息だけで「喋れませんが、聞こえています」とささやくのが精いっぱいだった。

明日は葉山マリーナで安全祈願祭があるけれど、これじゃヨットは絶対に無理。しかも味覚と嗅覚が使い物にならないので、食べ物の味が分からず、船内での宴会にも参加できそうにない。

身体がだるいお昼過ぎに、なにか栄養のあるものを口に入れなくてはと起き出し、ベランダの植物に水をあげた。目を覚ましてくれたのは、鉢植えのシンビジウム。去年は1本しか出なかった花芽が、今年は3本も出ているのだ。

20170107


昨年4月のブログ「明日起きるかもしれない大災害」に書いたように、このシンビジウムは不思議なことに、大地震がある年には花芽が減る。2011年・東日本大震災の前には花芽が全く出ず、2016年・熊本地震の前には1本だけ。天変地異と因果関係があるのかは不明だけれど、今年は3本、それもこんな早い時期から花芽が出たのは何か良いことを察知しているのだろうか。

鉢の植え替えもせず、栄養も与えず、雪の降る日だってベランダに出したままなのに、健気に育ってくれるシンビジウムは、私のパワーグリーン。蕾は順調に膨らんで、春になったら大輪の花が咲くのは確実だ。

しばしベランダから景色を眺め、新春の陽光を届けてくれる空を見上げる。植物も人間も、何か大いなるものに守られ抱かれて生きているんだろう。病は気から。早く風邪を治して、逗子の宗泰寺に「気心腹口命」のご印施を戴きに行かなくてはならない。ちょっと鈍ってきた精神力を復活させるために、再び断酒を始めようかと思っている。

20170107

20170107_2
    このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日からの強風が止んだので、日が暮れる前にベランダに溜まった落ち葉の掃除をした。午後4時を回ると見おろす町並みを弱々しい西陽が包んで、師走の夕暮れに背中を急かされる。そんな飼い主の感傷にはお構いなしに、ミニ運動場となったベランダでは与六が尻尾を揺らしながら動き回り、何か目新しいものはないかと物色中。シンビジウムの鉢にちょっかいを出してクンクン匂いを嗅いでいる。

コラッ!と近づいて発見したもの。黄色くなった葉の根元からモコモコッとした芽が伸びている。これは今年の4月5日に書いたブログ「弱く見えるものほど実は強い」のシンビジウム。もう花は咲かないものと諦めて、炎天下も雪の日も外に放置していたのが底力を見せてくれたのである。今はまだ花芽か葉芽か分からないけれど、着々と春の支度を始めているのは間違いない。

KIMG0053

そして階下のベランダに置いた植木鉢にも小さい春を見つけた。友人からもらった四葉のクローバーの種を9月に撒いたのが、今頃ちっちゃな芽を出したのだ。ジョウロで水をやると流れてしまいそうな芽だけれど、思いのほか根はしっかりと張って、木枯しや豪雨にも負けていない。

四葉のクローバー1

四葉のクローバー2

眼を見開けば、そこかしこにあるメッセージ。「力強く生きなさい」という神様の啓示は、小さくて愛おしい命たちが教えてくれる。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

私は植物を枯らすのが得意らしい。東京のオフィスで父の社長室を引き継いだ時、デスクの横にあるゴムの木が、黄色くなった葉をポロンポロンと落としていった。あんなに青々としてたのが1カ月で全滅。「どうしてでしょう?」と秘書は首を傾げていたが、彼女の本心としては私が妖気を発していると思ったらしい。

やがてオフィスを引っ越す際にフロアの最終点検をしている時、北に向いた窓に小さなサボテンの鉢が放置されているのに気付いた。ヒョロヒョロと不格好だったけれど、生きているからには捨てておけない。自宅に持ち帰って段ボール箱から出し、東南に向いた窓ガラスのそばに置いてみた。しかし水を与えて「大きくなってね」と世話をするほど、その子は萎れて元気を失くしていくのは何故だろう?

話は月日を飛ぶ。先一昨年の誕生日プレゼントとして貰った見事なシンビジウムの鉢。美しい花が終わった浅い春に、鉢を室内から日当たりの良いベランダへと移した。が、来年も咲いて下さいと毎日水やりを欠かさず、葉を拭いて手入れをしているのにどんどん弱っていくのだ。これは社長室にあったゴムの木と同じ微妙な性質かと思い、水やりやら肥料やらを調節してみても、翌年に花が咲く気配は全く見られなかった。鉢を大きくしなかったせいか、プレゼントしてれた主に不義理したせいか、もしくは本当に私が妖気を発しているのかと、ガッカリしながらまた一年が経った。

そしてそして、春の低気圧が暴風雨で大暴れした翌日、ベランダに転がった植木鉢を起こしながら奇跡を発見した。見放していたシンビジウムの鉢に、黄色い葉っぱの間から力強い花芽が何本も生えているのだ。摂氏5〜6度が限界の蘭を、雪が降り積もろうと太陽ジリジリの炎天下だろうと放っておいたのに。

シンビジウム

ズボラなくせして花を咲かせるのが上手な友人から、嘘みたいなアドバイスを貰ったのを思い出す。「植木は放っておくのが一番。もともと元気な子は干からびて死にそうな頃に水をやると、みるみる蘇るんですよ」。

そうなんだよね。枯れたと思って諦めていたヒョロヒョロのサボテンも放置したら復活している。父が窓辺に放っておいた理由が何となく分かり、もともと水などやらなくていいゴムの木に、居丈高なお節介をしすぎた私の至らなさが今になって分かった。相手をねじ伏せようとせず、持って生まれた力を見守り信頼してあげることから、お近づきの第一歩が始まるのだと思う。弱く見えるものほど実は強い。

追記:
シンビジウムのプレゼント主様へ心よりお礼を申し上げます。この鉢には昨年の大震災の折に小鳥がダイビング死し、今年の春には二度と恐いことが起こらないように願っていたところ、沢山の花芽をつけるという吉兆を見せてくれました。いいことあるかも!です。世界中の、花のように美しい心を持つ人々に幸せが訪れますように。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ