文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

タグ:カラオケ

私が属している某団体は6月が年度末だ。慰労の打ち上げや引き継ぎ会、キックオフパーティーなど、今月から来月にかけては毎晩のように宴会が続く。合間を縫ってパソコンに向かっている最中も頭に歌謡曲が鳴り響いているのは、二日続けてカラオケに行ったせいだろうか。

昨晩は赤坂の一つ木通りにある「島」というナイトクラブに行った。昭和歌謡が全盛だった時代に人気のあった歌手・島和彦さんが経営している店で、お客が生ピアノ伴奏に合わせて喉を披露する、大人のライブバーである。集まったメンバーの大半は演歌とムード歌謡に染まった年代であり、間違ってもAKBなど歌える雰囲気ではない。「赤本」と呼ばれた懐かしい楽譜集から歌を探し、リズムとキーを打ち合わせしてマイクの前に立てば、エロティックな色合いのスポットライトが当たる。

DSC_3280

即席オンステージの伴奏は決して完璧とは言えないが、気付いたのはどんなアップテンポな曲であろうと、大人の味付けがされること。歌っている人の個性と声質が引き出され、「この部分はゆっくりと」、「この部分はゴージャスに」と自己演出しながら、歌詞と共にこれまでの人生が見えてくるのである。歌詞が色変わりテロップで流れる通信カラオケのデジタル音楽に比べると、生ピアノ伴奏は歌本の縦書き歌詞しかない超アナログ。しかしそれが頭の体操になって、知性までもが見えてくる。

🎵コモエスタ・セニョール コモエスタ・セニョリータ 酔いしれてみたいのよ 赤坂の夜🎵のムード歌謡を誰かが歌えば、自然に誰かがダンスを始める。それもエッチなチークダンスではなく、適度にジルバを取り入れた大人の踊り方だ。カラオケ同好会の副会長(俗称チーママ)でありながら私はまだまだ青二才。都心で何十年もの経験を積んできた経営者のオジサマたちに、粋な遊び方のお手本を見せて戴いた夜であった。これが赤坂、美空ひばりも五木ひろしも訪れたというこの店で、演歌と歌謡曲の真髄に目覚めたのは言うまでもない。

作詞をするときは「メロ先(先に曲を貰って歌詞を当てはめること)でお願いします」なんて言っていたのを改め、情感のままに手書きで詞を書いていた時代に戻るべきか。昭和のアナログに回帰したい、甘酸っぱいラムネ味みたいな想いがシュワシュワと胸に溢れている。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

この2日間、ゴルフ&温泉の旅に行ってきた。9月の葉山国際CCに続いて、11月は下田CC。日曜日の朝5時半に逗子を出発して、眠い目をこすりながら伊豆の秘境へと向かう。天城峠を抜ける3時間半のドライブなのに、到着したとたん背筋がシャキーン。ビギナー脱出が私の悲願である。

下田カントリークラブ下田カントリークラブ2


今回はOBこそ減ったものの、バンカーに泣かされた。ドライバーショットが決まったと思えば、ボールは吸い寄せられるようにバンカーへポトリ。鬼の敵のようにサンドウェッジを振ると、バンカーの顎に跳ね返ってコロコロポトッ。焦れば焦るほど、脱出不可能になっていくのである。

ゴルフはメンタルなスポーツだという通り、プレッシャーに弱い自分を思い知る。穴があれば穴に、池があれば池に、ボールに磁石でもついてるのかと思うほど、引き寄せの法則が乱発するのだ。

しかし有り得ないラッキーを引き寄せるのも、私の特技である。飛ばし過ぎてOB確実だったアプローチショットは、バンカーの顎にカコーン、カコーンと当たってグリーンの度真ん中へポトリ。「何事が起きたんだ?」と、周囲が目を丸くするミラクルプレイはまるでアニメのようだった。

下田カントリークラブ3

ツイてる!と思えばツイてくる。ラウンドを終え、宿泊先の下田プリンスホテルでもラッキーな出来事が待っていた。温泉に浸かり、海鮮鍋でお腹を満たした後、さあて何をして騒ごうか。施設内に50人ほど入れるステージ付きカラオケコーナーがあるのを見つけ、4人でミニ宴会をすることになった。

フロントに予約に行くと、通信カラオケ歌い放題で2時間につき1名500円という安さ。スタッフのサービスがない代わりに、飲食物はご自由にお持込下さいという放任主義。部屋で飲もうと買い込んでおいた酒とつまみをさっそく持ち込み、貸切状態でひたすら歌いまくった。

約束の2時間が過ぎても、他のお客が来ないのでさらに延長。リモコンを回し合いながら、レパートリーが無くなり喉がガラガラになるまで歌い続けた。延長分は1人250円におまけしてもらい、3時間半を4人で合計3000円という、ホテルとは思えない超リーズナブルな夜を満喫したのである。

下田プリンスホテル

伊豆はあくる日も、半袖で歩けるほどの暖かさだ。七滝温泉郷で露天風呂巡りをして、修善寺で蕎麦を食べて、沼津から東名高速へ。帰る段になって急に寒くなり、ポツポツと降り出した雨に「私たち、ツイてたね」と喜び合う。そうそう、それでいいんだ。マイナスの感情は要らない。

次回のゴルフは、きっとボールがバンカーを飛び越える。ツイてる自分を信じることからラウンドを始めようと思っている。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

俗にスナックという形態の店は、ママの名前やあだ名を店名にしている所が多い。
昨夜は新逗子駅の向かいにある「チャコ」に行き、6人座れば満員のカウンター席で、常連たちの会話に耳を傾けた。

「あれは昼間でもホットパンツに網タイツで歩いてるんだよ」
「夕方になると安売りスーパーで値が下がった惣菜を漁ってるらしい」
「しかしツマミを頼んでも、ピーナツしか出てこないぞ」

彼らが噂しているのは地元の有名人。「毛目子(けめこ)」というスナックの店主について語っていた。ホットパンツに網タイツとはどんなセクシーな女性なんだろう。

「あれは誰が見たって男だよ」
「朝になるとヒゲが生えてくる」

私の好奇心は居ても立ってもいられず、さっそく場所を聞いて「毛目子」に行ってみる事にした。
ひなびた雑居ビルの階段を2階に上がると難なく発見。白いドアを押した先には、どこの街でも見かける内装のカラオケスナックがある。
カウンターにはサラリーマン風のお客が1人。そして・・・・

いましたいました。
夜だというのに大きな黒いストローハット、黒縁の眼鏡、黒のタンクトップ、黒のホットパンツ、黒の網タイツ。噂の「毛目子」だ。
飾られた花は造花の薔薇。
飲み物をオーダーしても、お通しひとつ出てこないあっさりしたサービスが心憎い。

先客と交互ににカラオケを歌い、逗子にもオカマバーがあったのかと喜んでいたら徐々にお客が増えてきた。みんな何故かテーブル席を無視してカウンターに座りたがり、気づけば店内の全員が男性

最後に入ってきた二人連れの片割れが、隣に肩を寄せながら甘い声で歌いだした。
♪「もしも願いが叶うなら 吐息を白いバラに変えて
  逢えない日には 部屋中に飾りましょう 貴方を想いながら〜」♪
(小林明子『恋におちて』)

歌っているのはガテン系のがっちりタイプ。うっとりと聴いているのは品のいい白髪の紳士。

ようやく気づいた。普通のオカマバーと違うぞ(・_・;) 私ってかなり場違い?
心はそろそろと後退をはじめ、小さな声でママにチェックをお願いした。

「あらもう帰っちゃうの? また必ず!来てねっ」
その「必ず!」が耳にこだまして、その晩の夢はホットパンツが歌い踊る「毛目子」オンステージだった。
うなされたことは言うまでもない。

(冗談のようだけど、これは実話です。)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ