そろそろ電気を点けたくなる時間。ブルーグレーの空に満月が昇ってきた。

エクストラ・スーパームーン

3月20日の午前4時9分、今夜の月は地球に最も近いところを通過する。しかも1992年以来の最短距離になるそうで、エクストラ・スーパームーンと呼ばれている。地球上の磁界に影響が及び、次はアメリカ西海岸に大地震が起きると予測する地質学者もいるようだが、ネガティブな未来は飽き飽きした。今だからこそ美しい月はタイムリーな贈り物。同じ月を同じ時間に見ている人たちと、希望を共有したいと思った。

願い事を叶えるスーパームーンのパワーは次の新月まで続くらしい。何を願おうかと考えているところに、いつも私を心配してくれる友人からの電話が鳴った。
「ちょっとでいいから飲みに出ておいでよ。みんな待ってるよ」

久しぶりに訪ねた馴染みの店は、見慣れた顔たちが「よおっ!」とこっちを振り向く。「逗子は大丈夫だよ」と乾杯のグラスを掲げる。私に電話をくれた友人は、外見は泣く子も黙りそうな強面なのだが、照れくさそうに初めての秘密を教えてくれた。

彼は朝6時に起きたら、まずは神社に行って拝むのを習慣にしているという。
「今日もここに来られて、ありがとうございます。美味しいご飯を食べられて、ありがとうございます。友人たちが元気でいてくれて、ありがとうございます」と、思いつく限りの感謝をするのだそうだ。
「神様には願い事をするんじゃなく、感謝をするんだよ」
亡くなったお母さんの教えを守り、彼は毎朝欠かさず神社に通って感謝を続けている。

時計の針が明日に近づいた。談笑を終えて店を出ると、さっきまでの生ぬるい空気は去り、頭上には涼やかなスーパームーンが私を照らしている。なんて大らかで優しいんだろう。

家に戻ってニュースを見ると、原発に放水を行った東京消防庁ハイパーレスキュー隊の会見の様子が流れていた。声を詰まらせながら答える総隊長3人の目には、堪えきれない涙。命をかけて任務を遂行した隊員たちへ、生還を信じて送り出してくれた家族への「ありがとう」だ。

辛いことは山ほどあり、これからも山ほどあるだろうけど、少しずつ好転していく。その陰には誰かの犠牲と涙がある。月が地球にいちばん近づく午前4時9分が来たら、願いの代わりに感謝の「ありがとうございます」。もう他の言葉は要らない。

エクストラ・スーパームーン