文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

カテゴリ: グルメ・レシピ・食品

子どもの頃を思い出す、とても懐かしいお菓子を頂いた。四国銘菓の「一六タルト」。タルトとは愛媛県松山市の郷土名産で、松山藩主・松平定行公が、ポルトガル人から教わったと言われる南蛮菓子だ。

香りの良い柚子を練り込んだ餡子を、カステラ状の生地で巻いた上品なロール菓子。食べるとジャリッした口当たりがあるのは、白双糖(しろざらとう)別名:白ザラメという結晶の大きい砂糖を使っているからだ。

ichiroku2

私が生まれたのは愛媛県西条市で、3歳のときには神奈川県に引っ越してきた。藤沢市片瀬の小さな借家に住み、共働きの両親に代わって面倒を見てくれたのは、母方の祖母である。親戚やら友人やら、祖母と同じ方言を話す人が家に遊びにくると、必ずと言っていいほどお土産にくれたのが「一六タルト」だった。

昭和30年代の記憶をたどれば、文明堂のカステラが洋菓子の中でも上等な部類に入る。そのしっとり&フワフワとした生地に似て、しかも中に餡子まで入った円筒形のタルトは、小学生だった私には小躍りしたくなるほどのお土産だった。西条市では竹の皮に包んだ「ゆべし」という、白みそと柚子の入った餅菓子も有名だったけれど、子どもが好きな味ではない。お客様から頂いた紙袋から何が出てくるか、台所で待ち構えていたのを思い出す。

ichiroku

一六タルトは切るのが難しい。祖母が不器用に包丁を入れるのを横から眺め、失敗した一切れを指さして、「欲しい欲しい」とお願いしたものだ。一六本舗のWEBサイトを見ると、切る手間を省くために昭和43年からスライスを開始し、売上が一気に伸びたという。大人になったら一本丸ごと食べてやるんだと思いながら、中学生あたりからは生クリームとイチゴのショートケーキに興味が移ってしまった。

一六

こんな懐かしい銘菓は他にも沢山あったような。雷おこし、かりんとう、和泉屋のクッキー、銀座江戸一のピーセンの青い缶には、エッフェル塔の絵が描かれていたっけ。昔の人たちは素朴で素材が良くて、ほんとうに美味しいものを知っていたのだなあと感心する。戸棚の奥にしまった古いアルバムを引っ張り出し、モノクロの写真を眺めながら、この週末は記憶の味めぐりをするミニトリップに出かけよう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースサイトを見ていたら、医療従事者が避ける食べ物ランキングが目に留まった。マイナビニュースが会員から得たアンケート結果を引用させていただく。

----------

普段の食生活で食べるのをできるだけ控えている食品を教えてください:

1位: カップ麺・レトルト食品全般(42.9%)
2位: スナック菓子全般(41.8%)
3位: 揚げ物全般(32.7%)
4位: 油脂類全般(30.6%)
5位: 穀類(ご飯・パン・麺類含む)全般(11.2%)

----------

驚いたのは、私もほぼ同じ順番なこと。カップ麺、スナック菓子には全く手を出さないし、レトルト食品は特有のモアッとした臭いが嫌いだ。

半年間の断酒中に味覚と臭覚が繊細になったのか、化学調味料が苦手になった。揚げ物は油がよほど良質でなければ胸焼けするし、バター・マーガリン類は昔から使わない。

穀類はブランチに食パンを1枚、夕食にご飯を1膳と決め、パスタ類は外食の時たまに食べる程度だ。ラーメンも2年近く食べていないと思う。

週末は葉山マリーナに浮かべたヨットで宴会をしたのだが、賄い担当の私としてはキッチンに常備してある調味料が気に入らない。
味付き塩こしょうや本だしは味の素くさいのでNG。チューブ入りの生姜やニンニクもNG。できるだけナチュラルな調味料や香味野菜を家から持参して、素材か本来持っている味を楽しむことにしている。

image

世の中の穢れにはどっぷり浸かってきた人生だけれど、そのぶん綺麗なものに惹かれるようになった。
外見からは分からなくても、内蔵にこびりついたケミカルなヘドロをこそげ落としたい。高価な化粧品やブランド服では繕えない、「内側」「中」の美が気にかかるアンチエイジング世代である。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

締め切りが目前に迫っても原稿が書き上がらない。遅筆の原因は単純明快で「書きたくないから」に尽きる。自由気ままに書ける随筆やフィクションならパソコンに向かう意欲が湧いてくるのだが、他人の論旨を代弁するスピーチ原稿は肩の荷が重い。

嫌で仕方がなくても生活の糧は必要。頭の中ではプロットを組み立てながら、身体は無理やり他の用事を見つけて逃げ回り、真夜中に書き始めるのが現在のパターンだ。朝8時に完了してメール送信した昨日はついに熱が出たが、風邪の症状はなかったのでたぶん大人の知恵熱だろう。

こんなときこそ健康に気を配らなくちゃ。運動はサボっているしストレスは相変わらずだが、禁酒生活が4か月目に入った今は生活習慣病を引き起こす要因がかなり減った。それに気を良くして健康志向はさらに高まり、美容に関しても以下のミニマル化を実行している。

  • 髪・顔・身体は固形石鹸で洗う

  • amazonでマルセイユ石鹸(マリウスファーブル社のオリ-ブ200g)を購入。髪は泡で2度洗いし、シャンプーブラシで石鹸カスをしっかり洗い流したあとに、ねば塾のクエン酸を溶いたお湯でリンスしている。
    洗顔はメイクを落としたいとき時だけ石鹸で、基本は水洗顔のみ。乾燥している日はマリアナ・キチェットの保湿スプレー"Moisturizing Mist Complex"を吹きかけて終わりだ。成分は天然保湿因子を含んだ水なので安心である。

    20160316_1

    20160316_3

  • 口さみしいときは葛湯を飲む

  • お酒の代わりに蕎麦茶・緑茶・コーヒー・ルイボス茶などをガブガブ飲んでいたが、さすがに飽きてきた。氷が苦手なので温かい飲み物となれば限られる。そこで思いついたのが葛湯で、南九州の本葛100%(微粉末)を購入した。マグカップに大さじ1杯を少量の水で溶いた後、お湯を足して飲んでみたら美味しくて腹持ちが良い。最初はハチミツで甘みをつけていたが、今は葛のみでイケるようになった。
    葛にはイソフラボンやサポニンが大量に含まれており、美肌・血流改善・ダイエット・肝機能アップに効果がある。

    20160316_2

  • 加工商品を食べない

  • 食料品は週1回の生協宅配を利用しているが、購入金額が半減した。それは化学調味料や人工甘味料、保存剤の入った食品を避けて、野菜・肉魚・海藻・納豆などのシンプルな食材だけ頼んでいるからだ。
    外出時にも、何が入っているか分からないファストフードや持ち帰り総菜には近寄らない。食べて帰るなら馴染みの店に寄り、清潔なオープンキッチンで作った野菜たっぷりの料理をいただく。飲み物はシンビーノのジャワティーにすれば、見た目はワインっぽい。

    20160316_4

肌と口から入ってくるものを厳選した暮らし。徹夜しても復活は早く、肌はすべすべ、トイレは快調、就寝時に足が吊ることは皆無となった。長年お世話になっている薬剤師から「むくみがすっかり消えましたね。若くなって別人みたいです」と褒められるのはお世辞でも嬉しい。

桜の季節が近づき春めいてきた今、次なる美容の課題は紫外線対策だ。紫外線は皺とたるみを生み、日焼けしてシミを隠す裏技が通用するのはアラフォーまで。とは言え、せっかく海のそばで暮らしているのだから太陽と親友でいたいジレンマがある。石鹸だけで洗い落とせるノンケミカルな日焼け止めを探して、締め切りをクリアした後にはお洒落して外に出たいなあ。

うむむ。いくら美容に気を配っても、見せる人がいなければ寂しいと気付いたのは、何かが足りないアンチエイジングかもしれない。そっぽばかり向いてないで、ママを褒めてよ、ねえ与六。

20160316_6
    このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年この時期になると仕事が溜まる。昼夜逆転生活を続けて10日ぶりに外出した昨日は、午後から新宿で大きな会議があった。真昼間の光を浴び、高層ビルを見上げるとクラクラして気が遠くなる。

DSC_2456

睡魔と闘いながら会議が終わると夕刻から懇親会。お酒が入ると元気の復活する私はその後の2次会にも参加して、横須賀線の下り最終電車を待つ品川駅のホームに立った。金曜の夜、しかもバレンタインデー前日とあってはグリーン車でも座れないかもしれない。

凍える寒さの中で15分待って電車が到着。8人掛けのコンパートメントに1席だけ空いているのを見つけ、幸運に感謝しながらドアを開けた瞬間に「しまった!」と思った。むわっとした強烈な匂いが漂っていたのである。一人の若者が焼肉弁当を食べており、あとの乗客の殆どはマスクを着用。申し訳なく思いつつ私もバッグからマスクを取出し、忍耐の仲間に加わった。

新幹線などの長距離電車は別として、最近はネットを見ていると電車内での飲食に批判的な声が多い。特に嫌がられるのはマックで、袋に入ったバーガーやポテトを持ち込んだだけでも「匂いのテロだ」と睨まれるほどだ。音はイヤホンで遮断しても、匂いからは逃げられず、マックマジックに食欲が刺激されるから余計に腹がたつのかもしれない。

かく言う私もマックポテトは年に数回、どうしようもなく食べたくなる時があった。しかし持ち帰りには躊躇するため、わざわざ車を運転して一袋を買いに行く。それが今は全く食べる気なし。ファストフード臭と言おうか化学調味料の匂いが鼻につくようになり、牛丼屋に至っては半径10メートル以内、息を止めて通り過ぎるほどになってしまった。

中国産の期限切れ鶏肉問題や異物混入問題が影響して、日本マクドナルドHDは1月の売上高が38%減、41年ぶりの営業赤字となった。27年12月期の業績見通しを未定とするばかりでなく、顧客のマック離れは世界で進行している状況だ。異物混入問題をマスコミが騒ぎ過ぎたせいという声もあるが、果たしてそれだけだろうか。新メニューや低価格を宣伝してもその場しのぎで、健康志向に背を向けた代わり映えしない商品が飽きられた結果のような気がするのだ。トランス脂肪酸がたっぷりのファストフードよりは、値段が高くても安心安全な手作りフードを食べたい人は増えている。

そういえばコンビニフードやデリバリーピザからも遠ざかったこの頃。原稿の締切が迫っていようと、楽しみな食事は冷蔵庫の野菜、肉、魚等から選んでキッチンで作る。油を使う料理は出来るだけ避けて、茹でたり蒸したりの低カロリーなメニューにする。あとは飲酒さえ止めれば良いと分かっているのだけど、アルコールの匂いが鼻につくようになる日はいつのことだろうか。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

オヤジのように尿酸値が高くなり、プリン体を多く含む食品を控えるように主治医から命ぜられている私。逗子に住んでいる特権としての生シラスは泣く泣く諦めたが、お正月はもっと悲惨なものである。数の子、イクラ、タコ、ごまめ、ぶり、海老、タコなどお重に並ぶ魚介類は殆どNGであった。

せこせこと野菜の皮を剥いてお煮しめを作り、他に食べて良いのは蒲鉾と黒豆、魚肉系を入れないシンプルなお雑煮ぐらい。血圧が高いので塩分も控えなくてはならない。テレビと共にダラダラ過ごす元旦も、ワインや日本酒といった醸造酒は避けて、焼酎、ウイスキーの蒸留酒をチビチビと飲む。

尿酸値対策の食生活を初めてから、家でよく食べるようになったのは豚バラ肉。ロース肉よりプリン体含有量が低いことを知り、週に2回は常夜鍋を作っている。しかもプリン体は水に溶けやすい。常夜鍋はシンプルな料理で、鍋に水と日本酒を入れて沸かし、にんにくを数カケ、ホウレンソウまたは小松菜、気分によって舞茸かシメジ。最後に薄切りの豚バラを重ならないように入れたら火を止めて、たっぷりの大根おろしとポン酢で戴く。

DSC_2150

大根おろしには刻んだネギと、すりおろした生ニンニクも混ぜる。ニンニクに含まれるアリシンは抗酸化力が高く、豚肉などビタミンB1が豊富に含まれる食品と共に食べると、美容効果が相乗するらしい。入れすぎると翌日にお腹を壊すので、量は体調に相談しながらだ。

翌日に早くから外出する時はNGな料理だけれど、食べ続けているうちに変化に気付いた。日に日に肌の艶が増して色白になり、目尻の皺が消えてきたのである。脂質の多い豚ばら肉はデブる危険性はあるが、お湯で脂を落としているし茹で汁は飲まない。しかも朝・昼はカップスープのみで一日一食主義にしているせいか、体重に変化は起きずにいる。忘年会・新年会続きで暴飲暴食しているに関わらず、「痩せた?」と聞かれることが多くなった。

朝はジャブジャブと数回洗顔して、特別なお手入れは何もせず。水の冷たさで頬は赤くなるが、戴き物やサンプルの化粧水を少々付け、時間がたてばスベスベ肌に戻っている。もっと凄いのは乾燥による痒みが消えたこと。これまで毎冬は身体中が痒くて痒くて、寝ている間に爪を立てて掻きむしった跡が醜い傷になっていたのに、今年は何もない。

これがもしも豚ばら肉&ニンニク効果だったら凄いなあ!いや待てよ、制限の賜物か?
温野菜は好きだけど生野菜は苦手。デザートや果物など甘いもの・酸っぱいものは滅多に食べない。ご飯やパスタなど炭水化物は外食の時だけ。結果として好きなのはお酒と肴だけど、主治医の言いつけを守って美味しいものは控えている。

豚バラ肉&ニンニクが公に宣伝するほどの〇〇美容法とはまだ言えない。でも次回の血液検査結果が良好であるなら、ちょっと臭いけれども周りに勧めてみようかと思うアンビリーバブルな食生活である。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ