文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

カテゴリ: 作詞・コピーライト・文章

暦の上で明日は、寒さのピークとなる大寒だ。今週はじめには首都圏でも雪が積もり、ますます冷え込みが厳しくなってきた。

清少納言は『枕草子』で「冬はつとめて」(早朝)と言っているが、そんな時間にベッドから出られない私は、紫式部が『源氏物語』で描写した冬の月が好きだ。「第二十帖 朝顔」の第三章・第二段「夜の庭の雪まろばし」で、朝顔の君に嫉妬する紫の上に、光源氏が雪景色を見ながら語った一節を載せよう。

「人の心を移すめる花紅葉の盛りよりも、冬の夜の澄める月に、雪の光りあひたる空こそ、あやしう、色なきものの、身にしみて、この世のほかのことまで思ひ流され、おもしろさもあはれさも、残らぬ折なれ。すさまじき例に言ひ置きけむ人の心浅さよ」

(人の心を惹きつけて移ろわせる桜や紅葉の盛りよりも、冬の夜の澄んだ月に、雪の光が映えた空こそ私は好きだ。幽玄で、色のない風景が身に染みて、現世を離れた世界にまで想いが及んで、おもしろさも哀しさもここに尽きる。冬の夜を興ざめと言う人の心は浅いものよ。)

紫の上は幼い頃から光源氏に育てられて最愛の妻となり、才色兼備の代表格ともいえる理想の女性であった。しかし身分のせいで正妻にはなれず、子宝にも恵まれず、我が身のたよりなさに悩み苦しんだという。その孤独さに気付かなかった光源氏とは擦れ違いが多くなり、やがて37歳で重病にかかって、出家を望みながらも叶わずにこの世を去った。

御簾を巻いて、恋い焦がれる源氏の君と見上げた冬空。高々と浮かんだ白い月と、紫の上の心情には「凄愴(せいそう)」という表現を当てはめたい。

wintermoon2

中秋の名月やスーパームーンよりも、なぜか今は心惹かれる寒月。ベランダに出てスマートフォンで撮る冬の月は遠く小さくなろうと、家族団らんの灯りを画面の下に入れたくなる。冷たくてあたたかい風景。かじかんだ指をポケットに入れて白い息を吐き、どんな祈りを捧げようかと、話しかける言葉を探すのが日課になった。

wintermoon1
    このエントリーをはてなブックマークに追加

7月2日に続いて、今夜は同じ月に2度目の満月。3年に1度の貴重な月は「ブルームーン」と呼ばれ、仰ぐと幸福が訪れると伝えられている。

昨晩は夜遅くになるにつれ、霞んでいた月がだんだんクリアになっていった。外に出てカメラを向けると、ぶれることなく綺麗に撮れたのが嬉しい。紺色の空を背景に、完全に丸くなる前の月齢14。きっと素敵なことが起きるはずと、意味もなくワクワクして眠れないので、ジャズボーカルを聴くことにした。

DSC_3468

youtubeで探したのは"Blue Moon"。Nat King Coleバージョンを聴いているうちに、日本語で口ずさみたくなり、即席で訳詞をしてみた。ただの日本語訳とは違って、音符に言葉を嵌め込んでいるので、そのまま歌えるはずだ。



今夜一人で月を見上げるあなたへ。Blue Moonが金色に変わる幸せなときめきが訪れますように。

『ブルームーン(日本語詞)』 Lyrics by Yuriko Oda

Blue Moon 孤独な夜は
夢さえなくて 愛も知らない

Blue Moon 聞いてたんだね
僕の願いごと
誰かこの胸に

そして不意に現れた
ずっと抱きしめたい人
離さないで・・とささやき
金色に変わる月

Blue Moon  昨日までの僕
夢さえなくて 愛も知らない


"Blue Boon"  Lyrics by Lorenz Hart

Blue moon,
you saw me standing alone
without a dream in my heart
without a love on my own.

Blue moon,
you knew just what I was there for
you heard me saying a prayer for
somebody I really could care for.

And then there suddenly appeared before me,
the only one my arms will ever hold
I heard somebody whisper, "Please adore me."
and when I looked,
the moon had turned to gold.

Blue moon,
now I'm lo longer alone
without a dream in my heart
without a love on my own.
    このエントリーをはてなブックマークに追加

「お綺麗ですよ。またお待ちしております。」
元気な声に見送られて、いそいそと美容院のドアを開けた。駅に向かって花柄の傘をポンと開けば、七夕の夜はもう3日も続いた雨降り。今夜のデートに向けて巻き髪にしてもらったのに、いくら傘の角度を変えても、湿気でカールは取れていくばかりだ。おしゃれするために会社を早退した罰が当たったのかな。

今夜の待ち合わせ場所は、彼の会社がある駅。街の再開発に向けたジョイント・プロジェクトで、二年前から同じチームとなった私たちはアフター5に時々、仕事にかこつけて二人飲み会をする。まずはスタバで資料を広げて打ち合わせをし、要件がまとまったら「さあ、どこへ食べに行こうか」のお楽しみ。ベルギービールと自家製ソーセージの店、カウンター席だけのリーズナブルなフレンチ、魚河岸直送のお刺身が山盛りの居酒屋・・、行きつけの店は確かで居心地がいいけれど、いつもと同じ風景、いつもと同じ味。割り勘で飲んだらいつもの時間となり、どちらかの部屋に泊まることも暗黙の了解となっている。歯ブラシはもちろん翌日の着替えまでキープした、ちょっと鮮度の落ちかけた関係かもしれない。

濡れた傘を畳んで押し込まれた、終電に近い各駅停車。
「今夜はあなたの部屋?」
電車の窓ガラスに映った彼の顔が「うん」とうなづく。
「美容院に行ったんだけど、髪が雨でボサボサになったから直せるかな。」
大きなあくびをしながら、ネクタイを緩めてうなづく顔は、彼女の努力に気付かないオトコ。それなら勇気を出して言ってみよう。今まで一度も聞けなかったことだ。

「ねえ、私のこと愛してる?」
反応を伺う前に、電車は乗換駅に着いた。

駅構内に最終電車のアナウンスが流れて足早になる彼。私はピタッと止まり、小さくなっていく後姿を見ていた。振り向いてくれるかな、戻ってきてくれるかなの期待が遠ざかる。改札口に入ったところまで見届けた後は、溢れる涙で何も見えなくなった。どうして振り向いてくれないの?今日の変身に可愛くなったねと言ってくれないの?

くたびれた格好のまま24時間営業のファストフード店に入る。見る影もないヘアスタイル、車が撥ねた泥水で水玉模様ができた白いワンピース。心配して欲しい「悟ってちゃん」をやらかした自己嫌悪で、スマホの電源を切った。紙コップのコーヒーは冷え切って、窓に叩きつける雨はますます激しさを増す。これじゃ彦星と織姫は120%会えないよね。

「コーヒーをお取替えしましょうか」。
首を縦に振って顔を上げると、頬杖をついて私をのぞきこんでいる彼。
シティホテルのカードキーを見せ、大きな紙袋を指さした。そこに入っているのは彼の部屋に預けておいた私の着替えで、念のためとドライヤーまで入っている。
「その服はホテルでクリーニングに出して、仕上がったら僕が取りに行くよ。打ち合わせのついでだからね。」 打ち合わせ?新しい仕事のミーティング?何、何?

一年後の素晴らしく晴れた日、私たちはそのホテルで結婚式をあげた。合同プロジェクトは成功し、今は別々のチームに属している。時間がうまく合えば行きつけの店で飲んで食べて、相も変わらず混んだ各駅停車に乗る。窓ガラスに映る亭主となったオトコの顔を伺って、あれっ、あくびしてネクタイを緩めながら何か言ってるなあ。
「アイシテル、アイシテル、アイシテル・・・」

次の乗り換え駅では走らずに、ちゃんと手を引いてね。クシャクシャッと笑った私のお腹には、愛の結晶がすくすくと育っている。

--------------------------

毎年7月7日に書いている小さなラブストーリーが9回目となりました。ということはこのブログも長く続いてきたんですね。お読みくださっている皆様に大感謝!です。くれぐれもですが小説は実体験ではなく、想像力の産物です。

その一方、これまでの切ない思い出をオムニバスにして、『赤いやねの家』のタイトルで、引っ越しをテーマにした小説を出す予定でおります。家族、恋人、友だち、ペット等々、住んでいた家、無くなってしまった家にまつわるエピソード。心の整理をしながら、これから執筆活動に入りますね!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

数日間続いていた晴天がちょっとお休み。フェイスブックに上がる友人たちの画像もトーンダウン気味で、午後からの太陽を待っているらしい。

カレンダーを見て今日は「こどもの日」だと気付き、鯉のぼりを探しにベランダに出てみた。🎵いらかの波と雲の波🎵は歌詞通りだけれど、🎵高く泳ぐや鯉のぼり🎵は全く見当たらない。そういえば旗日に日の丸を掲げる家を見かけなくなり、眼下の景色は時代の変遷そのものだ。

DSC_2961

「兄と読む一つ絵本や端午の日」 高田風人子

日本大歳時記の「端午」に出てくる俳句の中でいちばん好きな句。一人っ子の私は絵本も玩具も独り占めできたが、男の子を祝う節句には縁がなかった。風にたなびくカラフルな鯉の数は子だくさんの象徴。騒々しく喧嘩しては親に叱られる兄弟のいる家庭が羨ましくて、これまで書いた歌詞の一人称は「わたし」ではなく「ぼく」にすることが多かった。紀貫之が「男もすなる日記といふものを女もしてみむとするなり」と綴った「土佐日記」の逆パターンである。

男の子のセンチメンタルな心情を勝手に解釈して書いた歌。NHK東京児童合唱団のコンサート用に作詞した「ぼくの子どもが生まれたときに」は、大家族への憧れを明治時代からの時系列で詰め込んだ。菜の花畑や蛍の飛ぶ川が近くにあり、ひいおじいちゃんが一緒に暮らしている家庭は今の日本にどれくらいあるのだろうか。お父さんとお風呂屋さんに行って、近所のおじさんが背中を洗ってくれる日常は映画の中だけだろうか。

心が通じる誰かと一緒に、無くした風景を探しに田舎へ行きたいな。窓を開けて「草いきれ」の香りを浴びる列車も今はどこに行けば乗れるやら。子どものころに乗った寝台列車の朝が無性に懐かしくなった。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

秋から続いたマンションの大規模修繕が終わりに近づき、鉄格子の檻みたいだった足場が片づけられた。開放的で真っ白になったベランダが嬉しいのは私だけでなく、縄張りを広げられる与六も狩猟本能復活。日の出前から鳴き始めた鳥たちを目で追って、「カカカカッ」と猫特有の威嚇をしている。

DSC_2868

DSC_2864

DSC_2873

ツツジが咲いて新緑が眩しく、もうすぐゴールデンウィーク。去年より冷え込む日が多かったせいか、やっと今ごろ季節がリニューアルしたような感覚だ。悶え苦しんだ締め切りもあと幾らかの手直しで完成を見るので、連休中は積み上がった資料の整理や大掃除に勤しむ予定である。

IMG_1138

詰め込み過ぎた本棚がすっきりしたら真っ先に入れたいのは、出版社から届いた音楽の教科書。小学校3年生と4年生、2学年に私の作詞した曲を載せて貰えたのは最高のプレゼントで、ページを開くと記憶の彼方から新学期の匂いがしてくる。

DSC_2891

DSC_2888

今の小学生はどんな歌を習うのか見てみると、目次の最初に載っているのは文科省が定めた共通教材で、小学校3年が「春の小川」「茶つみ」「うさぎ」「ふじ山」。小学校4年が「まきばの朝」「とんび」「もみじ」「さくらさくら」。古くから歌い継がれ、これからも歌い継いでいきたい歌として「こころのうた」という標題が付いている。ちなみに「春の小川」の解説文は「この歌は、100年ぐらい前につくられました。春の日ざしをあびてながれる小川の様子がうたわれています。わたしたちも身近な自然を大切にして、いつまでものこしていきたいですね。」と、自然環境保護のメッセージだ。

都会の子どもたちは近くに小川なんてないだろうし、岸のすみれやれんげの花も見たことがないだろう。でも子どものときに歌で想像力を膨らませて疑似体験しておけば、大人になって偶然その風景に出合ったとき、初めて見たとは思えないデジャヴみたいな感覚で喜びが溢れてくるものだ。懐かしさには五感が伴い、記憶した年齢が幼ければ幼いほど刻まれ方は深い。色は鮮やかで、匂いも音も触感も頭ではなく心にくっきり残っている。

私の書いた子どもの歌も100年後に歌われていたら嬉しいなあと願いながら、未来のその時には🎵電車の窓から見える赤いやねは・・🎵の電車すら無くなっているかもしれない。壊さなくとも修理すればいつまでも使っていけるものが発明されたらいいのにと、のび太くんの心境。命に限りある人間たちが、それを使い継いでいけたらどんなに良いだろう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ