文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

カテゴリ: 湘南・逗子・鎌倉

桜が散ってツツジが咲いたとたん、逗子には夏がやってくる。葉山マリーナのメンバーに入れてもらったペーペーのヨット乗りとしては、デッキシューズと日焼け止めのお世話になるシーズンの到来だ。

前日の曇天から一変して、青空が眩しい日曜日。早起きして作った料理を保冷バッグに詰め、京急バスでマリーナへと向かった。今回乗り込んだクルーは13名。もやいを外し、フェンダーをデッキに跳ね上げて、船が堤防の外に出ていく頃にはそれぞれのポジションについている。

どこでメインセールを上げようかと悩むほど、周囲はヨットとディンギーでいっぱい。微風だけれど、レースも行われていて、所狭し(?)な海である。

sea

yacht2

ヨットパーカーの上にライフジャケットを着ると、だんだん汗ばむほどの陽気。

yacht

キャビンの後方、コックピットも賑やかに打ち解けはじめている。

yacht1

あまりにも風が弱いので、フォアステイの外にジェネカーと呼ばれる大きな帆を張った。広げるのも畳むのも、人数を要する共同作業。意地でもエンジン機走をしないキャプテンの心意気が風を捕まえたのだろう。スピードが1.7ノットから7.5ノットまで上がると、速い速い。風の音、波を切る音だけしか聞こえないセイリングの醍醐味に感激する。

yacht3

江の島の裏側へ回り、洞窟の弁天様にごあいさつ。葉山マリーナのポンツーンで宴会をするために、お昼すぎには戻ることにした。

目をこらすと、渋滞した134号線をノロノロと動く車の列。片瀬海岸、七里ガ浜、稲村ケ崎、由比ガ浜、材木座海岸、逗子海岸。自分の引っ越しのルートを辿るみたいなセイリングだ。小学生のころから船に乗っている私は、何度も見ている沿岸の光景だけれど、そのつど湘南に住んでいて良かったと実感する生き生きとした景色なのだ。

yacht4

青春に年齢制限がないなら、相模湾から一生離れたくないな。逗子が終の棲家になるだろうと確信しながら、今年の夏は思いっきり海を楽しもうと思っている。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

治ったと思った喉の痛みがぶり返して、昨日から声が出ない。熱は大したことなくても、今年の風邪は細くしつこく続くようだ。雨が上がって小春日和の日曜だけれど、外出はあきらめてベランダからの景色を眺めている。

11月20日、のどかな昼下がり。住宅街の向こうに見える山々は少しだけ色づき始めた。

20161120_1

20161120


逗子、鎌倉の紅葉はいつも12月に入ってからで、上の写真と同じ場所から撮った写真も、去年の12月9日だと山がオレンジ色になっている。あと2週間後の楽しみ。

DSC_0073

去年の今を思い起こせば、お酒を飲みすぎて死ぬほど怖い夢を見たことから、意を決して断酒を始めた頃である。忘年会・新年会でアルコールは一滴も口を付けず、自宅でも晩酌禁止、そば茶をガブガブ飲む毎日を修行僧のように続けた。

あれから1年。血圧、コレステロール値、尿酸値は正常範囲だし、BMI 18.6となった適正体重もキープしている。人間関係は、酒つながりでしか縁のない人たちは遠のき、冷静な頭と心で判断して、本当に大事な仲間だけが残った。仕事は新しい分野を開拓して、徐々にシフトしていく環境を整えている最中だ。

逗子に引っ越してきて、そろそろ11年が経とうとしている。しつこく引いている風邪に飽きてきたように、長引きすぎた一人暮らしにも飽きてきたようだ。7歳になる猫以外にもパートナーを作ろうかと、人間の男性にも興味を寄せることを始めた。

枯れる前に、命の炎を燃やすように色づくのが紅葉。私の第二の人生も、また鮮やかに色づくときが来るのかな。年の瀬が近いのに、スタート地点に立ったような新鮮さが、去年とは大いに違うところである。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

上着がないと寒くなって、日一日と秋が深まっていく。このまま一気に年の瀬に突入しそうで、時間を無駄にしてはいけないと焦りが湧いてくる。

かと言って何をすれば良いのか分からず、あれこれ手を付ければ、中途半端にとっ散らかるばかり。一気呵成に片付ける集中力と根気がなくなったのは加齢のせいだろうか。

昨日は都内で飲食店を営んでいる友人が、小坪まで魚の仕入れにやってきた。天候不順で不漁が続き、築地市場では価格が高騰しているという。

浜仲買商の店へご案内して、買い付けたのは伊勢海老。箱から飛び出して逃亡をはかろうとする元気な海老たちに大笑い。大人しくフリーズする掴み方など教えてもらい、生きているものをありがたく戴く贅沢を間近に感じた。

image

魚だけじゃなく、近頃は露地栽培の野菜も高騰して、レタスなんて気軽に買えない値段になった。夏には外側の硬い部分は棄てていたのに、今はスカスカの巻きの一枚一枚を余すところなく使っている。

食材は消費者のニーズに応えて、当たり前に供給されると信じきっていた意識は傲慢だったのかもしれない。

土を耕して作る人、網を投げて捕る人、少しでも早く新鮮にと流通させる人。一気呵成なんかじゃなく、みんな技量を伸ばし積み重ねて今がある。スーパーの陳列棚を見ているだけでは分からない努力のおかげで、私たちの命も継続しているのだと思った。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

ぽっかり時間があくと、電車に乗ってふらりと行きたい場所がある。JR横須賀駅と京急汐入駅のあいだにあるヴェルニー公園だ。年に2回、薔薇が咲き誇る季節に友人たちとカメラを持って出かけるのも楽しいが、初秋の切なさを味わいに、一人で歩くのもまた趣がある。

秋雨前線が停滞している9月の連休初日。風がなく蒸し暑い夕方にも関わらず、潮の香りが漂うボードウォークでは様々な人たちがすれ違う。
ショッピングセンターの袋を下げて駅に向かう家族連れ。いつもの散歩コースで立ち話をする愛犬家たち。黙々とジョギングに励む年配のランナー。手をつないで夜のデートに向かうカップル。夏の終わりと共にみんな言葉少なげに思えて、静かな静かな夕暮れだ。

自衛艦から君が代のラッパが聴こえ、艦首の旗を降ろす時刻。足を止めて、横須賀港の対岸にカメラを向けるのは、もう何十回目だろうか。いつもここでは空を大きく、雲を沢山入れて撮るのが私なりのアングルだ。

yokosuka

ベンチに座って文庫本を読んでいた老人が、フアーッとあくびをして横のステッキを手に取った。家には誰が待っているのかなと、「隣は何をする人ぞ」の松尾芭蕉みたいな気分になる。海面からはボラがポチャンと撥ねる音がして、人も魚も夕食の時間がきたようだ。

ショッピングセンターで簡単な買い物をして、またボードウォークに戻ってきたらすっかり空はダークブルー。人の数はグッと減っている。さっき写真を撮ったのと同じ場所でカメラを構え、ふと思い立ってアングルを変えてみた。今度は空よりも、街の灯りがキラキラと映っている水辺を大きく撮ってみた。

yokosuka2

こんなことをしているうちに、今年はあと3カ月半でおしまいになる。冷たい頬を埋めるマフラーが恋しくなるころ、肩を寄せる誰かが隣にいてくれたら嬉しいな。小さな祈りをコインのように水に投げて、今日は人懐っこい友人たちが迎えてくれる逗子へと帰ろう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

昨夜は鎌倉の花火大会だった。Facebookはずっと見ていないので、情報を得たのは横須賀線の中。都内からの帰り、浴衣を着た若い子が目立つと思ったら、みんな一斉に鎌倉で降りていく。喧騒が去った車内で、隣のお年寄りが呆れて呟いた。「今の子たちって、浴衣が似合わないわねぇ。」

理由は聞かずとも分かった。どこで買ったのかコスプレみたいなペラペラの浴衣を着て、前をはだけている男の子。足を組んで座り、パカッと割れた前身ごろから太ももを露わにしている女の子。飲んでいたペットボトルを床に転がし、何食わぬ顔をしてスマホでバカ話。ホームに広がり、牛のスピードで歩く浴衣族が危険なので、電車はしばらく発車できないほどだった。

古き良き時代の湘南を綴った随筆「湘南雑記」(著者:本田一尋)に、「鎌倉駅と鎌倉族」という章がある。昭和20年代の国鉄(JR)がどれほど混雑していたか、面白いので引用してみる。
「通勤列車が到着すると、その駅の駅員は乗客を乗降口から押し込むのが仕事の一つになっていた。(中略)列車内はドアの開いた洗面トイレの中まで寿し詰めで、連結部分までも満員だった。そのため、どこの駅でも列車や電車が来れば、我先にと人を押しのけて入り口に殺到した。」

驚くのはここからで、鎌倉のことが描かれている。
「だが、鎌倉の乗客は、誰言うとなくホームの横須賀線の乗降場所に、二列に並んで電車の来るのを待っていた。電車が来てホームに止まると行儀よく順に乗り、後ろの人が先の人を電車に押し込んでいた。それでも乗れなかった人たちは次の電車の来るのを並んで待っていたのだ。」

マナーの身に付いた鎌倉の住民を、当時の人たちは「鎌倉族」と呼んでいたそうだ。きっと駅員が喉を枯らしてガナリ立てる必要もなく、淡々と時が流れていく古都らしいホームだったんだろう。

yoroku2

我が家からも雷のような大音響が聞こえた鎌倉の花火大会。怖がってベッドの下で震えていた与六は、今日はやっと落ち着いて窓の外を眺めている。

朝から降り続く雨で、鳥の鳴き声ひとつしない静かな7月。たぶん今ごろ鎌倉では、砂浜に散らばったゴミを拾い集めているボランティアの人たちがいるんだろうな。

集まって飲んで騒ぐ夏も楽しいけれど、近ごろは静かな夏が好きになった。湘南の逗子・鎌倉も昔ながらの避暑地に戻って欲しいものである。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ