文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

カテゴリ: コミュニティ・異業種交流

何とか雨を免れた昨夜は、新宿の河田町にある小笠原伯爵邸を貸しきっての「魅惑のスペインナイト」と題する納涼パーティー。ここは昭和初期に小笠原家第30代当主・小笠原長幹伯爵が芸術の粋を結集して建てたスパニッシュ洋式の館で、修復後の今はレストランやパーティースペースとして利用されている。

タクシーを玄関に横付けすると、タキシードのスタッフがうやうやしいお出迎え。玄関左側の化粧室からして華麗な内装に驚かされる。ドレスコードが「スペインをイメージした服装」だったのに、逗子の海のイメージで来てしまったことを後悔した。とはいえ私は主催者側なので、ゲストのご案内係に徹するのみである。

小笠原伯爵邸玄関小笠原伯爵邸ロビー化粧室


ゲストの紹介が終わってシャンパンで乾杯すると、メインダイニングに面している庭園に移動。白いバラの生垣、ガーデンテント、大鍋でパエリアを作るシェフ、トレイにワイングラスを載せて行き交う給仕たち・・、まるで「華麗なるギャツビー」のパーティーに紛れ込んだような錯覚を覚えた。

食事はコース料理でもブッフェスタイルでもなく、雑談しているゲストの輪へ、給仕たちがトレイを持って近づいてくる。一口サイズのオードブルに取りやすいよう串を刺したものを「いかがですか?」と差し出されると、次々にいったい何本食べたことか、「わんこそば」ならぬ「わんこオードブル」のようにお腹が満たされる。

小笠原伯爵邸2メインダイニングガーデンテント


夜8時を回ると、シェリー酒を飲みながらパティオへ。お待ちかねフラメンコのアトラクションが始まった。昔からフラメンコギターを聴くと血が騒ぐのが私の癖。気分が高揚して身体でリズムを取っていると、赤いドレスのダンサーが手招きする。こうなりゃ酔った勢いだ。向かい合い、スカートを振りながら一曲踊ると、なんと恥ずかしいことか、みんなが取り囲んで拍手をくれるではないか。
肩をすくめてダイニングに戻ると「いやー、良かったよ」と日本酒攻撃、ワイン攻撃。お客様をもてなす側が、大酔っ払いの元気なおネエさんになってしまったのは後悔しきりであった。

フラメンコ1フラメンコ2フラメンコ3


それにしても今週は毎夜飲むのが忙しく、日曜日まで続く。ダイエット計画が先送りになることよりも、イケイケハイドが今夜は何をやらかすかと不安になるA型ジキルである。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

華やいだ年頃が過ぎるとパーティーに呼ばれるのがだんだん億劫になる。昨夜はウェスティン東京でクリスマスパーティーがあり、久々にドレスアップして出かけた。寝て起きたままのパジャマ姿で仕事するのが日課の物書きには「あなた誰?」と言われそうな変身だ。

バカラのシャンデリアと樹木のイルミネーションが眩しい恵比寿ガーデンプレイス、どこを見てもカップルだらけ。写真を撮る気にもならず、ホテルの地下1階に直行する。

会場に入って案内されたのは、1人参加者が集う丸テーブル。こりゃ飲んで食べるしかないなと元を取るモードに入っている。最初のアトラクション、バリトン歌手のミニコンサートでもテーブルの話題は「秋刀魚は刺身で食べられるか」で盛り上がり、秋刀魚の新鮮さについて議論が沸騰する。当然ながら周りからシーッ!と叱られた。

クリスマスパーティー

充分アルコールに満たされた頃、次のアトラクションは「じゃんけん」大会。電動自転車、バカラのグラス、空気清浄機、ホテルの宿泊券など、パーティーの参加者全員がプレゼント提供者と向かい合ってじゃんけんし、最後まで残った1人が賞品をゲットできる。

「最初はグー!じゃんけんぽん!」
あいこは負けというルールなので、1回戦で残る確立は1/3。勝負運がいいのか、私はここまでは勝つことが多い。しかし問題は2回戦だ。
今出したパーに縁起を感じてもう一回出すべきか、それとも相手の性格を読み取って新たな手を打つべきか。一か八かでもう一度パーを出すと、あー負けちゃった・・。
その後プレゼンターを観察していると、彼はなんとグー・チョキ・パーを交互に出し続けていることが判明した。

周りのテーブルではワーッと歓声が上がっているのに対し、「もう飽きた」の声が出始めた我らがテーブル。豪華な賞品は出払い、20人分用意されているというプレゼントが最後となった。
私たちは3名が残って、やっとのことで勝利の笑顔を向け合う。そしてゲットしたのはクッキーを1袋。「やったー!」と戦利品を掲げ、重たい品物が当たらずに良かったと、負け惜しみを言いながら帰途についたシングルベラーズであった。

賞品のクッキー
    このエントリーをはてなブックマークに追加

半年以上放置したままのSNSからメッセージが届いた。友達リストへの追加を希望しているという会員からだ。

「はじめまして^^v
外科医をしています「ヨシキ」といいます。
プロフィール他拝見させて頂いてとても魅力的に感じ、あなただけとはどうしても知り合いになりたくなってしまいました^^
ぜひ、メル友からで良いので友達になって頂けませんか?
私のアドレスは、
XXXXX@XXXXXXXXです^^
楽しみに待ってますからお願いしますね! 」

良樹という本人のプロフィールを見に行くとますます怪しい。
自己紹介の写真はシルバーのメルセデス。大学病院の外科医をしていて、1人暮らしの家にはゴールデンリトリバー3匹とトイプードルが2匹。
少し年の離れた弟は芸能活動をしていて、最近ではドラマ「ルーキーズ」に出演。

メッセージの締めくくりは、
「今まで仕事ばかりでお金を使う時間が全くなく貯まるいっぽうだったのでこれからは趣味やレジャーに費やしていきたいと思ってる今日この頃…
freemlで素敵な出会いがある事をちょっぴり期待しているドクターYでした
気軽にメッセージください 」

試しに『良樹 外科医』でGoogle検索してみたら第1位、第2位でヒット。先月末から掲示板まで立っていて、被害者たちがコメントを連ねている。
分かったことは、
・mixi、Ameba、freeml・・あちこちのSNSからプチメを送っているらしい。
・お金を取られた人がいる。
・IT社長のKAZUMAという名でも同様のメールが送られてくる。

短期間で大量にばら撒いているのを見ると、たぶん返信してきた携帯のメアドを集めるのが目的なのだろう。出会い系の勧誘スパムが不調なので、新たな手段を考えたのかもしれない。
面白いのでPCの捨てメアドを送っておいたが、今のところ反応なし。

freemlでヨシキの友達登録をした人は139名。見ればほとんど女性ばかりで、友達の数が1〜2名という人が多い。裏を返せば、独身でお金持ちの外科医とあわよくば・・と夢見た人が晒されているということか。
愉快犯ならまだしも、犯罪に結びつくことのないよう、SNSの管理会社は監視の目を光らせて欲しいものだ。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

前日の大雨はどこへやらで土曜日は朝から快晴。さっそく友人にメールを送った。
「私たちの行いの良さを反映したお天気ですね。今日は午後1時を目指して来て下さい」。
逗子・葉山に住む友人たちを集めて、今年初めてのバーベキューパーティーだ。
クリエーター、レストランバーのオーナー、オカマバーのママ、韓国財閥の令嬢、会社社長・・、バラエティに富んだ職業の面々が顔を揃えた。

食材は小坪の魚市場「谷亀」で選んだ魚介類、葉山「旭屋牛肉店」のステーキ、石釜焼ピザ「自遊人処」のオーナーご自慢のチョリソ、バー「海音」のオーナーお手製の燻製など各自の持ち寄り。アルコールも持ち寄りでビール、シャンパン、赤白ワイン、日本酒、焼酎と、お店が開けそうなほどにテーブルに並ぶ。

シャンパンで乾杯

逗子の気温19度。初夏のような日差しが降り注ぐテラスで、団扇片手の焼き係は男性にお任せしよう。
WeberのBBQグリルをセットして炭を起こし、豪快にアワビの残酷焼からスタートした。殻から逃げ出しそうなほどに悶えるアワビを、クリエーターのK氏の歌付きで動画に収める。



ミディアムレアな身を殻から外して熱々をカット。見た目もゴージャスに備前焼の器に盛れば、まだ手を付けるなよ〜!と暗黙の了解。各自デジカメを取り出して撮影大会が始まる。

BBQ_あわびあわび盛り付け


サザエの味付けは贅沢に、「海の精」の『杉樽仕込み・生しぼり醤油』と、日本酒のロマネコンティと言われる「朝日酒造」の『洗心』で。
ステーキはもっと贅沢に、逗子で知る人ぞ知る美女・ケメ子の手を借りてカットする。

BBQ_サザエとアスパラ愛のステーキカットBBQ_ステーキ

BBQ_チョリソ宴会真っ最中どんどん増えるゲスト


BBQは午後4時で終了予定だったのが、あまりに心地よい夕暮れだったので6時まで延長。
ゾロゾロと歩いて「自遊人処」へ移動してピザとワインをたらふく胃袋に入れたあと、「ケメ子」に移動してカラオケ、「海音」に移動して自家製の生ビール&燻製・・と、全員が記憶を失くすまで会は続いた。

それにしてもBBQのスタート時は3人だったのが何時の間にか10人になり、ピザ屋では14人、オカマバーでは15人。ひと声かければこの人数の集まり方が、さすが湘南らしい(っていうか末恐ろしい・・)。

明けて日曜日は携帯で連絡を取り合って全員の無事を確かめたが、聞こえてくるのは揃ってガラガラ声。
二日酔いで死んでます〜と言いながらもちろん、「次はいつ?」の相談に発展したのは言うまでもない。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

松下電器産業から「National(ナショナル)」のブランド名が消えるという。グローバル戦略としては致し方ないのだろうが、ますます昭和の良き時代が遠ざかる悲しい気持ちになる。

物心ついたときからテレビも洗濯機も冷蔵庫も、私の周りの家電はナショナル製品だらけだった。ステレオならビクター、車なら日産が日本一だと、父は信頼を置いていた。

愛媛の田舎に居た頃から新し物好きだった父は、東京に出てきて就いた職が日産のセールスマン。お客様の前でまず自分が手本になるんだと、当時の流行車を乗り回していた。

写真はダットサン・ブルーバードの愛好家が集まったドライビングクラブで、休日のたびに景勝地に向けてツーリングしていた。
初代ブルーバードのキャッチコピーは「幸せを運ぶ青い鳥」。1963年には日産の勢力を挙げてサファリラリーに参戦したそうだが、完走には至らなかったらしい。

ダットサン・ブルーバードブルーバード・ドライブ会員


古いアルバムから見つけた写真の下には、母の文字で「伊香保・榛名湖方面」と書かれている。
エンジンは「水冷 直列4気筒」。上りの山道が続いたのだろうか、全員がボンネットを開けて一休み。当然クーラーはなく、首に手ぬぐいを巻いた父が煙草を吸っている。
私も写ってはいるが、まだ幼くて景色は殆ど見えず、瞼に浮かぶ残像は座席のシートのみだ。当時は舗装されていない道が多く、ガタガタ揺れる中でお菓子を食べては、道端にゲーゲーと吐いた苦しい記憶もある。

あれから何十年。充分すぎるくらい大人になった私は、Mini Cooper Sを愛車として、mixiの「ミニミニ大作戦」というコミュニティに入っている。
まだイベントには参加したことはないけれど、昔のブルーバードが列をなして走ったように、ミニ集団が山道をツーリングする光景は可愛いだろうな。

その時には古いアルバムに残った最後の白いページに、ミニが並んだ写真を貼ろう。
National時代のツーリング改め、Panasonic時代のツーリングと添え書きをして。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ