文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

カテゴリ: 企業・経営・仕事

東京はソメイヨシノが満開になったらしいが、今年はまだ近所の桜さえ見ていない。書斎の窓が明るくなったのを感じ取って、朝7時にベッドに入る昼夜逆転の生活。友人からゴールデンウィーク恒例となったBBQのお誘いが来たけれど、参加できない確率の方が高い。

毎日チェックしている占いのページに、まるで今の私に向けたようなアドバイスが載っていた。
「厄介な事を頼まれることが続き、苦労をします。議論をするよりも実際に行動すれば、成果があります。」

もがき苦しんでいる原稿書きの傍ら、何かと頼まれごとが多くて困っていた矢先のお告げである。「申しわけないのですが、今は多忙のため・・・」とメールを書き始めて、ふと指が止まった。先延ばしの言い訳を考えている間に、さっさと片付けた方が早いからだ。かくして電源を入れっぱなしのパソコンは、WORDの裏にIllustratorを立ち上げて、原稿を書きつつお絵描きもするという二足の草鞋状態になる。

こんなに働いてるのに、ちっとも儲からないのはなぜ?
『10年後、君に仕事はあるのか?』(著:藤原和博 ダイヤモンド社)という本を読んで、目が点になったページがあった。「1時間あたりに生み出す付加価値」として、職業による時給が計算された表が載っている。なんと日本人の時給には100倍もの差があるのだ。

高校生がコンビニのバイトで稼ぐ時給が800円前後。プログラマなどIT系(非常勤)が2,000円。サラリーマン、公務員が3,000〜5,000円。専門家が10,000〜30,000円。マッキンゼーなど世界レベルのコンサルタントが80,000円だという。

時給の高さに関連しているのは「技術」と「熟練度」。もっと大きな鍵を握るのは「希少性」。需要が大きくて供給が少ない、「君じゃなきゃダメなんだ」という仕事こそ、労働市場の中で価値がある仕事らしい。

だとすれば、あながち私は間違った方向に行っていないはずだが、儲からないのは効率が悪いせい? いや、スタートが遅すぎたせい?

それでも手に職があるだけ良かったなあと思いながら、本音を言えば今からだって永久就職したいこの頃。とりあえずは健康と美容とファッションだけは面接合格ラインを保っていようと、「君じゃなきゃダメなんだ」のオファーに備えている。

flower

    このエントリーをはてなブックマークに追加

夏が始まりかけた7月10日、逗子の立飲み屋「三遊亭」で一日店長を体験した。その日は大雨警報が出たにも関わらず、沢山のお客様に来店して戴き、客商売の楽しさ・厳しさについて身をもって学んだ。
しかし閉店後に片づけを終えたのが午前4時で、タクシーも拾えない辛い朝を迎えたことから、もうこれっきりにしようと決心していたはずだった・・・のが、なんと第2回目が巡って来たのである。

昨日までの雨が上がって心地よく晴れた11月27日、しかも金曜日のYURIKO DAYとなれば緊張度は高い。メニューは全て自宅で用意していこうと、朝10時からキッチンに立った。「クラムチャウダー」、「ジャーマンポテト」、「大根葉炒めのせ豆腐」、「細切りネギとチャーシュー」、「粒ほたて炊き込みごはん」・・・等々のメニュー10品を作り終えて、午後3時に店に到着。お客様を迎える支度を整えて午後4時に提灯のあかりをつけた。

いつもブログを読んでくださっているという初対面のお客様(ありがとうございます!)を皮切りに、常連客が立て続けに訪れて、ピーク時の注文には「忘れちゃうから、いっぺんに言わないでください!」と叫んでしまう事態も。皆さん気前よくお金を使って下さり、売り切れのメニューも次々に出た。サーバーからグラスに生ビールを注ぐのは4カ月半ぶりだったけれど、コツを取り戻せたのは常連客のご指導の賜物である。

12274260_730917037040692_4614647506940640966_n

今回は午前1時半に終了し、片付けも30分でチャッチャッと。店の鍵を閉めてシャッターを下ろした時、疲労感よりも安堵感の方が勝っていたのは意外だった。「次回のYURIKO DAYは12月?」と何人かに聞かれたけれど、3回目のチャレンジは一段と寒さが厳しそうな冬を越してからにしたいと思っている。あっという間に売り切れてしまった「チーズの味噌ペッパー漬け」と「アオサ入りだし巻き卵」は倍の量を作って臨むことにしよう。

もう既に始まっている忘年会シーズン。これからはお客様としていろんな飲食店に行く立場だ。中の人の気持ちを推量できるわきまえ方が身についたのは、最高の勉強であった。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

逗子市に大雨警報が出た水曜日、私は生まれて初めての飲食業を体験した。たった一人で飲み物・食べ物を振る舞う一日店長にチャレンジしたのである。1か月前にマスターと冗談で会話しているうちに日にちが決まり、名前をカレンダーに書きこまれ、噂が広まるうちに逃げられなくなった。

逗子なぎさ通りにある「三遊亭」は8年ほど前、大手電気店にいた社員が脱サラして始めた、広さ3坪の立飲み屋。社長・サラリーマン・自由業・フリーター・年金生活者など、立場の違うみんなが顔馴染みとなって対等に言い合い、毎日のように集う場として有名だ。混みあう日はラッシュアワーの電車みたいで、カウンターとのグラスの遣り取りも客づてに行う。

DSC_3333

前日の7日に食材を買い込んで、Illustratorでメニュー表を作成。8日は朝9時から野菜や肉を切ったり炒めたりの仕込みを始め、電気釜で「ほたてご飯」を炊いてお握りにし、何とかお昼過ぎに10品の用意が整った。持ち込む調味料や鍋等をあれこれ準備しているうちに、店に入る約束の時間がくる。

生ビールの入れ方、焼酎やリキュールの分量の計り方、コンロの使い方、ゴミの出し方・・、マスターに教わっているうちに午後4時の開店時刻。暖簾の外は雨足が強まり、これじゃ来客は見込めないとホッしたような、ガッカリしたような気持ちになる。しかし元気な常連たちが顔を出し始めると、「生ビール!」の注文攻撃が開始だ。初めてのビアサーバーは第一の難関。グラスを傾けて静かにビールを注いだら、レバーを切り替えて泡をこんもりと乗せるテクニックは、実践しながら慣れるしかない。

料理の注文が入りお皿を用意しているうちに、次のお客から「コーヒー酎!」「トリスウィスキーのソーダ割り!」と声がかかり、これは幾らだったっけ?とお釣りの計算。誰が何を注文したのか順番を思い出しながら、狭いキッチンのまな板や洗い桶は物でいっぱいになっていく。手が4本欲しいとマジに思う忙しさである。

通勤帰りの人たちが逗子に着く頃は、道路に川が出来るほどの土砂降り。それでも律儀に顔を出してくれる友人たちに感謝しながら、夜は更けていった。そこにまさかのゴジコ女史が登場。「お皿をちょうだい」と言われて数枚渡すと、家で作ってきたという煮物を盛りつけ、お客たちに配り始めた。「美味しいでしょ。私は料理が得意なんだから」と、食べない人には無理やり箸で餌付けしている。この様子を見て、客でいるときには分からなかった店側の事情に初めて気が付いた。

飲食店に食べ物を持ち込むことは好意と言えず、どれほどの迷惑になっているか。一品100円の料理をせっせと出しながら日銭を稼ぐ商売なのに、持ち込みの品でお客の胃袋をいっぱいにさせてしまうのは営業妨害に他ならない。私も今まで似たようなことをしていたなと猛反省。お土産は個人的にこっそりと渡す。沢山飲んで沢山食べて、でなければちょくちょく顔を出して、お金を使ってあげることが小さな店への礼儀なのだ。

深夜になって軒下の提灯を消し、「いちげんさん」のお客の人生相談に乗っているうちに、タクシーも呼べない時間となった。眠気を我慢しながら店内を片付けて売り上げを計算し、何とか終了したのは午前4時近く。外はまだ雨がしつこく降っている。立ちっぱなしだったので腰が吊りそうな(?)ほど痛くなったけれど、戸に鍵を閉めてシャッターを下ろす音を聞くのは、たぶん職業的快感である。

帰宅して明け方のベッドに潜り込んだら、1分もしないうちに爆睡。これこそ幸せな眠りだ。人の本質を沢山見せて戴き、ごちそうさまとありがとうを戴き、しかも儲けまで貰えるとは、客商売の職業体験がこんなに人生にプラスになるとは思わなかった。マスターは「みんな一回やったら病み付きになるんだよ」と言っていたけれど、次はいつになるかなあ。秋の食材が出そろった頃に、もちろん晴れた日に、もう少し要領よく開店できたらいいなと思っている。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

映画三昧しようと思うお正月に向けて、光TVのチューナーを交換した。シングルチューナーモデルのPM700からトリプルチューナーモデルのAM900へ。今まで視聴中は裏録が出来なかったのが、1チャンネル視聴+2チャンネル同時裏録画が可能で、しかも月々のレンタル料はこれまでと同じ値段なのである。

しかし手放しで喜べないのは新しいモデルが出たことをどうして教えてくれなかったのかということ。光TVのサイトは新規導入ガイドからしか対応チューナーのページに行けず、一度契約してしまえば客からの問い合わせがない限り、何年も古いモデルをレンタルしっぱなしだ。

同じことはプロバイダのサービスにも言える。2年前に初めてのタブレットとしてNexus7を買ったとき、BIGLOBEの「LTEモバイルルータ(AtermMR01LN)+Nexus7」というプランを申し込んだ。端末を安く入手できるサービスとして、24か月間の月額費用に加え、アシストパックという月額加算量料を支払うのが条件である。しかしこれには縛りがあって満了月以外に解約した場合、LTEプランの解約料にプラスしてアシストパック加算分契約解除料も必要になるのだ。

ところがところが、BIGLOBEでは1年前に定期利用契約が廃止されていた。サービス開始日にかかわらず解約時に契約解除料金はかからず、アシストパック加算分契約解除料も払わなくて良くなったのである。これを知ったのは今年の秋。すぐにサポートに電話してプランを変更し、月額料金は3,016円から975円へと下がった。Nexus7の液晶が割れたので新しいタブレットを入手しようと思い、各社のプランを比較しているうちにBIGLOBEの規約変更のページを発見したのである。どうして顧客に知らせてくれなかったのだろう。

携帯電話会社も同様で、auの電話料が高いと悩んでいる友人に「カケホとデリラ」を教えてあげたところ、そんなサービス初めて知ったとビックリされた。故障してauショップに持って行った際にも料金が安くなる仕組みは教えてくれなかったというのである。

電話やネット回線の進化に伴い、対応機器やサービスが次々新しくなる。しかしどの事業者も新規顧客や乗り換え客の獲得に走るばかりで、既存の顧客満足をおろそかにしていないだろうか。知らないうちにプランの名称は変わり、ユーザビリティ(使い勝手)の悪いホームページからは欲しい情報に辿りつけず、サービスセンターに電話しても「ただいま大変混みあっております」と待たされ続ける。

顧客離れを防ぐのは他社との競争ではなく、パーソナルなオーダーメイド対応だということに気付いて欲しいものである。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

私の心臓には毛の生える土壌がない。勇気を振り絞って自分を売り込もうとしても相手が無反応だったとき、「あっ、今のは何でもないんです。ところで・・」と、話を摩り替えるビビり具合は、絶対に営業には向いていないことを自覚する。しかしその控えめさが功を得ることを何度も体験してきた。逗子の漁港町に住む田舎者が、日本の先進業界でトップに君臨する方々から興味を持って戴くという有り得ない恩恵に預かってきたのである。

例えばその1。投資プロジェクトを売り込みたい元彼から「俺のマネージャーをやってくれ」と頼まれ、著名企業のトップたちに接見して回っていたころ。会議後の宴席で酔っ払い活気付いて逗子をアピールした結果、「行ってみたいな。案内してくれるか?」と地魚グルメツアーの企画を仰せつかる。電車の切符の買い方すら分からないお偉方をたった3坪の立ち飲み屋にご案内したら大喜びされ、その後もツアーを重ねているうちに元彼は失職し、企業トップとは「ちゃん」で呼び合う慣れ具合になってしまった。それでも営業する度胸はないのでずっと飲み友達のままだが、困った時には必ず助けてくれるとの言葉を戴いている。社長も漁師もフリーターも公平に集う場所からスタートしたのだから、目線は同じ高さだ。

例えばその2。私は世界に120万人の会員を持つボランティア団体の会員に属している。マイクロソフトのビル・ゲイツは組織が掲げるポリオ撲滅運動に賛同し、毎年3億5千万ドルもの寄付を続けているほど大きな団体だ。その末端の1クラブに入会するとき先輩から言われたことは「3年を過ぎるまで営業活動をしてはいけない」「自我を捨て奉仕しなさい」だった。奉仕って何?と、意味など分かりようもない自分。例会場のホテルはクリスマスシーズンにはカップルが長蛇の列を作る有名スポットにあり、時には三ツ星レストランでの食事会になったりする。私なんて、私なんて・・「花子とアン」の女学校状態である。

そして今は入会してから8年目。WEB制作というデジタル系職業に基づき奉仕したことで会長賞を戴き、その上を行く東京都の下半分95クラブ・会員数5,000人をまとめる地区でIT関連の権限を任せて戴いている。来年にはこの上ない役職を戴くにあたりビビって辞退したところ、「貴女じゃなきゃ駄目なんです」とのお言葉を戴き、どう返答したら良いものか頭上にはハテナマークの雲が浮かんでいる状況だ。

例えばその3。付き合いのある企業がWEBサイトを作ろうとして、半世紀に渡り信頼のある取引先に依頼したところ、3,000万円もの費用を要求されたのである。検証のために何度も呼ばれた会議で不正当さを追求した結果、支払う金額はたった100万円になった。大手企業と名刺交換のとき鼻で笑われた末が、象とアリとの対決でこちらの勝利。私はちっぽけな会社経営者であり、本質はデジタルの1か0かを打ち込む技術者であり、おしゃれに振る舞えない逗子の田舎者。打ち合わせにはスーツで行かず、コットンのシャツとサンダルで参加する。クローゼットにはエルメスもグッチもマックスマーラも吊下がっているけれど、それを着ていくのが田舎者であり、私が目指すものではないと思っていた。ビシッと高いスーツで決めた大企業に対し、「ボロを着てても心は錦」をトライした好結果である。

3連休の最後、明日は友人たちから葉山のビーチでのBBQに呼ばれている。みんな何を着てくるのかなと思いつつ、どれだけ格好いい田舎者になれるかが勝負。仕事ダイエットで痩せて良かったとウエストが楽になったパンツを履いて、ラメのペディキュアをして、明日の晴天を楽しみにしている。集まる仲間たちの自然体なライフスタイルは、ビル・ゲイツに勝るとも劣らないと、逗子の田舎者を代表して宣言するとしよう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ