文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

カテゴリ: ひとりごと

前回にブログを書いてから10日が過ぎてしまった。いろんな締め切りが重なって、いつ寝たのか、いつ食べのか分からないまま、半泣きしながら何とか乗り切れて今がある。昨夜は16時間も爆睡した。

世間離れした浦島花子になるとデメリットは沢山ある反面、メリットとしては人間関係の再構築ができるようになる。執拗なまでにアクセスしてくる人もいれば、これまでの縁は何だったの?と思うほど、そっけなくなる人もいるから不思議だ。前者・後者とも私としては過去の人となり、事情を理解し、黙って見守ってくれた人だけが残った。

久しぶりにワインを飲んだ今夜。打ち明け話をした相手に、決算で予期せぬ額の税金を支払った話をしているうちに、涙がとめどなく溢れてしまった。昼夜を問わずこんなに働いているのに、利益が出ると根こそぎお役所に持っていかれるシステム。徹夜続きで身体中が痛いのに、心にまで釘を刺す税制があるからこそ、日本には(世界にも)ごく一部の金持ちしか存在しないのだろう。

この税制によって誰が利を得ているのか、今日お昼を食べつつ見た国会中継で無性に腹が立った。風前の灯とも言える政党で、ろれつの廻らない年配の議員が棒読みで質問書を読み上げている場面。それに対して用意していた返答をスラスラと読み上げる与党のキーマン。見る価値もない寸劇に国の放送局も加わって、コイツらに「血税」が使われているんだなと嘆かざるを得ない。どうせ官僚が書いた答弁だろうに、堂々と原稿を広げてやり取りするなんて、田舎芝居の大根役者にも芸が及ばないと思うのである。

テレビの電源を落として、またパソコンの前へ。締め切りが一段落したら、今月末にはもっと大きな締め切り。倒れそうになっても他に代わりがいるわけじゃなく、それどころか「最近、顔を見ないよね」から始まって、付き合いの悪い人という範疇に入れられる。

あー、愚痴ばかり書いてしまった(笑) でもたまには許して下さいね。
今日のブログは独り言で、王様の耳はロバの耳だ。

そしてあっという間に今年も6月。我が家の回りにはニョキニョキとアガパンサスが花茎を伸ばし始めた。「他人は時の花」だけど、植物は嘘を付かずに一途な生き方を見せてくれる。私の足元でゴロゴロしているニャンコもね。

IMG_1498

人生を切り替えるべき時は誰にでも必ず訪れる。今やらなきゃ変われない。それに気づいた人だけが残っていられるソドムの市は、たぶん目前に迫っている。崩壊がどんな形で現代に現れるか分からないけれど、一瞬に興じている人たちの仲間から外れて、遠くから眺めている現状をひたすら耐えようと思う。何者でもない人間で終わりたくないと、リスタートした今日が記念日だ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

早く咲けと花を急き立てるように降る雨を「催花雨」と呼ぶそうだ。一日降り続いた静かな雨のおかげで、ベランダのプランターに水をやらずに済んだ朝、眠い瞼をこすりつつ家を出た。相変わらず書斎ごもりが続いて、昼夜逆転している眼には、久々の空がまぶしい。

image

毎年ながら思うのは、お正月が終われば春のくるのが早いこと。一年の計が手付かずのうちに、すぐ夏が来て秋が来て、子どもの頃の4倍速ぐらいで時間が過ぎていく。

とはいえ終活をするにはまだ早いので、思いきって婚活を考えてみた。第二の人生も悪くない。
「まだ大丈夫かな?」と周りに聞けば、お世辞かどうかは別として、選り好みしなければイケるとの応援。どこに縁が転がってるかもしれないと思うと、お出かけの服選びにも気合いが入るというものだ。

でもねぇ、何だかねぇ。
都内へ向かう横須賀線の中、向かいのシートに座っている男性たちを眺めると、気が滅入る。
大股を開いて携帯で喋っている人。
息をするたびに鼻毛がチロチロ震える人。
ワイシャツのボタンがはち切れそうな脂肪を蓄えた人。
スマホをピコピコ鳴らしながらゲームに興じている人。
加齢臭だらけのステンカラーコートを着た人。

自分のことは三階の神棚に上げておいて、惚れたくなるような男性は見つからない。これを選り好みと言うんだなと苦笑いした。

そんな自分に対して、心の中に棲んでいる昔の私がささやく。
「好きになった人がタイプでしょ?」
「見た目じゃなくて中身でしょ?」

その通り! 過去の恋愛を振り返ると、ルックスに惹かれて付き合った人とはうまくいかず、ことごとく別れているのだ。曇った眼鏡を磨いて、人のハートを見なくちゃ。

幾つになろうが関係なく、新しいことを始めたくなる季節。私にも催花雨が降り注ぐ春である。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

逗子駅始発の湘南新宿ラインで、発車時刻を待っている。下校中の学生もまだ乗ってこない午後3時過ぎは、車両に私ひとりだけ。連結部の端っこの席をキープして、都内までの1時間は、ブログを書くのにちょうどいい時間だ。

image

鳥の声しか聞こえない静かな環境で暮らしていると、どんどん人混みが苦手になっていき、これから始まる忘年会シーズンを思うと気が重い。とりあえず日程だけ書き込んでおいたスケジュール帳を見ながら、どうやって参加しない理由を作ろうかと、考えを巡らせている。

いざ出かける段になると、旅行かと思うほどの重装備。手さげ鞄には仕事道具と化粧ポーチだけでなく、途中で災害に巻き込まれても耐えうるグッズがあれこれ入っている。

お茶、キャラメル、ミニタオル、ウェットティッシュ、絆創膏、胃薬、目薬。この季節の必需品であるマスクに至っては2〜3枚。電車内で隣の人が咳をしていたら、飛沫感染を恐れて、ウイルス防止の機能が優れたものに付け替える。

こんなことを書いているうちに、電車はいつの間にか発車して、隣の鎌倉駅からどっと観光客が乗り込んできた。

なんてことだ! 騒がしいおばちゃん3人組が私の向かいのシートに並び、ギャハハハと手を叩きながらバカ笑い。お煎餅は食べる、派手なくしゃみはする、鼻が曲がりそうな香水の臭いは漂わす・・・、う〜ん、この状況はお笑い番組のコントみたいである。

席を移ろうか、いっそのこと帰ろうか。
鞄をごそごそ掻き回してiPodを引っ張り出し、イヤホンを耳にねじ込んだ。ラブソングを大音量で聴きながら、向かいの席を睨み付け、今日も自らを生きにくい環境に追い込んでいるような。

仙人化していく自分を何とかしなきゃいけないな。袖すり合うも他生の縁、気は長く心は丸く腹立てず、思い付く限りの戒めを無言で唱えながら、眠くなってくるのを待っている。

血液型性格判断は嘘だと言うけれど、私は絶対に典型的なA型。このまま面倒くさい頑固老人に突入しないよう、自分に心理カウンセリングを施したいこの頃である。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

治ったと思った喉の痛みがぶり返して、昨日から声が出ない。熱は大したことなくても、今年の風邪は細くしつこく続くようだ。雨が上がって小春日和の日曜だけれど、外出はあきらめてベランダからの景色を眺めている。

11月20日、のどかな昼下がり。住宅街の向こうに見える山々は少しだけ色づき始めた。

20161120_1

20161120


逗子、鎌倉の紅葉はいつも12月に入ってからで、上の写真と同じ場所から撮った写真も、去年の12月9日だと山がオレンジ色になっている。あと2週間後の楽しみ。

DSC_0073

去年の今を思い起こせば、お酒を飲みすぎて死ぬほど怖い夢を見たことから、意を決して断酒を始めた頃である。忘年会・新年会でアルコールは一滴も口を付けず、自宅でも晩酌禁止、そば茶をガブガブ飲む毎日を修行僧のように続けた。

あれから1年。血圧、コレステロール値、尿酸値は正常範囲だし、BMI 18.6となった適正体重もキープしている。人間関係は、酒つながりでしか縁のない人たちは遠のき、冷静な頭と心で判断して、本当に大事な仲間だけが残った。仕事は新しい分野を開拓して、徐々にシフトしていく環境を整えている最中だ。

逗子に引っ越してきて、そろそろ11年が経とうとしている。しつこく引いている風邪に飽きてきたように、長引きすぎた一人暮らしにも飽きてきたようだ。7歳になる猫以外にもパートナーを作ろうかと、人間の男性にも興味を寄せることを始めた。

枯れる前に、命の炎を燃やすように色づくのが紅葉。私の第二の人生も、また鮮やかに色づくときが来るのかな。年の瀬が近いのに、スタート地点に立ったような新鮮さが、去年とは大いに違うところである。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

私は天皇誕生日の前日に生まれた。よって週の半ばであっても祝日前夜となり、時節がらクリスマス&恋人ムード一色となる。
パティスリーのホールケーキにはMerry Christmas!のデコレーション。フラワーショップには真っ赤なポインセチア。繁華街に輝くイルミネーションの前には自撮りするカップルたち。中学・高校・大学とミッションスクールに通ったのだから文句は言えないが、キリスト様の誕生日周辺は、いやもっと前、ハロウィンが終わった時からジングルベルが鳴り響く季節となるのである。そこには宗教なんて関係なく、欧米から伝わって来たロマンティックな習慣を飲んで騒いで愛を確かめ合って(?)、盛り上がるだけのスペシャルナイトだ。

世界的イベントを楽しむのは悪いことじゃない。でもそこに置いてけぼりにされる誰かが悲しい。これまで12月22日を当日に祝ってくれた人を思い出せば「・・・」。一人っ子だった私の親は仕事やプライベートが忙しく、愛をお金で済ませようとした。小学生のころ、友人たち数人が集まってくれた時もそう。サンタが乗ったクリスマスケーキが用意されているのに、電話予約されたアイスクリームケーキが届き、親代わりだったおばあちゃんは芋の煮っ転がしが出せずにアタフタとした。僅かな人数でそんなに食べられるはずがない。

これまでに誕生日当日を一緒に祝ってくれたのは誰かなあ。記憶を遡って辿りつくのは、10年前に亡くなった恋人だけだ。馴染みの店を借り切り、大きな花束とエルメスのブレスレットをプレゼントしてくれた。そのゴージャスさには驚いたけれど、もっと驚いたのはこんな私のために集まってくれた友人たちの数。「絶対に来いよ!」と脅しを入れてまで、傲慢で嫌われ者だった女を喜ばせようとしてくれた彼は、私にとってキリスト様を上回る愛情の持ち主だったのだと思い起こされる。

今年も残り2か月ちょっと。10月末にはハロウィン&友人のバースデーパーティーがあり、浮足立っているうちに12月のクリスマス連休が来るだろう。そのとき誰と何処で一緒にいるのか、たぶん与六ニャンだろうな。義理で集まる方たちには「ありがとう、ごめんなさい」だけど、花束もシャンパンも要らないから、本当にこんな私を必要としてくれる人と誕生日を過ごせたら幸せである。

晴天が続いて、今夜はオリオン座流星群が見られる。たった一つでもいいから流れ星を見つけて、誕生日への願いをかけられますように。星として空に昇った沢山の命たちは、地球に残した愛する人間たちの願いを叶えようとして、キラキラと瞬く返事をしているのだと思っている。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ