ついにスマホからFacebookを削除した。と言っても消したのはアプリで、Facebookを退会したわけではない。見ようと思えばブラウザから可能だけれど、この数週間はアクセスしていないし、興味が失せてしまった。

スマホの動きが重たくなる原因のほとんどは、常駐しているアプリ。Androidの設定から実行中のアプリを確認すると、いつもトップにあってメモリーを喰っているのはFacebookとMessengerだ。しかも鬱陶しいほど更新が頻繁で、重たいシステムをダウンロードするたびに「改悪」していくのに腹が立つ。未完成品の実験モニターにさせられ、ストレスの原因を生むアプリは捨てるのがいちばんである。

この2カ月は仕事が立て込んで、プライベートな時間がなかったのも、Facebook離れのきっかけとなった。知りたいのは他人が何をしているかのタイムラインではなくて、自分自身をアップデートするための最新情報や知識。そのためにFacebookを利用することが多かったけれど、100のうち1つぐらいしか欲しいものは見つからない。目次すらなく、下へ下へと指を滑らす効率の悪さは、暇つぶしアプリと名付けたくなるほどだ。


だから欲しいものは自分から取りに行く。コーヒーブレイクには、日経ビジネスオンラインやJBpress、WISDOMニュースなどで無料の情報を得て、寝る前と電車での移動時間には、Kindleで電子書籍を読む。ワーカホリックになったわけじゃなく、この歳になっても脳細胞が成長していることが楽しくて嬉しい。頭の中だけは20代に戻った気分である。


そして暇つぶしアプリの代表格、『ポケモンGO』も全然やる気にならない。GPSをONにして自分の居場所を晒し、バーチャル空間でゲットしたモンスターの数を競うのは、子どもゲーマーに任せておけば良いと思うからだ。

群れて興じないと仲間外れになるかもしれないが、人は人、私は私と割り切るようになった。ブームに乗っかり消費する側よりは、ブームを作り出して稼ぐ側になりたいと思うこの頃。アルコールを止め、Facebookを止めることで生まれた時間の価値に、なぜもっと早く気付かなかったのかと悔やむことしきりである。