ランの代表格、シンビジウムが肉厚の花を咲かせている。ベランダに放置したまま時々の水やりだけで、夏の炎天下と冬の風雪に耐える強さだ。しかし今回は花芽が1本しか出ず、あの時みたいに天変地異の予兆かと気になっていた。

20160415

どんなに手入れをしても、全く花芽が出なかったは5年前。3月11日に東日本大震災が発生して、根元でメジロが死んでいるのを発見した。鉢に飛び込んだのは地震の前か後か、それからすぐに福島第一原発のメルトダウンが起こった経過はブログに記してある。植物と動物は何かを感じていたんだろう。

201103cymbidium

その年の暮れからまたシンビジウムは花芽を付け始め、春になるたび見事な花を咲かせた。スマホの緊急地震速報が鳴り響くような揺れは減っていき、警戒していた心が緩んでいく。喉元過ぎれば熱さを忘れる。空を見張って地震雲をアップすることも、いつしか止めてしまった。

cymbidium

放っておいても花は毎年元気に咲くはず。しかし今年はなぜ1本だけなのか、首を傾げていたところに熊本地震が発生。4月15日の震度7から揺れは収まらず、震源は九州の中央部を中央構造線に沿って移動している。川内原発を停止しない政府にはネット上で批判が相次ぎ、ニュースの震度マップには鹿児島県が表示されないことへの疑問視まで出ているほどである。

final_man_7day_kyu

原子力防災担当相を兼務している丸川環境相は「原子力規制委員会において停止させる必要はないと判断されている」と報告。「今回の地震で川内原発において観測された地震動は最大で12.6ガルとなっている。これに対し、原子炉運転中に自動停止させる設定値は80〜260ガルに設定されている。さらに同発電所は新規制基準への適合性審査で620ガルの地震動を受けたとしても、安全上重要な機能は確保されることを確認している」がその理由だ。

はぐらかしのお手本みたいな報告だけど、分かってないな。国民が求めているのはコンピュータが計算した理論上の安心ではなく、揺れが収まらないことで高まっている心理的ストレスを軽減する篤実さではないのか。

政府は熊本県内の旅館やホテルに5000人分の部屋を用意し、食料品切れの小売店に70万食を届けるように要請した。事後対策として「今そこにある危機」に手を回し、カネの流れを途絶えさせない手段であるが、「明日起きるかもしれない危機」へはどう先回りするんだろう。生き物である人間が本能として持っている予知能力は、負のオーラが纏まると最悪の現実さえ引き起こしかねない。1000年以上の歴史がある阿蘇神社が崩落したことで、得体のしれない恐怖感に苛まれている人は相当数いるはずだ。

asojinjya

活断層を刺激して、このまま震源が中央構造線上を移動していけば川内原発だけでなく、東には伊方原発がある。16日に起きたマグニチュード7.3が本震だと断定できるのか、もっと大きいのが来るかもしれないと不安とトラウマを抱えて、今夜も車で寝泊まりしている人たちがいる。その予感が当たった上に原発事故が起きた際には、寸断された道路を逃げるのは困難だ。

国会討議で、安心安全の言葉を何度も耳にしてきた。しかし不祥事が報道されるたびに閣僚は交代し、自分自身の安心安全さえ見えていない。植物と動物と国民はもっと感度の高いアンテナを持っているぞ。自民党政権の時に大地震は起きないという神話が崩れてしまった今、国民の心に寄り添った安心安全を与えてほしいと願わずにいられない。

: 追記 2016年4月20日 21:55
生暖かい外気。地震が心配な空です。

image