この三が日は文字通りの新春で、弥生か卯月を偲ばせる陽気だ。運動不足解消のウォーキングに、昨日は逗子市桜山の宗泰寺へ初詣に行ってきた。去年の湘南七福神巡りでギリギリ最後に駆け込み、腰が引けながら福徳大黒尊天にお参りしたお寺である。

とんだハプニングにも関わらず、墨書きの御朱印と共に優しいご住職から戴いたのは、「気心腹口命」と書かれた印施。「きはながく こころはまるく はらたてず くちつゝしめば いのちながゝれ」と読む。これを御朱印帳の最後のページに挟んで仕事机の横に置き、事あるごとに戒めと励ましを貰ってきた。

inse

そして今年最初の責務、恥ずかしながら何年も祀ったままだったお札を納めに行っていいものか。風呂敷を持って静かな境内に入ると、最初に目に入ったのが古神札納め所で、明らかに他の神社仏閣の名称が書かれたお札・破魔矢が積まれている。なんて心の広いお寺だろうとご慈悲に救われて、まとめて持ってきたお札を置き、これまでのご加護に手を合わせた。その後は社務所でご住職に新しい印施を戴いて、帰りの足取りが軽かったのは言うまでもない。

2016soutaiji

2016soutaiji_1

そのまま帰宅するのは勿体ないので、日のあるうちに披露山の大崎公園へ。汗びっしょりになって坂道を上ったご褒美は、藍色と紅色の空に映える富士山のシルエットと、逗子マリーナや134号線沿いの宝石みたいに煌めく灯りたちだった。

20160102_osakikoen

翌朝に体重を計れば、お正月肥りもせずにこの1か月ほどで4kg減を達成。テーブルに広げた宗泰寺の「吉祥寶来」と印施には、福々しく肥った与六がマタタビみたいに頭を擦りつけてている。そういえば去年も御朱印帳を手で捲っていたことからして、与六は我が家の招き猫なのかもしれない。頭を撫でるたびに御利益がありそうで、今夜は旨みが回ったヒラメの昆布締めを差し出そうと決めた。

2016soutaiji_3