文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

スポンサーリンク



ニュースサイトを見ていたら、医療従事者が避ける食べ物ランキングが目に留まった。マイナビニュースが会員から得たアンケート結果を引用させていただく。

----------

普段の食生活で食べるのをできるだけ控えている食品を教えてください:

1位: カップ麺・レトルト食品全般(42.9%)
2位: スナック菓子全般(41.8%)
3位: 揚げ物全般(32.7%)
4位: 油脂類全般(30.6%)
5位: 穀類(ご飯・パン・麺類含む)全般(11.2%)

----------

驚いたのは、私もほぼ同じ順番なこと。カップ麺、スナック菓子には全く手を出さないし、レトルト食品は特有のモアッとした臭いが嫌いだ。

半年間の断酒中に味覚と臭覚が繊細になったのか、化学調味料が苦手になった。揚げ物は油がよほど良質でなければ胸焼けするし、バター・マーガリン類は昔から使わない。

穀類はブランチに食パンを1枚、夕食にご飯を1膳と決め、パスタ類は外食の時たまに食べる程度だ。ラーメンも2年近く食べていないと思う。

週末は葉山マリーナに浮かべたヨットで宴会をしたのだが、賄い担当の私としてはキッチンに常備してある調味料が気に入らない。
味付き塩こしょうや本だしは味の素くさいのでNG。チューブ入りの生姜やニンニクもNG。できるだけナチュラルな調味料や香味野菜を家から持参して、素材か本来持っている味を楽しむことにしている。

image

世の中の穢れにはどっぷり浸かってきた人生だけれど、そのぶん綺麗なものに惹かれるようになった。
外見からは分からなくても、内蔵にこびりついたケミカルなヘドロをこそげ落としたい。高価な化粧品やブランド服では繕えない、「内側」「中」の美が気にかかるアンチエイジング世代である。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



窓が南東に面したわが家のリビングは、夜明けから光がいっぱい。夜は私の隣でイビキをかいていた与六は、日だまりの中でごろんごろんと二度寝をむさぼっている。

image

バスの時間が近づき、薄手のコートを着て飛び出すと、思いもよらぬ外気の冷たさに背中が丸まる。何十年と生きてきたのに、いまだに三寒四温の感覚がつかめず、訪れる春はノートの1ページ目のごとく真新しい。

賑やかにお喋りしているみたいに、水仙の花たちが風に揺れ、光と影がチラチラ動くのを、急いで写真に撮った。

image

晩春の季語に「春近し」ということばがある。冬の終わり、春の近い訪れを待つ心であり、植物も動物も人間も目覚めの時を待っている。


「日あたりて 春まぢかなる 春の土堤(どて)」 山口 誓子

あと3日もすれば、歳時記は冬の巻から春の巻に替わる。私も本格的に逗子に引っ越してきてから10年。歳を取った以外に十年一昔の軌跡はないけれど、人間関係という宝物は格段に増えた。

不思議なこと。離れて行った人は追わずにいたのに、何の縁か彼らがひょんなきっかけで戻ってくる。アドレス帳から削除しなくて良かったと思いながら、人との繋がりに「春の再構築」を感じているこの頃である。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ