文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

スポンサーリンク

東京はソメイヨシノが満開になったらしいが、今年はまだ近所の桜さえ見ていない。書斎の窓が明るくなったのを感じ取って、朝7時にベッドに入る昼夜逆転の生活。友人からゴールデンウィーク恒例となったBBQのお誘いが来たけれど、参加できない確率の方が高い。 毎日チェック ...

神経をとがらせて文章を書いているとき、いちばん邪魔になるのが「音」だ。自分が好んで流しているBGMならリラクゼーション効果があるが、固定電話とスマホから容赦なく鳴り出す音は、これまで頭の中で積み立ててきた構想を一気にドミノ倒しする。いらない音 = いらだつ音だ ...

ニュースサイトを見ていたら、「クラシカル霊柩車“絶滅”の危機」という記事が目に入った。黒塗りの高級車に、金ぴかの屋根が乗った宮型霊柩車の需要が減少しているという。条例で火葬場への出入りを禁止している自治体まであるとは、どうしてそこまで嫌われてしまったんだ ...

早く咲けと花を急き立てるように降る雨を「催花雨」と呼ぶそうだ。一日降り続いた静かな雨のおかげで、ベランダのプランターに水をやらずに済んだ朝、眠い瞼をこすりつつ家を出た。相変わらず書斎ごもりが続いて、昼夜逆転している眼には、久々の空がまぶしい。 毎年ながら ...

昨日は逗子の釣り宿で、恒例になった釣果を味わう会に参加した。甘鯛につられて飲み過ぎて、今朝は久しぶりの二日酔いである。午後から都内で会議があるので、ガブガブと水を飲んで外出の支度をした。 寒冷前線が通り過ぎていくのか、重たい曇り空。コートも要らなかった昨 ...

今年は春の訪れが早い。1月のはじめに、「パワーグリーンが幸せの前兆をくれること」で写真を載せたシンビジウムが、蕾を弾かせていっせいに咲き始めた。例年より1か月以上早いうえに、大輪の花である。 三寒四温という四字熟語そのまんまの気候。 昨日は南岸低気圧が通 ...

↑このページのトップヘ