文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

スポンサーリンク



早く咲けと花を急き立てるように降る雨を「催花雨」と呼ぶそうだ。一日降り続いた静かな雨のおかげで、ベランダのプランターに水をやらずに済んだ朝、眠い瞼をこすりつつ家を出た。相変わらず書斎ごもりが続いて、昼夜逆転している眼には、久々の空がまぶしい。

image

毎年ながら思うのは、お正月が終われば春のくるのが早いこと。一年の計が手付かずのうちに、すぐ夏が来て秋が来て、子どもの頃の4倍速ぐらいで時間が過ぎていく。

とはいえ終活をするにはまだ早いので、思いきって婚活を考えてみた。第二の人生も悪くない。
「まだ大丈夫かな?」と周りに聞けば、お世辞かどうかは別として、選り好みしなければイケるとの応援。どこに縁が転がってるかもしれないと思うと、お出かけの服選びにも気合いが入るというものだ。

でもねぇ、何だかねぇ。
都内へ向かう横須賀線の中、向かいのシートに座っている男性たちを眺めると、気が滅入る。
大股を開いて携帯で喋っている人。
息をするたびに鼻毛がチロチロ震える人。
ワイシャツのボタンがはち切れそうな脂肪を蓄えた人。
スマホをピコピコ鳴らしながらゲームに興じている人。
加齢臭だらけのステンカラーコートを着た人。

自分のことは三階の神棚に上げておいて、惚れたくなるような男性は見つからない。これを選り好みと言うんだなと苦笑いした。

そんな自分に対して、心の中に棲んでいる昔の私がささやく。
「好きになった人がタイプでしょ?」
「見た目じゃなくて中身でしょ?」

その通り! 過去の恋愛を振り返ると、ルックスに惹かれて付き合った人とはうまくいかず、ことごとく別れているのだ。曇った眼鏡を磨いて、人のハートを見なくちゃ。

幾つになろうが関係なく、新しいことを始めたくなる季節。私にも催花雨が降り注ぐ春である。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



昨日は逗子の釣り宿で、恒例になった釣果を味わう会に参加した。甘鯛につられて飲み過ぎて、今朝は久しぶりの二日酔いである。午後から都内で会議があるので、ガブガブと水を飲んで外出の支度をした。

寒冷前線が通り過ぎていくのか、重たい曇り空。コートも要らなかった昨日とはうって変わって、頬に当たる風はひんやりと痛い。

バス停まで歩く途中、小さな変化に気づいた。冬のあいだ咲いていたツワブキの花が終わって、名前を知らない野の花に「黄色」がバトンタッチされている。もう3月は目の前だ。

yellow

ちょっとだけ遅刻しよう。急いで家に引き返し、クローゼットを開けてハンガーをかき分けた。選んだのはピンクのセーター。恋の始まりみたいな淡い色合いが気に入って、衝動買いしたまま、まだ袖を通していない。

もうこの歳では恥ずかしいかな。それでも黒からピンクに着替えると、顔色が急に明るくなった。ピンクは若返りの色。実際に血行が良くなり、新陳代謝が良くなる効果もあるそうだ。髪をポニーテールにして口紅を引き直し、鏡の自分ににっこり笑いかけた。

誰かと手をつないで、畑一面に咲いたレンゲや菜の花を見に行きたい。ひらひらと蝶のように咲くコブシの花ももうすぐだ。わくわく、何だかワクワク。

確信がないのに、嬉しいことが起きそうな予感に胸を膨らませたティーンエイジの私は、心の中にまだ住んでいる。少年少女に戻る色を春が教えてくれた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ