文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

スポンサーリンク



東京はソメイヨシノが満開になったらしいが、今年はまだ近所の桜さえ見ていない。書斎の窓が明るくなったのを感じ取って、朝7時にベッドに入る昼夜逆転の生活。友人からゴールデンウィーク恒例となったBBQのお誘いが来たけれど、参加できない確率の方が高い。

毎日チェックしている占いのページに、まるで今の私に向けたようなアドバイスが載っていた。
「厄介な事を頼まれることが続き、苦労をします。議論をするよりも実際に行動すれば、成果があります。」

もがき苦しんでいる原稿書きの傍ら、何かと頼まれごとが多くて困っていた矢先のお告げである。「申しわけないのですが、今は多忙のため・・・」とメールを書き始めて、ふと指が止まった。先延ばしの言い訳を考えている間に、さっさと片付けた方が早いからだ。かくして電源を入れっぱなしのパソコンは、WORDの裏にIllustratorを立ち上げて、原稿を書きつつお絵描きもするという二足の草鞋状態になる。

こんなに働いてるのに、ちっとも儲からないのはなぜ?
『10年後、君に仕事はあるのか?』(著:藤原和博 ダイヤモンド社)という本を読んで、目が点になったページがあった。「1時間あたりに生み出す付加価値」として、職業による時給が計算された表が載っている。なんと日本人の時給には100倍もの差があるのだ。

高校生がコンビニのバイトで稼ぐ時給が800円前後。プログラマなどIT系(非常勤)が2,000円。サラリーマン、公務員が3,000〜5,000円。専門家が10,000〜30,000円。マッキンゼーなど世界レベルのコンサルタントが80,000円だという。

時給の高さに関連しているのは「技術」と「熟練度」。もっと大きな鍵を握るのは「希少性」。需要が大きくて供給が少ない、「君じゃなきゃダメなんだ」という仕事こそ、労働市場の中で価値がある仕事らしい。

だとすれば、あながち私は間違った方向に行っていないはずだが、儲からないのは効率が悪いせい? いや、スタートが遅すぎたせい?

それでも手に職があるだけ良かったなあと思いながら、本音を言えば今からだって永久就職したいこの頃。とりあえずは健康と美容とファッションだけは面接合格ラインを保っていようと、「君じゃなきゃダメなんだ」のオファーに備えている。

flower

    このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



神経をとがらせて文章を書いているとき、いちばん邪魔になるのが「音」だ。自分が好んで流しているBGMならリラクゼーション効果があるが、固定電話とスマホから容赦なく鳴り出す音は、これまで頭の中で積み立ててきた構想を一気にドミノ倒しする。いらない音 = いらだつ音だ。

電源を落とせば済む問題かもしれない。しかし高齢の父が入居している介護施設からの連絡や、クライアントからの要請には常にスタンバイしておく必要がある。それがメールでくる場合もあるので、音の出ないマナーモードにはできないのだ。

最も腹が立つのは固定電話で、知らない電話番号の100%がセールスだ。出てみれば「お忙しいところを失礼します。私どもは〇〇〇の」で始まって、複合機や通信サービスの売り込みをマニュアル通りに喋り始める。

今日の電話も「お住まいのご町内を回らせて頂いております」と言うので、「どこの町内ですか?」と質問すると「・・・」の沈黙。「えーっと、逗子市です」と答えたのに対し、「電話で回ってるんですか?」と嫌味を言ってしまった。お断りしたあとにナンバーディスプレイを見て、電話番号拒否リストに設定するイタチごっこである。

そうしてかかってくる電話番号をネットで調べれば、迷惑電話の口コミが出てくる出てくる。もちろん社名も晒されているが、可愛そうなのは営業電話をかけてくる社員(もしくはテレアポのバイト)で、迷惑がられ、罵声を浴び、よほど神経が図太くない限りは精神的に参ってしまうだろう。ブラック企業の一面が見て取れる。

固定電話の必要性については常に議論されている。法人の場合は信頼度の獲得、子どもがいる家庭では学校との連絡用、クレジットカードの申し込みにも必要らしいが、電話加入権があった時代の名残ではないかと思ってしまう。

そもそもNTTでは電話交換機の製造を中止していて、2025年までにはアナログからIPへ移行する方針を決定している。利用者側も固定電話離れが進み、半数近くが一般加入電話を持った60歳以上の人でも、携帯電話を使う方が多い。20代で一般加入電話を持っているのは40%しかいない。

もはや固定電話は信頼度を得るツールではなくなった。むしろ振り込め詐欺やブラック企業の手足となるツールなのだから、なぜ政府は早急な対策を施さないのか。アナログからデジタルに切り替えて欲しいのは、お役人たちの頭の中だと思っている。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ