文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

スポンサーリンク



短気は損気と分かっていながら、どうにも腹の虫がおさまらないことがある。それは60代半ばの、現役をリタイアした男性から届いたメールだ。

都内での仕事帰りに寄ったちょい飲み屋で、隣にいたオヤジと話が弾み、名刺を渡してしまったのが失敗のもと。どんな男性がタイプかを聞かれ、「幾つになろうと、現状に言い訳するより、未来を夢見る男性が好き」と言ったことに対する反論が、わざわざメールで届いたのである。話を途中で切り上げて、帰ってしまった私も悪いのだけれど、この手の粘着質なタイプは独自な論理展開をする。

「現在の一般社会情勢の認識を経験者として申し上げます。夢は大事ですよ。ただ、夢を見てても、現実から脱出できるわけではないですからね。 現実に立脚して、夢の現実化に何が必要か?その手段と方策を考えなくてはなりません。その意味で、子供の夢と大人の夢は違います。大人になって、子供の絵を描けるのは天才だ!といわれますが、大人になると現実に目が行ってしまうので、絵がつまらなくなるということなんだと思います。」

なるほどね、分からないでもない。しかし、子どもみたいな夢を見る男性が好きだなんて一言も言ってないのに、なぜ一人で暴走しているのか不思議だ。大人になって絵がつまらなくなる言い訳にしか聞こえてこない。

しかもこのオヤジ、私の生活にまで難癖をつけてきた。住んでいるマンションの名前を知っているらしく、他人に貸せとか、早く売却して小さな部屋に引っ越したほうがいいとか、「お子さんとも相談されて」の尾ひれまで付いている。どうして私に子どもがいるって、勝手に決めつけるんだろう。

こうして腹を立てているとき、偶然にも「マンスプレイニング(Mansplaining)」という言葉を知った。man(男)とexplain(説明する)を掛け合わせた混成語で、男性が女性を見下したり、上から目線で何かを解説することをいう。知的ハラスメントと言ったほうが分かりやすいだろうか。

マンスプレイニングは私が思うに、サラリーマンを定年退職した年金暮らしの男性に多い。会社では部長だったかもしれないが、リタイアすればただのオヤジ。家庭では奥さんに疎ましがられる濡れ落ち葉だったりする。

80歳になろうと現役でバリバリ稼いでいる経営者には、この手のマンスプレイニング老人はいない。相手が若い女性であっても真摯に意見を聞き、上手に流し、上手に褒め上げることに慣れている。見た目も実年齢より若く、加齢臭など漂わせていない。

誰に何を揶揄されようが、今の住まいは自分で買ったもの。手放す気なんて毛頭ない。
家に戻って玄関のドアを開けると、マットの上で与六がお腹を出して待っている幸せ。リビングの灯りをつけて、テレビのスイッチを入れるときの安堵感。この環境を維持するために、よーし頑張ろうと徹夜するのも、自分が好きでやっていることだ。

yoroku

room

メールに返事は出していないけれど、イライラした分だけ人生の大切な時間をロスした。一日の大半を向かい合っているディスプレイの上には、私の夢を書いた紙を額縁に入れて飾ろう。腰が曲がったおばあちゃんになろうと、明日はもっと良くなることを夢見る自分でありたい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



前回にブログを書いてから10日が過ぎてしまった。いろんな締め切りが重なって、いつ寝たのか、いつ食べのか分からないまま、半泣きしながら何とか乗り切れて今がある。昨夜は16時間も爆睡した。

世間離れした浦島花子になるとデメリットは沢山ある反面、メリットとしては人間関係の再構築ができるようになる。執拗なまでにアクセスしてくる人もいれば、これまでの縁は何だったの?と思うほど、そっけなくなる人もいるから不思議だ。前者・後者とも私としては過去の人となり、事情を理解し、黙って見守ってくれた人だけが残った。

久しぶりにワインを飲んだ今夜。打ち明け話をした相手に、決算で予期せぬ額の税金を支払った話をしているうちに、涙がとめどなく溢れてしまった。昼夜を問わずこんなに働いているのに、利益が出ると根こそぎお役所に持っていかれるシステム。徹夜続きで身体中が痛いのに、心にまで釘を刺す税制があるからこそ、日本には(世界にも)ごく一部の金持ちしか存在しないのだろう。

この税制によって誰が利を得ているのか、今日お昼を食べつつ見た国会中継で無性に腹が立った。風前の灯とも言える政党で、ろれつの廻らない年配の議員が棒読みで質問書を読み上げている場面。それに対して用意していた返答をスラスラと読み上げる与党のキーマン。見る価値もない寸劇に国の放送局も加わって、コイツらに「血税」が使われているんだなと嘆かざるを得ない。どうせ官僚が書いた答弁だろうに、堂々と原稿を広げてやり取りするなんて、田舎芝居の大根役者にも芸が及ばないと思うのである。

テレビの電源を落として、またパソコンの前へ。締め切りが一段落したら、今月末にはもっと大きな締め切り。倒れそうになっても他に代わりがいるわけじゃなく、それどころか「最近、顔を見ないよね」から始まって、付き合いの悪い人という範疇に入れられる。

あー、愚痴ばかり書いてしまった(笑) でもたまには許して下さいね。
今日のブログは独り言で、王様の耳はロバの耳だ。

そしてあっという間に今年も6月。我が家の回りにはニョキニョキとアガパンサスが花茎を伸ばし始めた。「他人は時の花」だけど、植物は嘘を付かずに一途な生き方を見せてくれる。私の足元でゴロゴロしているニャンコもね。

IMG_1498

人生を切り替えるべき時は誰にでも必ず訪れる。今やらなきゃ変われない。それに気づいた人だけが残っていられるソドムの市は、たぶん目前に迫っている。崩壊がどんな形で現代に現れるか分からないけれど、一瞬に興じている人たちの仲間から外れて、遠くから眺めている現状をひたすら耐えようと思う。何者でもない人間で終わりたくないと、リスタートした今日が記念日だ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ