文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

近ごろのWEBは、まとめ系というキュレーションサイトが乱立して、無法状態になっているようだ。私のもう一つのブログも、知らないうちに転載されているのを発見。ファッション系のキュレーションサイトに、Twitterの画像が転用されている。

【ファッション】ユニクロのアイテムを使ったシンプルプチプラコーデ

2016年冬のプリーツスカートコーデ!ユニクロに注目集まる!

いったい誰が作ったサイトなのか、運営者も連絡先も掲載なし。「当ブログに掲載されている画像の著作権は各著作者様に帰属致します。」なんてエクスキューズが書かれているけれど、そもそも私の全身写真を転載することは、著作権だけじゃなく肖像権まで侵害しているんじゃないだろうか。

まとめ記事を収集しているのは、キュレーターと呼ばれる人たちで、ファッションやグルメのカテゴリにはカリスマ的な人気キュレーターまでいるらしい。人のふんどしで相撲を取る、ただの盗人じゃないかと腹を立てていたところに、大手IT企業のディー・エヌ・エー(DeNA)が、運営する全10サイトの公開中止を発表した。

本日発表されたDeNAのプレスリリースには、外部専門家によって構成する第三者調査委員会を設置して、キュレーションサイトの事実関係の調査を行う旨が伝えられている。

お詫びの冒頭に書かれている概要を抜粋させて頂く。

この度、当社のキュレーションプラットフォームサービスにおいて、根拠が不明確で誤った知識の提供につながりかねない医療関連記事の掲載を行なっていたという問題に加え、他の方が作成された記事等に対して不適切な取り扱いをしているのではないか、またこれが組織的になされたものではないか、さらには、当社の企業文化・風土に起因する問題なのではないか、といったご指摘を頂戴しております。


事の発端となった医療系サイト「WELQ」の公開を11月29日に中止したのに始まって、12月1日には旅行やグルメなどの8サイト、そしてファッションサイトの「MERY」も7日に全記事非公開化を行うとしている。

私なんて取るに足らない物書きではあるが、もがき苦しみ抜いてオリジナルの一字一句をひねり出す。ファッション記事にしても自撮りの時間を費やして、やっとブログの一記事を書き上げるのに数時間かかるのだ。それを掻っさらって利益を得るキュレーターは、いったいどんなモラルを持って仕事をしているんだろう。いや、彼らを雇用する企業こそが最もモラルダウンしているわけで、コンプライアンスなんてどこへやらの世界である。

作詞家として言うならば、一般人が私の作った歌をYoutubeにアップしているのは、気にも留めない。著作権協会にも報告はしない。彼らは自分で弾いたり歌ったり、アニメを作ったり、そこには創作という手間暇がかかっているのだから、むしろ嬉しく思うほどである。

許せないのは、WEB上の「ちゃっかり」商売。法の抜け穴を狙っているとしても、そこには被害者が存在していることを認識してほしいものである。

追記:

ライターを大募集して嘘記事を書かせているクラウドソーシング会社について、女子SPA!の記事です。
DeNAだけじゃない、300円でパクリ・嘘記事を書く“ブラック内職”の実情

逗子駅始発の湘南新宿ラインで、発車時刻を待っている。下校中の学生もまだ乗ってこない午後3時過ぎは、車両に私ひとりだけ。連結部の端っこの席をキープして、都内までの1時間は、ブログを書くのにちょうどいい時間だ。

image

鳥の声しか聞こえない静かな環境で暮らしていると、どんどん人混みが苦手になっていき、これから始まる忘年会シーズンを思うと気が重い。とりあえず日程だけ書き込んでおいたスケジュール帳を見ながら、どうやって参加しない理由を作ろうかと、考えを巡らせている。

いざ出かける段になると、旅行かと思うほどの重装備。手さげ鞄には仕事道具と化粧ポーチだけでなく、途中で災害に巻き込まれても耐えうるグッズがあれこれ入っている。

お茶、キャラメル、ミニタオル、ウェットティッシュ、絆創膏、胃薬、目薬。この季節の必需品であるマスクに至っては2〜3枚。電車内で隣の人が咳をしていたら、飛沫感染を恐れて、ウイルス防止の機能が優れたものに付け替える。

こんなことを書いているうちに、電車はいつの間にか発車して、隣の鎌倉駅からどっと観光客が乗り込んできた。

なんてことだ! 騒がしいおばちゃん3人組が私の向かいのシートに並び、ギャハハハと手を叩きながらバカ笑い。お煎餅は食べる、派手なくしゃみはする、鼻が曲がりそうな香水の臭いは漂わす・・・、う〜ん、この状況はお笑い番組のコントみたいである。

席を移ろうか、いっそのこと帰ろうか。
鞄をごそごそ掻き回してiPodを引っ張り出し、イヤホンを耳にねじ込んだ。ラブソングを大音量で聴きながら、向かいの席を睨み付け、今日も自らを生きにくい環境に追い込んでいるような。

仙人化していく自分を何とかしなきゃいけないな。袖すり合うも他生の縁、気は長く心は丸く腹立てず、思い付く限りの戒めを無言で唱えながら、眠くなってくるのを待っている。

血液型性格判断は嘘だと言うけれど、私は絶対に典型的なA型。このまま面倒くさい頑固老人に突入しないよう、自分に心理カウンセリングを施したいこの頃である。


治ったと思った喉の痛みがぶり返して、昨日から声が出ない。熱は大したことなくても、今年の風邪は細くしつこく続くようだ。雨が上がって小春日和の日曜だけれど、外出はあきらめてベランダからの景色を眺めている。

11月20日、のどかな昼下がり。住宅街の向こうに見える山々は少しだけ色づき始めた。

20161120_1

20161120


逗子、鎌倉の紅葉はいつも12月に入ってからで、上の写真と同じ場所から撮った写真も、去年の12月9日だと山がオレンジ色になっている。あと2週間後の楽しみ。

DSC_0073

去年の今を思い起こせば、お酒を飲みすぎて死ぬほど怖い夢を見たことから、意を決して断酒を始めた頃である。忘年会・新年会でアルコールは一滴も口を付けず、自宅でも晩酌禁止、そば茶をガブガブ飲む毎日を修行僧のように続けた。

あれから1年。血圧、コレステロール値、尿酸値は正常範囲だし、BMI 18.6となった適正体重もキープしている。人間関係は、酒つながりでしか縁のない人たちは遠のき、冷静な頭と心で判断して、本当に大事な仲間だけが残った。仕事は新しい分野を開拓して、徐々にシフトしていく環境を整えている最中だ。

逗子に引っ越してきて、そろそろ11年が経とうとしている。しつこく引いている風邪に飽きてきたように、長引きすぎた一人暮らしにも飽きてきたようだ。7歳になる猫以外にもパートナーを作ろうかと、人間の男性にも興味を寄せることを始めた。

枯れる前に、命の炎を燃やすように色づくのが紅葉。私の第二の人生も、また鮮やかに色づくときが来るのかな。年の瀬が近いのに、スタート地点に立ったような新鮮さが、去年とは大いに違うところである。

このページのトップヘ