文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

友人のFacebookに「日の出が早くなりはじめる日が、自分にとって本当の元旦だと思っている」という投稿があった。調べてみると、冬至を基準にして10日〜20日前後に、その日がやってくるらしい。2017年の日の出(神奈川県)は、1月13日が6:50:21AMでいちばん遅く、1月14日が6:50:08 AMで早くなりはじめる。

暦の上では「寒」の真っただ中であっても、空は着々と夏至に向かっているのを知ると、なんだか気持ちが明るくなってきた。というのも身体の不調が畳みかけるように起こっているからだ。

前回のブログに書いたように、お正月早々に風邪がぶり返して寝込んで、まだ声は擦れてハスキーなまま。心配して添い寝してくれる与六は腕枕をせがみ、体重7キロのメタボ猫が重しになったせいで、手が腱鞘炎になってしまった。しかも金曜日にはベッドの脚につまづいて転び、足の指を強打。ロキソニンを飲んで痛みを堪えている。

友人たちは「えーっ、また!?」、「厄の集中攻撃では?」と心配してくれるけれど、私本人はむしろこの時期で良かったと安堵している。なぜなら私にとっての本当の元旦は、立春の日(今年は2月4日)だと思っているからだ。

これこそバイオリズムなのか、いつも冬至の頃は運勢が八方ふさがりで、だんだんと巻き返しを図っていくのが今の時期。頭のてっぺんから爪先まで、デトックスをしている状態である。1年前の今ごろは心の不調に苦しみ、今回は身体の不調だが、不摂生の結果ではないので大して気に留めていない。

今夜の大宴会には不参加。ずん胴鍋で、久しぶりにデトックススープを作り置きした。もう一つのブログに載せるレシピの写真を撮って、熱々をお腹に入れる。

soup6

咳と鼻水を出し切って、胃腸にこびりついたヘドロを出し切って、ついでに不運も出し切って、立春までのデトックス。心身の大掃除をするこの時期は、天岩戸に籠っている真っ暗な状態だけど、もうそこまで来ている春が楽しみで仕方がない。

1月5日から小寒に入り、暦通りの寒い日が続いている。私は風邪がぶり返して、熱は下がったものの、咳と鼻水が止まらない。先ほどかかってきた電話にも、返事をしようとしたら声が出なくて、息だけで「喋れませんが、聞こえています」とささやくのが精いっぱいだった。

明日は葉山マリーナで安全祈願祭があるけれど、これじゃヨットは絶対に無理。しかも味覚と嗅覚が使い物にならないので、食べ物の味が分からず、船内での宴会にも参加できそうにない。

身体がだるいお昼過ぎに、なにか栄養のあるものを口に入れなくてはと起き出し、ベランダの植物に水をあげた。目を覚ましてくれたのは、鉢植えのシンビジウム。去年は1本しか出なかった花芽が、今年は3本も出ているのだ。

20170107


昨年4月のブログ「明日起きるかもしれない大災害」に書いたように、このシンビジウムは不思議なことに、大地震がある年には花芽が減る。2011年・東日本大震災の前には花芽が全く出ず、2016年・熊本地震の前には1本だけ。天変地異と因果関係があるのかは不明だけれど、今年は3本、それもこんな早い時期から花芽が出たのは何か良いことを察知しているのだろうか。

鉢の植え替えもせず、栄養も与えず、雪の降る日だってベランダに出したままなのに、健気に育ってくれるシンビジウムは、私のパワーグリーン。蕾は順調に膨らんで、春になったら大輪の花が咲くのは確実だ。

しばしベランダから景色を眺め、新春の陽光を届けてくれる空を見上げる。植物も人間も、何か大いなるものに守られ抱かれて生きているんだろう。病は気から。早く風邪を治して、逗子の宗泰寺に「気心腹口命」のご印施を戴きに行かなくてはならない。ちょっと鈍ってきた精神力を復活させるために、再び断酒を始めようかと思っている。

20170107

20170107_2

明けましておめでとうございます。
「文章で稼ぐ贅沢」は今年で10年目となりました。物書きの忘備録として好き勝手に綴ってきたブログですが、応援してくださる読者の皆さまのおかげで、こうして新年のご挨拶が書けるのだと幸せに思っています。

激白から始まった昨年の元旦に比べ、今年の心模様は「のほほん」「うららか」「ほんわり」。
何かが好転したというわけでもないのですが、春の日溜りのなかにいる気分です。
きっといいことがある!と信じていれば、本当にいいことが起きる。
そんな予感とともにスタートを切りました。

もうひとつのブログ「歳を隠すのをやめました」とともに、肩の力を抜いて継続していきますので、本年もお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます。


yoroku2

このページのトップヘ