文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

今年は春の訪れが早い。1月のはじめに、「パワーグリーンが幸せの前兆をくれること」で写真を載せたシンビジウムが、蕾を弾かせていっせいに咲き始めた。例年より1か月以上早いうえに、大輪の花である。

20170221

三寒四温という四字熟語そのまんまの気候。
昨日は南岸低気圧が通り過ぎた大荒れの空模様で、暴風波浪警報のアラームがスマホに届いたのが嘘のようだ。ポストに手紙を入れに行ったら、身体ごと吹き飛ばされそうになり、自然の驚異に平伏していたところである。

STORM

強風にしなって、激しく揺れていたパームツリーたちは、夜があければ何事もなかったかのように、のほほんと太陽を浴びている。白波が立っていた相模湾は穏やかな水色に戻り、とんびの鳴き声がピーヒョロロと空に響く。

20170221_3

右向け右とばかりに、みんなが春に向かっていくなか、私は例年通りの書斎ごもり。都内での行事には欠席の返事を出して、昼夜パソコンの前が定位置になっている。

ストレスが溜まって、以前なら「飲みに行きたいな〜」と恨めしい気分でいたのが、今はちょっと変わったかも。昨年の5月に立ち上げたファッションブログのために、原稿書きの合間を縫って、服のコーディネート写真を自撮りするのがストレスの発散となった。おかげで一日一食となってしまったが、好きなことが食欲に勝るのだから仕方がない。毎日1,000を超え、多い日で2,000のアクセスを頂いているのも励みになる。

seven2

金魚のフンみたいに私の後を引っ付いてくる与六が、キャットタワーから興味深げに様子を眺めて、「ニャ?」と声をかけてくる。
仕事しなくていいのかニャ? お腹は空いていないのかニャ? 眠くないのかニャ?

はいはい、心配してくれてありがとう。心も身体も元気です。
年齢的にはずいぶん出遅れたけれど、子どものころから大好きだったファッションがもう一つの仕事になりつつある今は、人生も三寒四温。幸せな春に向かっていることだけは間違いない。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2月は28日しかないのに、もう月の半ばだ。焦りを感じる月曜日、会議で新宿まで出掛けるため、仕事道具を詰めた鞄を持ったら「イタタタッ‼」。二の腕に激痛が走った。

原因は分かっている。毎晩必ず腕枕をせがんでくる与六のせいで、サタデーナイト症候群になってしまったのだ。

image

発症したのはお正月で、指先までの痺れは腱鞘炎かと思っていた。でもこれには橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)という病名があるそうで、新妻を腕枕する夫に起きる症状として、ハネムーン症候群とも呼ばれているらしい。

1ヶ月くらい治らないのはザラで、長期化すると腕がピクリとも動かなくなる場合も。先日、病院関係者の友人から聞いたことには、ペットかわいさのあまり、サタデーナイト症候群にかかる飼い主が増えているのだそうだ。「腕枕は危険だから、絶対にダメよ」と忠告され、二の腕にロキソニンテープを貼って痛みを和らげている。

それなのに毎晩、与六のおねだりは止まらない。私の肩をポンポン叩き、無視していると耳に鼻息を吹きかけてくる。これはもう猫じゃなくて人間だ。

パソコンに向かえばマウスを動かす手が重く、病院に行くべきか悩む。でもねぇ、問診票に原因を書くのが恥ずかしく、夜を共にする伴侶もいないのかと想像されるのは惨めだ。

愛とは耐えることなんだと心に言い聞かせながら、ニャンコの色っぽいお誘いに、タヌキ寝入りで対抗する日々である。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースサイトを見ていたら、医療従事者が避ける食べ物ランキングが目に留まった。マイナビニュースが会員から得たアンケート結果を引用させていただく。

----------

普段の食生活で食べるのをできるだけ控えている食品を教えてください:

1位: カップ麺・レトルト食品全般(42.9%)
2位: スナック菓子全般(41.8%)
3位: 揚げ物全般(32.7%)
4位: 油脂類全般(30.6%)
5位: 穀類(ご飯・パン・麺類含む)全般(11.2%)

----------

驚いたのは、私もほぼ同じ順番なこと。カップ麺、スナック菓子には全く手を出さないし、レトルト食品は特有のモアッとした臭いが嫌いだ。

半年間の断酒中に味覚と臭覚が繊細になったのか、化学調味料が苦手になった。揚げ物は油がよほど良質でなければ胸焼けするし、バター・マーガリン類は昔から使わない。

穀類はブランチに食パンを1枚、夕食にご飯を1膳と決め、パスタ類は外食の時たまに食べる程度だ。ラーメンも2年近く食べていないと思う。

週末は葉山マリーナに浮かべたヨットで宴会をしたのだが、賄い担当の私としてはキッチンに常備してある調味料が気に入らない。
味付き塩こしょうや本だしは味の素くさいのでNG。チューブ入りの生姜やニンニクもNG。できるだけナチュラルな調味料や香味野菜を家から持参して、素材か本来持っている味を楽しむことにしている。

image

世の中の穢れにはどっぷり浸かってきた人生だけれど、そのぶん綺麗なものに惹かれるようになった。
外見からは分からなくても、内蔵にこびりついたケミカルなヘドロをこそげ落としたい。高価な化粧品やブランド服では繕えない、「内側」「中」の美が気にかかるアンチエイジング世代である。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ