文章で稼ぐ贅沢

作詞からプログラミングまで、文字を並べて生きる物書きのひとりごと @ 逗子

自分が死んだあと、お葬式を私の子どもが取り仕切ってくれるならお願いしたいことがある。それは祭壇の周りに飾る花を、春なら菜の花、秋ならコスモスにして欲しいことだ。それなら夏と冬はどうするの?だけど、季節に関係なく何でも売っている今なら、欲しい花は容易く手に入ると思う。

菜の花に思い入れがある理由は、GWから始めた別ブログの記事「引越しブルーの原点 生まれた場所へのひとり旅」に書いた。私を捨てて家出した母へのオマージュ。生まれた家の向かい側にあった一面の菜の花畑を、白い日傘で遠ざかって行った母の後ろ姿が今でも鮮やかに思い出されるからだ。でも母は会合のある公民館に歩いて行っただけ。それが幼児の私にはあまりにも絵画的な光景だったので、菜の花の黄色と青臭い香りは一生の記憶となっている。

a32ca1906383a453e3524c4d4d58b1ba_m

そしてコスモスが好きな理由はちょっと複雑。作詞家業が忙しかったころ、私を大切にしてくれた著名プロデューサーが、週末のたびに息抜きのドライブに連れて行ってくれたことに端を発する。ベンツの窓に流れていく景色で、切ない想いになったのは秋のコスモス。台風になぎ倒されたのに復活して、トラックが走る千葉の街道沿いに、ピンクと白の花を風に揺らす姿が心に染みた。

e093073a3e0a61a6382d7670f60d66b3_m

ハンドルを握る彼は白髪頭で、私の父と変わらない年齢。いくら逞しく振舞っても、老いを隠せない姿が目に入ってしまい、それが風に倒れながら頑張っているコスモスと重なった。とんでもないお金持ちだったけれど、事業が失敗して破産したと聞いたのは、別れてずっと後である。彼とのいきさつは「垢抜けないシンママに一目惚れした超エリート」に執筆中。彼は復活して、またマスコミに取材される有名人に返り咲いている。


家族運が薄くて、たくさんの恋に失敗して、ゆらゆらと動いている冴えない私は薔薇になれない。100歳まで生きてこの世を去った後、ダンプカーが行きかう道端で、人の営みを見守っている菜の花かコスモスになれたらいいなと願うのだ。澄んだ青空の下、両方の花がサヤサヤと揺れる景色の中に、お棺に入る時には行きたいと思っている。

yoroku3


今は23時。今日も朝から一日中、パソコンに向かって仕事しています。以前だったら面白おかしい仲間が集まる立ち飲み屋に行こうと思い、夕方にはパソコンの電源を落としていました。でも今年になってから、飲食店に行くのは都内で仕事仲間と一緒だった後の懇親会だけでしょうか。というか、ほとんど外に出ていません。1月に後妻業なんて噂をSNSで一方的に振りまかれて(笑)、地元の方たちとは縁切り状態。家でお酒を飲むのだって、来客がワインを持参してくれた時だけになりました。


楽しいことを先にやって、面倒なことは明日に延ばすのがこれまでのダメな私でしたが、それは現実逃避です。お金にしろ成功にしろ、欲しいものを手に入れたいなら、他人の噂話で盛り上がる吹き溜まりで飲んでる場合じゃないんですよね。キャベツをかじりながらでも、頭を使え、手を動かせ! タイム・イズ・マネーなのです。それだけでなく、目標に向かって本気で働いていれば顔のたるみは取れ、ダイエットなんてしなくても自然に痩せるという一石二鳥のメリットがあります。

別ブログ「赤いやねの家|乗り越えた15回の引越しブルー」に、今日書いたネタは20代の最低最悪だった自分のこと。あの頃の現実逃避に比べたら、今は百倍成長したかと思いますが、これがあと20年後になったら、「若かったねぇ」と笑っているおバアちゃんの私がいるでしょう。

歳を取るほど月日が経つスピードは加速していきます。やり残したことで後悔しないよう、寝てる場合じゃない、今しかないんだ!と思って頑張らねば。どんなに生きたって人生は100年。自分が納得できる軌跡を残そうと思います。

84306718509b1b79463863d657b80ea5_m


原点に帰ることって、人生で何度ぐらい訪れるんでしょうね。元号が切り替わる節目に、自分を見つめ直して新たなスタートを切ることにしました。

始めたのはブログです。ファッションブログと美容ブログはこの2〜3年書き綴っていますが、ネット上で飽和状態になったアフィリエイトブログじゃなく、私にしか書けないコアなブログを書こうと思いました。

site2

赤いやねの家|15回の引越しブルー


愛媛県西条市のお屋敷で生まれた私が、3〜4歳のときに一家離散の夜逃げをすることになり、父母に連れられて引越しを重ねた数奇なストーリーを赤裸々に書くことにしたのです。

思い出話はこのブログの中に時折り挟み込んできましたが、雑記形式だったので他の記事に埋もれてしまいました。今回はターゲットを絞り別ブログとして、引っ越して暮らしていた場所の情景と、そこで知り合った人たちとの交流を書き記すのが目的です。

人生100年時代に入ったとマスコミは騒いでいますが、長生きできても頭がボケてしまえば、幼児のころに逆行します。でも私にはまだ時間が残っていそうで、この人生で溜め込んできた経験談をネット上に残すことにしました。

引越しして記憶に残っている地名が下。全部で13か所ですが、舞い戻った場所もあるので、引越しの回数は15回です。パッと見てどの県にある地名か分かりませんよね。その町で暮らしていた住人として、愛した地名がどんな場所にあったかを書いていきます。

小松、徳島、六角橋、片瀬、七里ヶ浜、田園調布、南馬込、自由が丘、碑文谷、津、目黒、恵比寿、逗子


久々に文章力が試されるとき。トレンドばかりに走っていた自分を戒めるためにも、これから皆さんの心に刺さる物語をお届けしますね。



平成最後という言葉を聞き飽きた頃に、もうすぐ令和へのシフトがやってきます。4月30日から5月1日への変わり目は、大みそかの比でないカウントダウンになるのでしょうね。  

DSC_0954_TRIPART


今から30年と数カ月前、昭和から平成に変わったときはとても静かな朝でした。昭和天皇が崩御されたのは1月7日の午前6時33分。私はそのニュースを聞いた後、家から大通りに出てタクシーを拾いました。土曜日の朝だったからか、それとも皆テレビに釘付けになっていたからか、やたら人も車も少なかったのを覚えています。

タクシーで向かった先は、恋人の住まい。徹夜仕事が終わり、どうしても私に逢いたいと電話をもらって、パジャマにコートを羽織って部屋を出ました。お天気は曇りだったせいか、周りの色はグレーの記憶しかありません。無味乾燥な冷たい空気を吸い込んで、長かった時代の終わりを実感するとともに、2人の恋も終わらせなければと思っていたのです。

彼とは続けていくことを祝福される関係ではなく、前年のクリスマスの夜、私はサヨナラをするための姑息な手段を取りました。新しい彼ができたからとダミーを見せつけ、待ち合わせ場所に彼を1人残して去ったのです。それきり連絡は取らずにいたのに、昭和天皇の崩御の朝に電話をもらい、我慢できずに駆けつけてしまった・・・。最後の逢瀬です。どんなに好きでもダメなものはダメと決めて、少し話をして家に戻った覚えがあります。

若くて愚かで思い上がっていた私は、それからも様々な恋をしました。ただし長続きすることはなく、別れを切り出すのはいつも自分から唐突に。おそらく恋をしている高揚感が好きなだけであって、本来は他人との協調性がない性格なのでしょう。

今はもうお世辞にも若いと言われない年齢になり、私がお付き合いした方たちの数人は、あちらの世界に旅立ってしまいました。いつも寝る前には手を合わせて、仏様になってしまった彼らの名前を呼び、「ありがとう」の後にお願いごとをします。「まだそちらには行かないから、現世にいる私を応援してくださいね」と虫のいいお願いです。

DSC_0973

 そんな折にビックリすることが。仏様として名前を呼んでいたうちの1人が生きていて、ご高齢ながら活躍しているのをネットで知りました。何度も結婚し、何度も大病を患い、何度も事業を失敗して、また再起をかけて頑張っているのだとか。私の父と近い年齢なのにです。

彼の記事を読んで、ノスタルジーに浸ってる場合じゃないと一念発起。連休中は改元フィーバーには参加せず、新しいことを始める10日間にしようと思います。
それが仕事なのか恋なのか、六十の手習いなのか、幾つかのリフレッシュプランの中から選択して、令和の自分を生きてみるつもり。

改元とは本来の誕生日の他に、もうひとつ誕生日を持てることかもしれません。世界にただ一国のみ、元号のある国に生まれて良かったと思っています。

skura4


揺れ動き、暴言を吐き、たいへんご心配をおかけしましたが、気持ちは落ち着きました。ヒトもモノも要らないものを手放して、運勢は上昇気流にあります。幸か不幸かこの時期は仕事が繁忙期にあって、ごみ捨て以外は自宅に籠っていました。去年の3月から投稿をやめたフェイスブックは、手が空いたときだけ見ていますが、いろんなことが起きていますね。

後妻業と言われたり、マザーテレサ症候群と言われたり、まあどっちでもいいことです。元亭主らしきコメントもありましたが(文体ですぐ分かりました)、ごめんなさいね、掲載していません。


分かったのは、人と関わりあって生きていくからには、いるべき場所を選ばなくてはいけないこと。寄付は別として、よほどの霊的パワーがない限り、自分がいることで人を助けてあげられるなんて思ってはいけないのです。「アリの町のマリア」の北原玲子さんには、一生かかっても爪先さえ及ばない。しかも中途半端であれば偽善行為(もしくは 計謀 )と言われて当然のことでした。経緯をブログで弁解したのも、人間を下げました。

こんな私に対し、人生の師と仰ぐ年長の経営者から言われ続けたのは、「人生の吹き溜まりが集まる場所には行くな」でした。なんてプライドの高い嫌な先輩なんだろうと思いましたし、言われた意味が分かりませんでした。その方は私とは比べ物にもならないステータスでしたからね。忠告を無視して、皆に好かれたいと無理なキャラを演じ、吹き溜まりらしき場所で知り合った人と結婚しました。失敗して言われたのは、ほら見たことか!です。

今思うと、父からも同じようなことを言われ続けて反抗していた私ですが、いるべき場所というのは自分が決めることでなく、神様が決めた場所なんだと思います。金銭のあるなしじゃなく、魂のレベルの話です。それを分かっている人がくれる忠告には素直に従うべきなんですね。そうでないと運勢は下がる一方になる、暗黙のルールです。成功した人たちだけが知っていることです。

こんな折りに偶然にも、ネットでドンピシャな記事を見つけました。

これはもしかして…人生のステージが上に上がりはじめると起きる現象

辛さを与えられ、魂がステップアップする現象が書かれていました。

  • 波長の合わない友人が去っていく

  • 彼女の成長に追いつけない彼氏も去っていく

  • 想像してから現実化するまでのスピードが速くなる

  • 人生のステージが上がると、今までとは違う景色が見えてくる

孤独になって、今まで面白おかしく付き合ってきた友人は誰も居なくなったと思っていましたが、抜けた穴に他の人たちが入ってきて、私の環境は一変しています。こんなに働けるのかと呆れるほど、仕事して仕事して仕事しまくっています。でもそれは苦痛じゃなくて楽しい! 差し入れも届きますしね(笑)

私だけでなく周りの方々も、変わっていくスピードは速いことでしょう。とんでもないことが個人と国に起きていると思います。いつだったか流行したアセンションとは違い、スピリチュアラーだけが感じていることじゃないのです。おそらく我が家の猫だって感じてるかも。

平成があと一か月半で次の元号に替わります。生前退位を決めた天皇のお気持ちは・・・、のちのち歴史が動いたときに分かるのかもしれませんね。

我が家の周りではまもなく桜が開花して鶯が鳴き始め、新しい春が訪れます。その次の年も春が訪れます。
オリンピックが終わってスーパーインフレなんて訪れませんように。
皆それぞれの居場所で幸せが訪れますように。

朝になりましたが、もう一本原稿書きをしてから眠ります。今日も忙しくてありがとう!

suisen

とても暗い告白をします。書くことにより、心の重荷を取り去りたいと思っているので、アクションを起こすための内容ではないことをご理解ください。

木村佳乃さん演ずるテレビドラマ「後妻業」が高視聴率を稼いでいます。オリジナルは直木賞作家、黒川博行さんの小説ですが、内容の如何を問わず「後妻業」という言葉のイメージだけが先行し、私は大きな被害に遭いました。人生の汚点とまでなりました。

SNSのフォロワーが多い、親分肌の女性が公に発信した文面を転記します。
「テレビドラマの後妻業を観て思う。リアルは身近にいるのだ!!怖い世の中だな・・」
「近所の後妻業がギブアップしたというローカルニュースを聞いてホッと一安心。命拾いした貴方を想い静かに乾杯」
誰から何を聞いたのか、告訴していいレベルだと思いました。

5dd0224114b689fe64191becae4a5285_s

ご近所の仲良しな男女が、1人よりは2人がいいねと入籍。役所に婚姻届けを出した翌日に、夫となった人は死ぬか生きるかの病気により入院して、5時間にわたる手術を受けました。執刀した医師からは「こんな腫瘍ができていました」と摘出した部位を見せられ、腫瘍を取り巻いていた神経が傷んだことにより、歩けなくなるかもしれないと言われたのです。

これこそドラマみたいな出来事。主治医は夫が要介護度が高くなる所見を書いてくれましたが、そこには裏がありました。後から知らされたことですが、一年前に脳梗塞を患っていた夫は血液がサラサラになる薬を飲んでおり、処方した脳外科医からは、その薬の効果が残っているうちに手術するのは危険だと、執刀医に意見書まで提出されていたのです。なのになぜ手術を待てなかったのか。夫の腫瘍は学会に出せば注目を浴びる、10万に2人ぐらいの珍しい腫瘍だったからです。

神経は傷つけても、骨盤内、そして腎臓に貼りついた腫瘍を取り去る手術は成功しました。でもそれから3ヶ月に及ぶ入院生活となり、夫の言動が日増しにボケ老人に向かっていくのが見て取れました。本人は強い鎮痛剤のせいで頭が変になったと言っていましたが、そんなレベルではなかったのです。遠い過去の自慢話はさんざん語っても、私が2〜3分前に伝えたことを覚えていません。

右足の麻痺を、主治医は「リハビリですぐ歩けるようになります」と言いました。しかし歩けるどころか夫は、剣山のトゲが刺さったように痛くて、眠ることすらできないと訴えます。神経を取っているので痛みは感じないはずなのに、ともすれば足を切断した人よりも、動かない・痛いと訴え続けて、ベッドでゴロゴロしている毎日だったのです。

私たちは直前に入籍していましたが、手も繋いだこともない関係のまま、こんな状況になりました。もちろん私の浅はかさが関係しています。思春期から浸ってきたカトリック教育の影響で、周りからは「マザーテレサ病」と言われる癖があるのです。

02a55ac77b5c071e0d95ddd151d75e8d_s

夫は両手に杖を持ってヨチヨチ歩きの状態で、12月30日に退院して、いきなり我が家の住人となりました。どう暮らそうかの取り決めもしていないまま、おんぶにだっこでやってきました。すぐにケアマネージャーや介護用品の業者が訪れ、家長の夫、彼を介護する妻という図式が出来上がったのです。世帯主は私であることに気付いてくれませんでした。

夫は脳血管性認知症(まだらボケ)です。生活費を入れてくれるわけでなく、もともと抱えていた発達障害のADHDが加速。瞬く間に家じゅうが物で溢れます。そればかりか、自宅に戻って必要なものを取ってくると出かけて行きます。大荷物を背負ってタクシーで家の前に着いたとき、自分がどこにいるか分からず、近所を2時間にわたって徘徊しました。その時の荷物を私が預かり持ったことから、貴重品を壊されたと責められました。

2c20a9b56ae5cf02dd8c4ab1fea255ec_s

12月30日から5日間、一緒に暮らしているときに感じたのは、言葉は悪いのですが「狂人の世話をしている」でした。食事を作り、掃除洗濯をし、夫が眠ってからやっとパソコンに向かって朝まで仕事をします。朝方・夜型生活どころか、不眠生活です。
彼はその間にトイレに行くため何度か私の横を通っても、全く気付いてくれません。「言うほど仕事なんかしていないんだよ」と、朝の7時から誰かに電話している声も聞こえてきました。〆切に遅れている原稿なのに、キーボードを打つ手が止まりました。

そしてその朝、私たちは考え直すべきだという夫の意見に従い、それぞれが以前の暮らしに戻ったのです。それからも夫からは私が物を盗ったとか、貸金庫に侵入したとか、怒鳴りつける電話がありました。本人からの依頼で行ったことさえ、彼の自筆メモを見せても偽造だと言われました。そんなやり取りをしている最中に、SNSで私を「後妻業」と揶揄する書き込みがあったのですから踏んだり蹴ったり。もう死んじゃおうかなと思ったほどです。

でも私の弱っちいところは、自殺する勇気がないこと。死んじゃうと思う瞬間がイヤです。なので誰かへの当てつけに死ぬなんてことは有り得ず、逆に見返してやろうと思っています。

886747f50abe65b7b5f17d38b95e4d68_s

たかだか5日間を別々の部屋で暮らしただけで、婚姻関係は終了。署名して渡した離婚届を2週間以内に提出してくれる約束は、期限より遅れて、役所から届いた郵便物で知りました。それでも提出を忘れないでいてくれたことを良しとして、これからは平行線を辿るのみです。

冬が終わり5月になれば、平成が次の元号に。平成はバブル崩壊やリーマンショック、阪神淡路大震災、東日本大震災と、未曽有の出来事がありすぎました。次の元号は、幸せなことしか起こらない時代になって欲しいと思います。

ちなみに後妻業とは資産家のヤモメを狙う女のことですよね。クレジットカードは切られ、健康保険を滞納し、年金すらまともに貰えていない要介護4で血管性認知症の老人を家に引き取とって、物取られ妄想により攻撃を受ける生活が後妻業でしょうか。
この一件で、認知症患者の家族たちがどれほど精神的苦痛を味わっているかを共感しました。他人は面白おかしく、噂を広めて人を批判します。

あー、ネガティブなことばかり書いてしまった・・
この末尾まで読んでいただいた方は、私が「王様の耳はロバの耳」を吐き出すことをお許しください。根っから楽天的に生まれているので、必ず元気になりますからね!

↑このページのトップヘ